--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sat.

社説【教育現場の中心から子供の将来を憂う】

【前書き】
 私は二十歳前後の若者と接する機会がありますが、やはり自分が二十歳だった頃とは何か違う気がする。危機感がないというか、自己中心的過ぎるというか…その原因の一端は、やはり教育にあるのではないか。今回は、教育現場について「これだけは言わせて!!」。



【今回のテーマ①】
・(読売新聞)
【文科省と中央教育審議会は、小学校と中学校の授業時間について、国語、算数(数学)など主要教科を10%増やす方向で大筋合意した。最近、子どもの体力が落ちて来ていることへの対策として、体育(保健体育)の授業も増やす。】


【変更点】
(読売新聞)
【ゆとり教育の象徴だった「総合的な学習の時間」は週1回減らされる。小学校では週3回から2回へ、中学でも週1~2回となる。特定期間に集中させたり、土曜に実施したりすることも可能だ。】

【気がかりなのは、小学校高学年で、総合学習が減る分、新たに「英語活動」が週1回、全国一律実施されることだ。昨年3月、中教審の専門部会が小学校高学年での英語必修化を提言し、議論を呼んでいた。】


【教育の歴史】
(読売新聞)
【「詰め込み教育」の反省から、小、中学校の授業時間数は1977年の指導要領改定以来、減少傾向が続いてきた。増えるとなれば30年ぶりのことだ。国の教育路線の転換と言っていいだろう。「脱ゆとり」の方向性には賛成したい。】
 ↓
【日本の子どもの学力低下傾向は、2004年暮れ、国際学力調査で明らかになった。衝撃を受けた文科省は直ちに、教える内容を3割削減した02年度からの指導要領見直しなどの検討を始めた。】


【読売新聞の見解】
・(読売新聞)
【だが、本当に、小学生に英語教育は必要なのだろうか。言われているような学習効果の上がる年ごろなのか――そうした疑念が払拭(ふっしょく)しきれない。小学生にとっては正しい日本語、国語の習得こそが先決ではないのか。】


【今回のテーマ②】
・(産経新聞)
【授業や生徒指導が満足にできない「指導力不足」教師について文部科学省が認定基準など指針づくりを始めた。遅まきながら、問題教師、だめ教師の正確な実態把握に乗り出したことを歓迎したい。】


【指導力不足の教師】
(産経新聞)
【都道府県・政令指定市の教育委員会は、指導力不足の教師を認定し、研修などを行う制度を導入している。認定された教師の数は、文科省が初めて調査した平成12年度の65人から年々増え、ピークの16年度が566人、17年度は506人だった。】

【指導力不足教師の実態はあきれるほどだ。過去の事例でも、誤字脱字が多く、意味不明な板書を繰り返す教師、子供と話すのが怖いという教師、雨の日には休んでしまう教師-など、先生と呼ばれること自体おこがましい教師が少なくない。いじめを放置し、加担するような教師さえいる。】


【教育現場の実態】
(産経新聞)
【学校や教育委員会の身内をかばう体質への不信感も根強い。処分にあたるような明らかな問題教師さえ放置している事例がこれまでにもあった。指導力不足と認定された教師側からの訴訟を恐れ、学校側が申請に躊躇(ちゅうちょ)するケースもあるという。】


【産経新聞の見解】
・(産経新聞)
【こんな教師には子供を安心して預けられない。問題教師の実態を正しく把握し、指導、研修を進めるべきだ。必要に応じて教壇を降りてもらうこともためらうべきでない。公教育の不信をぬぐうには教師の力が大きい。】
続きはこちら>>>
スポンサーサイト
20:00 | 社説(編集中) | comments (0) | trackbacks (2) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Thu.

社説【松嶋賢厚労省前局長 介護=金のなる木!?】

【前書き】
 介護業界に進出する企業が増えているのも、介護のニーズが高まっているからでしょう。現在7兆円産業である介護業界は、このまま成長し続けて10兆円産業に発展するとも言われる。福祉の心を強調しつつ、裏で金勘定に精を出すのも必然なのだろうか。今回は、厚生省前局長について「これだけは言わせて!!」。


【今回のテーマ】
・(読売新聞)
【厚生労働省九州厚生局の松嶋賢・前局長が、大阪府枚方市の社会福祉法人の前理事長から、多額の現金や高級乗用車を受け取っていた】


【利益供与の内容】
・(読売新聞)
【現金で総額2000~3000万円、さらに高級乗用車も3台というから、普通の感覚ではない。自宅の新築と改修に数百万円ずつ、食事をした際にも10万円単位で渡されたという。】


【前局長と前理事長の関係】
・(読売新聞)
【2人は「35年の付き合い」だという】

・(産経新聞)
【前局長は社会福祉法人の認可や補助金の交付を統括する立場にあった。かたや、前理事長は国から33億円以上の補助金を受け、老人ホームや障害者施設を手広く経営している。】


【補助金の交付額】
・(読売新聞)
【厚労省は、事実関係の調査に乗り出した。同省は前理事長の社会福祉法人に、02年度から04年度にかけて計10億4100万円の補助金を交付している。】


【松嶋前局長の発言】
・(産経新聞)
【「新車でもないし、(妻同士が)いとこだから親戚(しんせき)付き合いでもらった」】


【舛添厚労相の発言】
・(読売新聞)
【記者会見で舛添要一厚労相は「補助金には多くの血税が使われ、親類であっても業者と役所の間に癒着があってはならない」と指摘し、「見返りがなかったと言っても『李下(りか)の冠』だ。金品をもらうこと自体、感覚がずれている」と話した】


【国家公務員倫理法】
・(読売新聞)
【前局長は8月24日付で退職した。倫理法の規定では、在職時に違反があっても退職者は懲戒処分の対象とならない。】
続きはこちら>>>
00:15 | 社説(編集中) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。