--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

社説【米国産牛肉 BSEを疑う前にメディアを疑え】

【前書き】
 見付かりましたか・・・。米政府、果ては牛丼フリークまで悲しいお知らせになりましたね。今回は、米国産牛肉について「これだけは言わせて!!」。


米国産牛肉

読売新聞(2005年6月26日社説より)
【米国で2頭目のBSE感染牛】
【米国内でBSE(牛海綿状脳症)に感染した2頭目の牛が確認された】
 ↓
【米国での最初のBSE感染牛は、カナダから輸入されたが、今度は米国生まれの可能性が高い】
 ↓
【8歳を超える高齢の肉牛である】
 ↓
【米国の2頭目の感染牛は、昨年11月に簡易検査で陽性となった。確認検査に回したところ、その時は「シロ」と判定された。】
 ↓
【米農務省の内部監査局の勧告で再検査し、日本や欧州で実施されている「ウエスタンブロット法」という高精度の手法で調べた。その結果は陽性で、英国の専門機関の検査で最終確認された。】
 ↓
【米国の確認検査に問題があることがわかり、米農務省は今後、日本などと同じ手法で検査する方針を示した】

【米国産牛肉輸入再開の道程①】
【日本が輸入再開を認めるかどうか検討しているのは、20か月齢以下の若い牛が対象だ】
 ↓
【米国側は、対日輸出分については、20か月齢以下であることを保証し、BSEの原因となる異常プリオンがたまりやすい脳や脊髄(せきずい)など特定危険部位を完全に取り除くことを約束している】
 ↓
【日本では、2001年9月に初めてBSE感染牛が見つかって以来、全頭検査が行われてきた】
 ↓
【これまで450万頭を検査し、20頭の感染を確認した。最も若い感染牛が21か月齢だったため食品委は先月、20か月齢以下の牛について、検査しなくても問題はないとの報告をまとめた。】

【読売新聞の見解】
【全頭検査という、世界でも異例の措置を解除するのは当然だ。国際的には30か月齢以上の牛をBSE検査の対象とするのが普通だ。日本の検査対象を世界標準にそろえることも、今後の検討課題である。】

読売新聞(2005年12月13日社説より)
【米国産牛肉輸入再開の道程②】
【2003年末に、米国でBSE感染牛が確認され、日本は牛肉の輸入を禁止した】
 ↓
【米国の要求に対し、輸入再開を拒否し続けてきた。日本が義務付けていた全頭検査を、米国が実施していないことが主な理由だった。】
 ↓
【国内の全頭検査は、2001年9月に初めて感染牛が見つかったのを契機に、全国的に広がったパニック的な牛肉離れを鎮めるために導入された】
 ↓
【国内ではこれまで、21頭の感染牛が見つかった】
 ↓
【BSEが初めて確認された直後から、牛に対する飼料の規制が強化されている。その後に妊娠して生まれた牛で感染がわかった例はない。】
 ↓
【専門家の間では、今後、日本で月齢30か月未満の牛で感染が確認される可能性は極めて低い、との見方が大勢だ】

【検査基準の格差】
【米国は日本に対し、月齢30か月未満の牛肉の輸入を認めるよう要請している】
 ↓
【欧州など多くの国で、検査対象は30か月以上だ】
 ↓
【世界貿易機関(WTO)のルールでは、過剰な検疫などで輸入を妨げるのは違反とされる】

【読売新聞の見解】
【米国産牛肉が牛丼店で復活し、販売店の店頭にも並ぶ。日米間の“とげ”が取り除かれ、悪化しかけた日米関係の改善に役立つものと期待したい。
【無用な摩擦を避ける意味からも、国内基準を見直すべきだ】

読売新聞(2006年1月21日社説より)
【今回のテーマ】
【政府は当面、米国産牛肉の輸入を全面的に禁止することを決めた】

【一連の流れ】
【頭部や背骨などの危険部位を、米国側が完全に取り除くことなどが条件となっていた】
 ↓
【内閣府の食品安全委員会は、米国産牛肉の輸入再開を容認するに当たって、違反が発覚した場合、再び輸入を止める措置が必要だと、農水省などにクギを刺していた】
 ↓
【日本ではBSEの新しい国内対策として、月齢20か月以下の若い牛に限り、特定危険部位を除去すれば、検査なしで出荷を認めることになった】
 ↓
【米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい危険部位の背骨が混入していた】

