--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Wed.

【パラサイトナショナリズム 年金未納者へペナルティ】

【年金未納なら医療費は全額自己負担に、厚労省が検討】(読売新聞 1月4日)
 厚生労働省と社会保険庁は3日、国民年金の長期未納者と長期未加入者について、国民健康保険(国保)を使えなくする措置を導入する方向で検討に入った。
 国保が使えなくなると、医療機関に受診した場合の患者負担は全額自己負担になる。年金の未納・未加入者に対する事実上の罰則規定を設けるものだ。実施の具体的な基準を詰めたうえで、早ければ2007年度から実施したい考えだ。

 年金保険料の未納対策としては、社保庁は十分な所得や資産がありながら督促に応じない未納者に対し、強制徴収を実施している。

 国民年金の納付率は05年度上半期(4~9月)現在で、61・2%(社保庁調べ)にとどまっており、4割弱が未納だ。社保庁は07年度末で納付率を80%に引き上げることを目標にしている。だが、目標達成は難しいとの見方が強く、庁内では「強制徴収だけでは、未納・未加入の抑止効果は見込めない」との意見が出ていた。

 一方、国保の滞納世帯の割合は04年6月現在で18・9%で、年金よりも納付率は高い。国保が利用できない場合、医療費が全額自己負担になり、影響が大きいという意識が強いことが原因と見られる。このため、年金未納者らへの“ペナルティー”として、国保利用を制限する案が浮上してきた。

 ただ、国民年金の保険料徴収は国(社会保険庁)が行っているのに対し、国保の徴収は市町村という違いがある。年金未納を理由に国保を使えなくすることに対し、市町村が「国保の納付率も下がる」などと反発する可能性が高い。今後、厚労省、総務省、自治体などの調整が必要になりそうだ。



 パラサイトナショナリズムという言葉を宮崎哲弥氏が言ったのを覚えています。そのまま、寄生ですね。簡単に説明すると納税の義務を怠っていながら、将来の不安を謳い(もっと住み易い社会を!!と国に文句を言う)、サッカー日本代表など国際試合になると愛国心を誇示する・・・みたいなものでしょうか。何をもって日本国民なのかが曖昧になっています。

 年金未納派の知り合い曰く、「将来、年金が貰えるかどうか分からないんだから自分で遣り繰りする方が確実」とのこと。良く言えば自己管理、悪く言えば自分勝手ですね。就労者が高齢者を支える割合を逆三角形に例えたりしますが、これから負担増給付減、つまり支払う税金が増えて、老後にもらえる年金などは減る傾向が続くでしょう。しかし、貰えないということ絶対にないと思います。それは、破綻でしょ。国民が国への信頼を失ったら、成り立たなくなる。それも徐々に進行してるとは思いますが・・・。

 国民年金未納者に国民健康保険を使えなくするのは一つの手段だと思います。NHKの受信料を支払わなければ受信できなくなるというスクランブル化がデジタル放送から行われる話もありますが、NHKが見れなくなって極端に困る人は少ないと思います。せいぜい、公平?なニュース番組と大河ドラマが見れるくらいで・・・。年金未納者、特にのうのうと生きている若者に強制するのも必要でしょう。

 ここで枝野幸男氏のサイトより引用します。(http://www.edano.gr.jp/om/0504om.html)
 憲法に国民の三大義務(納税、義務教育、勤労)が規定されていると言われています。しかし、実はこの三大義務は法的には何の拘束力も持ちません。例えば、納税の義務と言われますが、法的に意味があるのは、法律でなければ(内閣が勝手に決めたりしたのでは)課税できないという部分にあります。義務教育は、国に対して義務教育を提供しなければいけませんよ、と規定しているのであって、親は子どもを学校に行かせなければならないとか、生徒は学校に自ら行かなくてはならないとか、そういうことを言っているのではありません。それは憲法が、国会等の公権力から国民に対する命令ではなく、国民が公権力に対して課している命令である以上、当然のことです。

 「憲法に義務規定が足りない」と言って、例えば愛国心などを憲法に義務として書こうという議論をする人がいます。しかし、憲法の定義から、そういったことを憲法に書き込んだところで法的には何の意味もありません。むしろ、そういた義務規定を憲法に書き込もうという発想自体が、「主権者から公権力への命令」という憲法の本質をゆがめてしまうと思います。

 百歩譲って、憲法にそういった思想を書き込むのであれば、主権者である国民が、公権力に対して、そういった思想に基づいて権力を行使しなさい、政治を行いなさい、という意味になると思います。これがぎりぎりの線です。


 私の結論では、まだ公権力の濫用だと言われかねないですね。自分の将来だけ安泰ならば「それで良し!!」と思う国民が減って、より良い日本をつくるために国民の一致団結が必要と言うことですね。さて、近所付き合いもままならず、個人情報保護法への過剰反応で更に他人に干渉する機会が減っている中で、国民の団結をどう育むのでしょうか。
スポンサーサイト
14:09 | B級 | comments (4) | trackbacks (1) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【遺棄兵器処理 目的を曖昧にするな】 | top | 【北朝鮮 次なる言い逃れ?対話する必要性】

Comments

#
わははは。
デジタル放送で、受信料未払い者にスクランブルかけるなら、それこそ未払いを正当化する訳ですよ。そんなこともわからないのかなあ。もう20世紀の化石マスゴミの発想ですね。

いや、それどころかスクランブル解除のためのアングラフリーソフトが出回りますよ、これは。

それにしても、国保と国民年金天秤にかけるとは、ついに国も893の恫喝みたいなことを始めるようになるのですね(笑)。
by: フロレスタン | 2006/01/05 01:14 | URL [編集] | page top↑
# 3度目のこんばんは。
フロレスタンさま☆

 スクランブル解除するほどNHK放送に価値があるでしょうか^^; 私は紅白はまず見ないし、大河ドラマも新撰組は見ていましたが、その後は見る予定なし。

 893とは「893愚連隊」のことでしょうか?検索したらそんな映画が見付かりました。それとも単に「ヤクザ」の意味でしょうか^^; ん~気になって眠れない。否、昼寝し過ぎて眠れない。
by: 無名 | 2006/01/05 01:38 | URL [編集] | page top↑
#
どうもこんばんわ。今年もよろしくお願いします。

国保の資格停止は生命に直接関わる部分ですから、いきなりやるのは微妙なところですね。
免許証を無効にするとか、行政サービスの停止といったところからやるのが無難なような気もするんですが。

わたしは「罰則はやむをえないが、国保停止はショックが大きすぎるのではないか?」という立場です。
むろん、保険料の無駄遣いをしている特殊法人、厚生労働省関連団体などを大胆に切り捨てるという前提がありますけどね。
by: fmat21 | 2006/01/05 18:15 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
fmat21さま☆

 劇薬ではあるでしょうね。検討の段階だし、年金未納者が考える機会になればいいと思います。

 年金は、一つの親孝行みたいなものだと思ってます。直接、感謝の気持ちを表現できればいいんですが、今は金銭的支援という気持ちで私は払ってますね。
by: 無名 | 2006/01/06 00:34 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。