--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Fri.

【監視カメラを増やすより、コンビニ発の貧困国支援を!!】

カメラ

【2006年の「ビッグ・ブラザー」=英、全土で自動車監視へ】(時事通信 1月27日)
 ジョージ・オーウェルの小説「1984」に登場する支配者「ビッグ・ブラザー」を連想させる監視の目が英国で広がっている。英政府は犯罪容疑者やテロリストの捜索に役立てるため、路上の自動車の動きを調べて記録する「自動ナンバープレート認識(ANPR)」システムを今年末までに全土に広げる計画だ。

 このシステムは、何千台もの監視カメラで読み取った車のナンバーをデータベースと照合して1日当たり約3500万もの情報を分析、そのデータを警察や国内の治安情報活動を担当する情報局保安部(MI5)に送り、犯罪容疑者やテロリストの捜索に活用するというもの。盗難車や無保険車、運転者に逮捕状が出ている車などを探知した場合、自動的に警報を発する仕組みだ。警察が関心を寄せる人物の追跡にも役立ち、ブレア政権は今年、この計画に約1500万ポンド(約31億円)を投入した。

 内務省の実験では、年間平均検挙率が10倍に跳ね上がったという。ただ、地元のドライバー団体関係者はプライバシーの侵害だと批判。さらに、ロンドン市民だと1日平均300回も写されるほど既にビデオカメラだらけの英国では、同システムは「やり過ぎ」という声も上がっている。



 検挙率が上がったのは、棚ぼたのような気がする。私は、犯罪を完全に撲滅することは不可能だと思います。この世に人間が存在する時点で、満たされない欲求をどう解消するか?それが合法か違法かの違いでしょう。監視体制強化は、第一にテロ対策だったと思います。

 しかし、監視カメラを増やしたところで抑止効果になるのは一時的でしょう。結局は、見えるものを映すというだけで、見えなければ何も掴めないことになる。例え見えていたとしても、ナンバープレートが偽造されていたり、犯人が変装していれば、逆に誤魔化す根拠を作ってしまう。(テレビの見過ぎ!!って言われそうな変てこな推理ではある^^)

 テロリストは、自爆テロを多用しています。例え監視カメラに犯人が映っていたとしても、その後に自爆してしまえば捜査を先に進める材料としてどの程度役立つのか?犯人の詳細を割り出して・・・結局行き着く先はイスラム原理主義者ってとこでしょう。

 テロ対策とは、これ以上被害を増やさない方法を考えなければならない。貧富格差がテロの根源と考えれば、貧困国支援を行なう必要がある。しかし、裕福の定義や人を想う気持ちをはかるのは難しい。国を挙げた対策が急務ですが、入口で幾ら負担するという話をしたところで、出口で変な輩が根こそぎ横領していたら意味がない。日本にできることとは?

 私は、日本という国が世界の大蔵省的な存在だと思っている。都合よく金銭負担を迫られるわけです。国連分担金にしろ、損得勘定で日本はこれだけ負担している!!と言っても、総括的な役割を担うには日本は青い国だと思う(青臭い?)。米国のお下がり政策が日本に輸入されていることは多いでしょう。発言力を強めるには、やっぱり現実的な抑止力として武力を有することが大前提というのが現実です。しかし、昭和平成という年号をみただけでも日本が国をあげて平和を強調しているのが分かる。結局は、米国や中国とどう共存していくかが今の日本の役目なんでしょう。

 話を戻せば・・・格差の必然性もあると思う。それは、人間が他人と比べたがること人に無いものを欲しがることなど、違いに満足する生き物だから。先進国が金銭的支援をして、途上国は感謝の気持ちを述べましたという左派特有の解決策で済む話ではない。金と愛が釣り合わない現実があるのだから、格差是正という言葉を追究していたら、人間の性格診断まで行き着くのではないか・・・ん~切りがない話ですね。

 ホワイトバンドが自己満足の域だと知ったときは、プチショックでした。コンビニみたいに身近なところから、確実に貧困国支援ができる仕組みがあればいいんでしょうけどね。あれ?いつの間にホワイトバンドの話になったのでしょう^^;
スポンサーサイト
13:41 | B級 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【細木数子の弟タイーホ!! ついでに占いの強弁を考える】 | top | 社説【NHK経営計画 納得できるプランではない】

Comments

#
自爆テロ、イスラーム原理主義の温床は貧困だ、というのに懐疑的な説もありますね。

それはともかく、英国が「実験」やってくれていると考えて、しばらくはお手並み拝見とばかりに様子見でいいのではありませんか(笑)。
by: フロレスタン | 2006/01/28 00:57 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
フロレスタンさま☆

 ちょっと左派的なエントリーでしたね。コメントし辛い内容じゃなかったですか?語りたい気持ちと、人の関心事って中々一致しないもので、あぁまたダラダラ述べてしまったかな・・・と反省してました。しかし、こんなときに社説はまとまっていない。おそらく議員年金についての社説があると思うのですが、毎日新聞だけでエントリーするのは危ういですね。

 確かにイギリスは実験台かもしれません。忘れた頃に再びテロは起きるだろうし・・・日本に細部まで情報が流れてないだけで、小さなテロ騒ぎはちょくちょく起きているのかもしれませんね。

 後は、ハマスですよ。またパレスチナ情勢が危うくなるような・・・日本の平和ボケを安売りしてあげたいくらいです。
by: 無名 | 2006/01/28 02:38 | URL [編集] | page top↑
#
パレスチナ情勢か。

砂漠の一神教どうしの争いは、日本人の想像を超えた世界の出来事ですね。

平和ボケの輸出もいいけど、やつらをもっと緑のたくさんある場所にしばらく移住させたら世界観変わるかもしれません。
by: フロレスタン | 2006/01/28 10:46 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは。
フロレスタンさま☆

 パレスチナ情勢は、ネット上で少し学びました。簡単に言えば、もともと住んでいたユダヤ人とアラブ人(パレスチナ人)の宗教間闘争だと思っています。私の中でグレイなのは、「ユダヤ人=迫害・差別」という印象が強いことです。

>やつらをもっと緑のたくさんある場所にしばらく移住

 シオニズム運動とは、故郷にユダヤ国家をつくるという動きだと認識していますが、そもそもユダヤ人が世界各地で柔軟に暮らしていればパレスチナ(イスラエル)に戻ることはなかったのかも・・・。ふと思ったのは「ユダヤ人が悪いから迫害を受けたのか?」「周囲の身勝手が迫害を生んだのか?」ということです。

 何か間違ってたら教えてくださいね^^)時間があったら調べておきます。
by: 無名 | 2006/01/28 13:36 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/157-d2ab7f70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。