【読売新聞の見解】
【国際的には、月齢30か月以上の牛を検査対象とすることが大勢だ。日本もこの基準を採用することが妥当だろう。危険部位が確実に除去されていれば、何の問題もない。ずさんな米国の対応が引き起こした危険部位の混入問題と、日本のBSE対策のあり方とは、分けて考えるべきだ。】


【後書き】
 なぜ読売新聞しか取り上げてないのか?「メディアに日本人は踊らされている」「独り歩きしている」なんてよく聞きますが、正にBSEに関してはメディアの過剰反応が国民の不安を煽っている気がします。

 読売新聞は、全体的に中道だと思っている。私にとっては、一番信頼できる新聞社です。その読売新聞がBES感染の可能性を考えて、米国産牛肉を輸入禁止にすることは日米関係を憂慮する事態だみたいな内容の社説を載せた。最初読んだときは「読売新聞は、日本人より、日米関係を優先するのか?」という疑問が湧きましたね。でも、今は違う。

 他社の社説は、読むには読みましたが、エントリーに使えるような内容ではない。とりあえず、リスクとは何ですか?BSEですよね。そのBSE感染の可能性がある危険部位が輸入されてきたことで再び輸入禁止をした。読売新聞が述べているように「ずさんな米国の対応が引き起こした危険部位の混入問題」「日本のBSE対策のあり方」を分けて考える必要がある。米国が検査の杜撰さは相変わらずですが、牛の数からしても全頭検査を行える状況にはない。食品安全委員会は、最も若い感染牛が21か月齢だったことを理由に検査対象外を20ヵ月齢以下にしていますが、その基準を見直す時期も示すべきです。

 左派からはやっぱり見付かったとばかりに自己の正当性を誇示しようとする。でも、リスクという言葉で、本当のリスクは証明しない。具体的な数字を使って米国産と国内産のリスクを国民に伝えることは、新聞社にとって何か問題でもあるのか?それとも、牛肉店に恨みでもあるのか?私は、牛肉店に恩はないですが、牛肉輸入再開が禁止されているのは日本人の過剰反応が要因であることを声高に言いたい。そして、政府の愚民政策も・・・。

 昨年末に牛肉輸入再開が行われるということで、一度エントリーしたことがあります。そのエントリーに対するフロレスタンさまのコメントを読んだときは少し驚きましたね(エントリーは、下記にリンクしておきます)。でも、それがグローバルな人の価値観なのかなと思いました。日本に住んで、日本から世界を見ることはあっても、世界の中の日本の存在・価値観を考えることは少ない。・・・というより、私は日本人という大前提を抜きにして、冷静に現状を把握することは中々できない。そういう点では、フロレスタンさまのような違う視点を持つ人の見解は役に立ちます。

 そのコメントを機に口蹄疫という言葉を知りました。そして、以下のサイトを見つけた。

愚民政策が生んだ「ウソばかりの“国産”食品」

 要点を引用します。
【米国内の牛の頭数は日本の約100倍。その中の1頭が感染したのに対して(今年6月に2頭目のBSE感染牛を確認)、実は日本では20頭も出ている。その事実は不問にして、米国で1頭出たというだけでこうした措置をとってしまう。どういう考えの人が、こうしたことを平気でするのだろうか。】
【賢明な消費者を育てるためにも、いくつかの選択肢を与えるべきだと思う。「米国牛は2000万頭の中でBSE感染牛が2頭出た。価格は安い」「国産牛はBSE感染牛が20頭出た。価格は高い」「アルゼンチン牛は……」という情報を開示して、選択してもらう。個人に選択能力がないと決めつけ、先回りして国家が商品をせき止めてしまっては、国民は育たないし、国家としてのリスクは下がらない。国が一度輸入を差し止めてしまうと、万が一、解禁した際にBSEが発生すれば、国の責任になってしまうからだ。】

