--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

【イラン情勢 元凶とはアフマディネジャド氏のことを言う】

アハマディネジャド

【核開発放棄せず=イラン大統領】(時事通信 1月15日)
 テヘラン市内で記者会見するアハマディネジャド・イラン大統領。同国の核開発問題が国連安保理に付託されたとしても、核技術の開発を放棄しないと表明

ライス

【具体的な対イラン制裁案を協議できる段階にない=米国務長官】(ロイター 1月13日)
 ライス米国務長官は12日、イランの核プログラム継続をめぐり、同国の石油などを含む具体的な制裁内容について、米国は国連安全保障理事会で協議され得る議題に触れられる段階にはまだないと述べた。

 長官は、イランの石油に関する制裁発動について特に中国などの国際社会の支持を得るために米国ができることは何か、との記者の質問に答え、「安保理で協議し得る具体的な内容を云々できる段階にはまだない。まずやるべきことは、イラン問題の安保理付託によって同国の責任を問えるだけの国際協力体制の強化だと思う」と語った。



 21世紀は「核に笑い、核に泣く」かもしれない。口では平和利用を求めるイランのアハマディネジャド大統領は、核開発を行なって世界の脅威国になるかもしれない。何故、平和利用が信用できないか?過去20年間も国際原子力機関(IAEA)への申告なしに核開発を行なっている。2004年、イランは英仏独と「すべての核開発を自主的に停止する」というパリ合意を結んだが、2005年にアハマディネジャド大統領が就任してからは、疑惑解消のパリ合意は破棄され、一国の指導者が発したとは思えない異常発言を連発している。

 社説【イラン情勢 アフマディネジャド大統領の暴走】
では、もう少し詳しくエントリーしています。

 そして、「21世紀は、資源争奪戦になるかもしれない」と感じます。イランを始めアジアには資源の宝庫がある。それをいいことにイランが強気に出ているとも言えます。イランへの経済制裁が国連主導で行なわれた場合、イランと友好関係にある中国やロシアは、その間の資源供給を絶たなければならないでしょう。当然、自国を優先的に考えれば「経済制裁したくない」という考えも出てくる。ロシアは、「イラン核問題」に関する国連付託を容認する構えのようですが、中国がどうでるかは不明です。東シナ海ガス田でも横暴を続ける中国だけに、簡単に自国の不利となる行為に賛成するとは思えません。

 核問題に関しては、別に考えなければならないのが核保有国の是非です。1968年の核拡散防止条約(NPT)の著名前に核保有をしていた米英仏中露は、「核を譲り渡さない」などを条件として核保有の特権を持っています。一方で、非核保有国は、NPTの査察を受け、核の平和利用が常に監視されている状態です。これは、ダブルスタンダードではないか?という疑問はありますが、現在の「抑止効果」としての核保有を認めざるを得ないとも言えます。「みんなで捨てればいい」というのは奇麗事でしかないですね。

 北朝鮮は、ウラン鉱山が豊富にあることから軽水炉による濃縮ウラン計画を進めましたが、6カ国協議で激しく対立、現在次なる「生き延びる術」でも考えているのでしょうか。そうなんです!!核が闇売買される可能性も考えられる。テロリストにでも渡ったら(現時点で渡っているかは不明)911米同時多発テロどころの騒ぎではないと思います。一国が崩壊し、世界中から核ミサイルが飛び交う事態・・・まぁここまで行くと地球崩壊の可能性もあるわけで。そんなことも冗談ではなくなる日が来るかもしれない。広島と長崎への原爆投下直後の写真で、もくもくと昇るキノコ雲が目に焼き付いています。今日は、晴れているかもしれないけど、明日どこかの国で黒い雨が降るかもしれない。核が抑止効果を失い、武器として使われればそれが現実となる。イランや北朝鮮の行なう核開発とは、そういう最悪の事態を招くかもしれないのです。
スポンサーサイト
16:07 | B級 | comments (2) | trackbacks (2) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【エミネムから窪塚まで 「あぁこの人なら遣りかねない」】 | top | 【北朝鮮の後継者争い】②

Comments

# はじめまして
「9条変えて、平和を維持しよう!!」ブロガーズ・リンクの管理者です。
トラックバックありがとうございました。

ところで、当ブログでは憲法9条関連の話題から国防や政治に関わる海外の情報を発信し、また募集しています。
もしよければ、またトラックバックを送信して下さいませ。

また、もし当ブログの理念にご賛同いただけるようなら、ぜひとも賛同表明して下さいませ。ご協力お願いいたします。

それでは、失礼しました。m(_ _)m
by: 灯影 楓 | 2006/01/17 02:35 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
灯影楓さま☆

 色んなジャンルに目を向けていきたいので特に改憲に拘っているわけではないですが、9条改正には関心があります。是非、またうかがわせてもらいます。
by: 無名 | 2006/01/18 02:07 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。