 これを読めば、リスクって言葉が独り歩きしていることが少しは分かる。危険部位は確かに問題がある。ただ、米国産牛肉を頭ごなしにBSE感染牛かも?と過剰に反応している日本人も異常だと思う。今は、「食べたい人が食べる」という自己責任で管理する部分の線引きがない。安全で当り前と誰もが考えていると思う。では、牛肉がなければ何か支障があるのか?正直、私は何年も牛肉は食べていない(牛肉より大切なものがあるから^^)。一方的に反発するのは、傲慢ではないのか?或いは、責任転嫁とも思える。安心という言葉を武器に何から何まで政府に世話してもらわなければ生きていけないのか?パラサイトナショナリズムですね。

 分かりやすくエントリーすると、凄く極端な言い回しもあると思います。それで、閲覧者を敵に回ししたとしてもしょうがない話ですが、少し冷静になって下さいと言いたいだけです。私は自分にできることは何か?とよく考える。社説を引用しなくても、自分の考えでエントリーできることを目標にしている。米国産牛肉問題に関しては、読売新聞以外の社説はお粗末ですね。だから、できる限り補足できればと思ってエントリーしました。

 最後に日米関係について。以前、「米国は、牛肉輸入再開をしない日本に経済制裁を行う」なんてことも聞いたことがある。日本は、米国の奴隷として存在しているわけではない。お互いが利用する価値がある関係だと私は思っています。米国が輸入再開しろ!!と要求するから、日本が譲歩するようでは困る。検査基準の見直し、米国側検査の杜撰さ、などを踏まえて日本としての対応を考えてもらいたいです。


【参考資料】
読売新聞
 2005年6月26日社説【米BSE2頭目 輸入再開の議論は粛々と進めよ】
 2005年12月13日社説【米牛肉輸入再開 検査対象を国際基準に合わせよ】
 2006年1月21日社説【米牛肉輸入禁止 信頼揺るがす危険部位の混入】



【関連エントリー】
社説【牛肉輸入再開 牛丼フリークへX'masプレゼント?】
スポンサーサイト
14:41 | 社会 | comments (8) | trackbacks (47) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【ライブドア 未だに疑問だらけ】 | top | 社説【金正日訪中 中国の飴玉は美味しいか】

Comments

# ありがとうございます。
TBいただき ありがとうございます。
私も読売は比較的 中道だと思っています。
今回の報道は一応 どの記事もざっとですが目を通しました。
元々 日本人は牛を食べる習慣は無かったのですから
ことさら 騒ぎ立てることもないかとも思いますが・・・
自分を守るのは 自分だという持論もありますし。
ただ、アメリカと日本の約束は国と国の話。
それを軽んじられたという印象はぬぐえません。
アメリカと、中国は実は気質がにてるんだなぁ、と最近特に実感です。
by: とびぃ | 2006/01/22 15:17 | URL [編集] | page top↑
# TBありがとう
米国も早い会見を行いましたね。かなり力いれているぽいですね。負けずに、日本は引き続き断固とした対応してほしいものです。
by: buleblack7 | 2006/01/22 15:39 | URL [編集] | page top↑
#
TBありがとうございます。
確かに安全に対しての考えは人それぞれでしょうね。
自己責任の部分も大きいと思います。
しかし、輸入を許可する以上国の責任も発生します。
政府も頭を抱えている状況ですね。
by: あっちゃん | 2006/01/22 15:44 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
とびぃさま☆
 日本は、世界の中では裕福な方だと思いますよ。だから、わがまま言って好き嫌いしている人がたまに許せなくなる。・・・そんな話を突き詰めても切りがないんですけどね。ある程度は、自己責任として認識する部分も必要なのではないかと思います。

buleblack7さま☆
 これで日米関係が揺らぐようでは困りものですね。さて、米国はどう出るのでしょう。そして、日本はどう牛肉輸入問題を整理するのでしょうか。見守っていきたいです。

あっちゃんさま☆
 一つの線引きがあればいいんでしょうけどね。ここまでは国が責任を取りますって。今は「絶対安全」を国民に約束しているようなものだから、政府は自分の首を締めてきたとも思える。国民は、当然国の責任を問い詰める。そのパラサイト的な部分が、少し気になるんですよね。政府に任せっきりじゃなくて、何か自分でもできることはないか?と考えている人はどれくらいいるのか。大分、飛躍した発想ですけどね。私なりに日本がよくなることを考えていますが、そのためには日本人の意識改革も必要のように感じてしまいます。
by: 無名 | 2006/01/23 02:13 | URL [編集] | page top↑
# おじゃまします。
アメリカ人と日本人とのものの考え方の差が招いているといってもいいのではないでしょうか?
ある製品の購入しようと日米が交渉したときに、100個の製品の中に、5コの不良品があり…
日本人は、5コの不良品を0にしろと要求しますが、アメリカ人は、ならば105コ買えばいいという。
以前どこかで聞いた話で…
うろ覚えですが、要するにアバウトなんでしょうね。
あちらさんって…
中韓だと、5コの不良品といえば、そんなことはないと火病を起こすでしょうけど…(笑)
by: super_x | 2006/01/23 05:16 | URL [編集] | page top↑
# おはようございます。
super_xさま☆

 なるほど。分かり易いですね。リスクって言葉使って米国産牛肉を考えたとき、その過程で「絶対安全でなきゃいけない」って訳されたのでしょう。まぁそれが日本ということですね。私も少し熱くなりすぎたでしょうか。みなさんが、さんざん批判エントリーしているから、私があえて述べる必要はないと思いました。
by: 無名 | 2006/01/23 08:22 | URL [編集] | page top↑
# うーん…
日本の検査で20頭も出ているのであれば ずさんなアメリカの検査で2頭というのは信用できますか?
それこそ危険な考えではありませんか?
by: ダイヤモンドダスト | 2006/01/31 16:10 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
ダイヤモンドダストさま☆

 確かにそういう見方もできますね。今回、輸入再停止で日米の体制から失望しなくてはならないとは思っていませんでした。

 私は、「危険部位の除去」と「検査体制」を整えれば、米国産牛肉の輸入を行なってもよいと考えます。しかし、状況も明らかに変わっている。日本人は米国産というだけで敬遠するだろうから、検査に神経を使う割りに売上は伸びないでしょう。信用回復も、更に困難になりました。

 米政府も自らの失態から、当分は輸入再開を強く言うことはできないでしょう。ただ、そこまで目くじらたてるほどの大被害を及ぼすとは思えません。被害は無いに越したことはないですが、日米関係の悪化の方が重要だと感じたのでこのようなエントリーにしました。

 それにBSEに固執している。健康被害を言うならば煙草の製造・販売停止をやってもらいたいですよ。
by: 無名 | 2006/01/31 19:22 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/149-30c5f47a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(
牛海綿状脳症(BSE)対策で除去が義務づけられている牛の脊柱が20日、成田空港で検疫手続き中の米国産牛肉から見つかり、政府は即日、再び米国産の禁輸措置(輸入停止)に踏み切った。>asahi.com: 米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見 - BSE問題特集...
うーん、テレビを見ていたら速報が出ましたね。「何だろう?」って思っていたら、「米国産牛肉、輸入禁止へ」との事。「つい1ヶ月前ほどに解禁になったんでは?」でした。ニュースによれば、成田空港で、米国産牛肉に、特定危険部位の脊柱が混入していたようです。特定危険
農水省は20日、米国から輸入した牛肉に、脊柱(=背骨)が混じっていた疑いがあると発表した。脊柱はBSE(牛海綿状脳症)の病原体プリオンが蓄積しやすい危険部分で輸入は禁止されている。中川昭一農相は同日、小泉純一郎首相に対し、米国からの牛肉輸入を安全が確認さ
米国産牛肉:中川農相 危険部位混入で輸入を全面的に停止(毎日新聞) 農林水産省は20日、輸入された米国産牛肉に脊(せき)...
ブログランキング参加中*お願い!クリック輸入米国産牛肉に危険部位混入!というニュースが報じられたよ。 中川農相は20日夕の記者会見で、成田空港に到着した米国産牛肉に、除去が義務づけられている特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していたと発表した。...
米国産牛肉:中川農相 輸入全面的停止を小泉首相に報告 農林水産省は20日、輸入された米国産牛肉に脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが分かったと発表した。成田空港での検査で見つかったという。昨年12月に再開された米国産牛肉の輸入では、脊柱など特定
 20日、成田空港での検査で、米国からの輸入牛に危険部位である脊柱が(それも背骨ごと)ついているのが発見された。政府は、これを受けて米国の原因解明報告を受け、安全性が確認できるまで、輸入を全面的に停止することを決めた。 北米産牛肉の輸入再開の危険性に関し
米国産牛肉に危険部位が混入 やっぱり(~_~;) 全頭検査をあれだけかたくなに拒否したのは出荷体制がずさんで、なおかつそのことを米国政府も知っていたからだ。 しっかりした出荷体制ならば全頭検査にも対応できるはず。 また、アメリカが日本をなめていた面も否定できない
12月に輸入が再開されたばかりの米国産牛肉だが、 危険部位である脊柱が混ざっていたとして、政府は再び 米国産牛肉の輸入を禁止した。 ある程度予想は出来たこととは言え、こんなに早くこんな事に なるとは、まったく日本も舐められたものだ。 輸入再開を決めた政府はどん
昨年末から輸入が再開されたアメリカ産牛肉だが、なんでも危険部位が混入していたそうで、輸入が全面停止される事になったそうだ。 となると牛肉を使用している外食産業などの株化が下がりそうな予感がする。ライブドアショックもある事から、株式市場が混乱しなければ良い
『読売新聞(06/01/21)』米牛肉輸入禁止-信頼揺るがす危険部位の混入 内閣府の食品安全委員会は、米国産牛肉の輸入再開を容認するに当たって、違反が発覚した場合、再び輸入を止める措置が必要だと、農水省などにクギを刺していた。 日本側は、安全が確認されるまで、輸
だからアメリカの牛肉は危ない!北米精肉産業恐怖の実態と題した本が出ていることを、以前に紹介したでしょうか。まあ、本だって売れてナンボですから、センセーショナルなタ
すったもんだの挙句輸入再開した米国産牛肉、危険部位である脊柱が混入していたことが発覚、また輸入禁止となりそうです。あぁ、これでまた当分、吉野家の牛丼が食べられなくなってしまった・・・それにしても、素人目にも判る脊柱付の牛肉が混ざるなんて、品質管理....
「米国産牛肉:中川農相 輸入全面的停止を小泉首相に報告」MSN毎日インタラクティブより 「米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入」YOMIURI ONLINEより 結局、全面輸入停止ですって。当然でしょ。 でも輸入再開から1ヶ月ですよ。あきれちゃいますね。 アメリカの業
再開から1ヶ月で、再びアメリカ産牛肉の輸入が停止された。BSEの原因物質・プリオンがたまりやすい脊柱部分が混入していたことがわかったためである。アメリカ側も非を認め、処理体制の再点検を行う模様だ。今回の措置は残念ながら当然であろう。 日本に....
20日付産経新聞と同日付毎日新聞が報じている。輸入再開の折に、私自身がブログで記事にしたことはなかったが、20ヶ月以下(全頭検査なし)の牛に限定された輸入条件には、いささか疑問を感じていたのは事実である。果たしてユナイテッド・ブッシュ・オブ・アメリカの業
★米国産の輸入牛肉、危険部位混入の疑い(朝日) ★米国産牛肉:中川農相 輸入全面的停止を小泉首相に報告(毎日) ようやく一部条件付きで再開されていたアメリカ産牛肉の輸入ですが成田空港での検査で危険部位である脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入している事が判明し
 日本向け米国産牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位である脊柱が混入していた問題で、アメリカのジョハンズ農務長官が、担当の検査官らが、日本向け牛肉から脊柱を除去する必要があることを認識していなかったと語り、検査に不備があったこと
『中川昭一農相は20日夕会見し、輸入された米国産牛肉に脊(せき)柱(背骨)が混入していたことが分かったと発表した。成田空港での検査で見つかったという。昨年12月に再開された米国産牛肉の輸入では、脊柱など特定危険部位の除去が義務づけられている。農相....
最近、政治的決着によって輸入が再開されたアメリカ産牛肉ですが、今日、成田の検疫でBSEの特定危険部位である背骨が混入した牛肉が発見され、即日輸入禁止となりました。検査済証明書が付いた輸入牛肉390kg(41箱)のうち、55kg(3箱)で背骨がついたままの肉が確認された
 米産牛肉輸入再開と聞き、春からサンチェとシシトウを栽培し、焼き肉食ってやろうと思ってたらこれである。【記事】米国産の輸入牛肉、危険部位混入
米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見 (朝日新聞) - goo ニュース何考えてんだろ…??しかもアメリカの方ではチェック済みのお墨付きだったって…。わざとですか?だとしたら相当、日本をなめてますね。アメリカは日本の要請を100パーセント受け入れないで
政府は20日、米国から輸入された牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位の脊柱が混入しているのを確認したと発表、米国産牛肉の輸入を当面、全面停止することを決めた。 ほらね、だから言ったんですよ。誰が責任を取るんでしょうか?
農水省は20日、米国から輸入した牛肉に、脊柱(せきちゅう=背骨)が混じっていたと発表した。脊柱はBSE(牛海綿状脳症)の病原体プリオンが蓄積しやすい危険部位で輸入は禁止されている。政府は米国産牛肉の安全性が確認できないとして、同日付で米国からの牛肉の輸入
先月16日に輸入を再開した米国産牛肉ですが、再度の輸入禁止に・・・。成田空港で検疫中の輸入牛肉に危険部位である脊柱が見つかったことから、今回の停止措置となったものです。個人的には「吉野家の牛丼」を心待ちにしていたので残念ですが、ここは、米国側に対して毅然と
きょう夕方風邪気味の中川農水相から衝撃の発言が。先日輸入が解禁されたばかりのアメリカ産牛肉から本来除去されているはずの特定危険部位である背骨が混入していたとのこと。これは「輸入再開」の前提条件を根本的に揺るがすものですね。中川大臣はアメリカ....
あんまりマスコミ始動の言葉を使いたくはないのだが、いわゆるライブドアショックで東証の取引が停止したが、これについて、東証の取引停止はマスコミのせいという記事を書いた。そして、やっぱり・・・米国産輸入牛肉でも書いたように、アメリカ産牛肉の輸入停止に伴って..
米国産輸入牛肉に、BSEの原因となる可能性の高い危険部位である、脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが明らかになり、『やっぱりか・・・』と多くの人が思ったでしょう。さらに、アメリカ側の担当の検査官らが「(特定危険部位を)除去する必要があることを..
僕は吉野家原理主義者です。吉野家以外の牛丼は食いません。(泣)傲岸不遜という字を体現する2者。 まず日本代表。朝日の成人式コラム「中傷」抗議に回答 「筆者が感じたところ」  千葉県浦安市が朝日新聞10日付
何と輸入再開されたアメリカ牛が再び輸入禁止に!これは輸入された米国産牛肉に、BSEの病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱が混入していたためとされています。問題の牛肉は、米ニューヨーク・ブルックリンの食肉加工業者が輸出したもので、20日に成田空港に到着。
米国産牛肉の輸入再開が始まったかと思いきや、また危険部位が見つかったらしく、再び輸入停止のようですね。きっと吉野家の幹部は泣いているでしょう。同時に、近々牛丼が食べられると思っていた僕も泣いてます。仲間ですね。酒でも酌み交わしますか?今、何位だろ...
日本向け米国産牛肉が再び輸入全面停止となった。昨年12月、生後20カ月以下の牛の肉に限って輸入を再開した日本に対し、米国は強い不満を表明。業界団体や議会などが30カ月以下に拡大するように圧力を強めようとしていた矢先の出来事。米政府は、米国内での牛海綿状脳
米国査察をとりやめ 米国牛肉の再禁輸で農水、厚労省 2006年01月21日18
 ・米産牛肉輸入を停止 BSE危険部位混入 ・米産牛肉輸入停止 「輸出承認方法に不備」 専門家、処理能力を懸念 施行から僅か一ヶ月、再び米牛肉輸入全面禁止。  今回のこの一件に関しては、良くやった日本。そして色んな意味で、よくぞやってくれた米、...
(屮゚Д゚)屮ピンチですピンチですщ(゚Д゚щ)牛が(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻丼が(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻牛丼がピンチです(ノ△T。)アメリカからの輸入牛肉に危険部位である脊柱 ←背骨ねが混入されていたらしい(ノ△T。)ソレ....
こんばんわ、super_xです。アメリカ人との約束なんて信用するから、こういう事態に陥るのだ。先月2年ぶりに、輸入再開されたアメリカ産牛肉輸入は、あっけなく禁止されてしまった。どはははは…純ちゃんも尻尾を振るだけで、何もこの国のためにやれてないのがこの結果だろう
こんばんわ、super_xです。アメリカ産輸入牛肉に、危険部位が混入していたことで…アメリカの輸出業者が、こんな言い訳をしている。1月20日、米農務省は牛肉危険部位混入で日本に検査官派遣を発表。↑の写真はNY市内の牛肉加工工場外を取材する報道陣。アメリカ国内で
米産牛肉輸入を停止 BSE危険部位混入
李登輝氏の入国、問題ない-中国の反発必至麻生太郎外相は、台湾の李登輝前総統が5月に訪日を計画していることについて「引退した李登輝さんはそんなに偉くない。大したことはない。大騒ぎするから話が込み入る」と述べ、李氏の入国は問題ないとの見解を示した。中国政府は
今回、狂牛病問題から一時停止していた米国産牛肉の輸入を再開したとたんに危険部位を含む肉が輸入されていたことが判明した。現在の日本の食糧自給率は40%である。はっきり言って輸入に頼らないと日本人は生活を営めないということになる。このような背景から日本....
状況が状況なので、論座5月号に寄稿した記事を再度アップします。 このまま米国産牛...
BSEで輸入が再禁止されたアメリカ産牛肉。その後のニュースが面白い。あまりにアメリカらしい対応で、興味津々です。輸出再開までの道のりを、「全頭検査は困難」と「一定基準を満たせば科学的根拠に足る(=危険性はない)」という言い分で押し通して...
Chaotic Neutralさんから、file39に際しての貴重なご意見いただきましたので、返信させていただきます。>低い食糧自給率、アメリカ依存という問題はあるが、"凄まじい勢いで肉体破壊へと蝕まれる未来予想図"はどうもピンと来ない。アメリカ人が不健康なものばか
昨日の報道ステーションから今朝のスーパーモーニングまで、テレ朝はブッシュ米大統領のカンザスでのスピーチを「牛肉が安全であることを(日本人らに)教えなければならない」と言ったと報道した。しかし、ブッシュは「教える」ではなく、explainとしか言っていないのだ。
最新兵器の製作に余念がないのに牛はまともに育てられない国、アメリカ。その頂点にいるブッシュ大統領の支持率が低下しているとか。その背景は何か?牛肉問題?ハマスの勝利?人権問題?北朝鮮?どれもこれも外交に関連した問題ばかりだ。ブッシュ大統領はカンサス牛を食べ
BSE問題に関して農業情報研究所の記事を紹介します。こちらの記事もご覧下さい。米農務省BSE対策監査報告 米国のサーベイランスによるBSE発生率推計は信頼できない以下米国産牛肉問題 検査・監査の不手際を政争の具とするな 真の問題は食肉産業の構造改変より転載 中川
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。