--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Tue.

社説【中川農相 食の危険を振りまく人だ】

【前書き】
 平成18年も約1ヶ月経ちましたが、様々な問題が起きています。その一つが、米国産牛の再輸入停止です。今回は、中川農相発言について「これだけは言わせて!!」。
中川

【今回のテーマ】
・(毎日新聞)
【衆院予算委員会は30日、米国産牛肉に特定危険部位が混入されていた問題に関する中川昭一農相の答弁をめぐって紛糾し、民主党が辞任を要求する事態となった】

【米国処理施設の査察】(日経新聞より)
【食品安全委員会が米国の食肉処理システムに厳しい注文をつけ、政府は、米国産牛肉の輸入再開前に、米国の食肉処理施設へ農水・厚労両省の係官を派遣して査察を行う方針を決めていた】
 ↓
【実際に係官が米国へ出向いたのは、輸入再開を決めた昨年12月12日の翌日、13日であった】
 ↓
【後に特定危険部位の背骨をつけたまま日本に牛肉を出荷した施設は査察の対象外だった】

【中川農相の認識】(毎日新聞より)
【農相は午前の答弁で「答弁書と事実が違っていた。おわびする」と謝罪し、「どういう責任の取り方がいいのかこれから考える」とも述べていた】
 ↓
【午後は一転、「再開以降でなければ米国の施設が適切かどうか判断できない。答弁書後、状況が変わった」などと釈明】
 
【各紙の見解】
・(毎日新聞)
【政府は「答弁書には『再開以前』とあり、『再開決定前』とは書いてない。調査は再開決定後だったが、再開の前だった」という理屈で切り抜ける算段だ。ただ、そうであるなら、今度は農相が元々、答弁書をどれだけ理解していたのか、「資質」の問題になる。】
・(日経新聞)
【11月15日に来日したブッシュ米大統領の訪日みやげという印象を強めようという配慮が働いて、輸入再開時期を無理に前倒しした結果、事前査察のはずが事後査察になってしまった、などと疑いをかけられないためにも、農相や厚労相はきっちりと説明責任を果たすべきだ】


【後書き】
 私は以前のエントリーで、米国産牛肉輸入再開に関してリスクという言葉で本当のリスクは語られていないと述べました。多くの国民が米国産牛肉を亡霊のように過剰反応している部分があるのではないか?という考えです。詳しくは、下記のエントリーを参考にして下さい。

 今回の牛肉輸入再停止は、米国側(処理施設)の認識不足に一つの原因がありました。ジョハンズ米農務長官は以下のように発言しています。
【原因を調査し、報告書にまとめて日本に提出することを最優先としたい】
【今回出荷されたのは安全な若い牛の肉であって、商品自体の安全性に問題はない】

 しかし、米国側にだけ責任を追究できないのが中川農相の認識からも分かる。昨年11月に閣議決定していた答弁書では「事前に米国に担当官を派遣して現地調査を実施する」となっていたが、事前とは12月12日に輸入再開の決定を行なう以前のことではなく、輸入再開するまでに方針変更を行なっていた。結果的に査察団派遣は、輸入再開決定後に行なわれている。

 方針変更の理由として、新たに分かっていることは以下の通り。
【日本向け輸出プログラムの認定作業を日本側も調査できることがわかった】
【輸入解禁以降でなければ、現地の調査に入れないことが判明した】
【食品安全委員会の答申でも、査察は輸入再開の条件とはされていない】

 これでは、実際に処理施設を査察してもいないのに牛肉輸入再開を決定したことになる。米国側の対応が形式だけになっていたように、日本側も輸入再開ありきという考えのもとで、とりあえず査察しておこうか!!というニュアンスだったのではないか?と疑われてもしょうがない。方針変更を説明しなかったのも、大勝した自民党が閣議決定の重要性を軽んじていたのではないか?どこまでも疑いたくなる。これらの原因により自民党支持率は41%→36%、内閣支持率は50%→45%へ下がっている(朝日新聞調査)。

 中川農相は、以下の通り述べ、辞任に対しては否定的な構えをとっています。責任すべてが謝罪だけで許されるのは、日本特有でしょうか?考えが甘いと思います。
【農林水産行政と食の安全に対する責任を果たしていきたい。自らその責任を放棄することは考えていない】


【参考資料】
毎日新聞
 2006年1月31日社説【中川農相答弁 小泉政権がほころび始めた?】
日経新聞
 2006年1月31日社説【BSE、農相の説明責任は重い】



【関連エントリー】
社説【米国産牛肉 BSEを疑う前にメディアを疑え】
スポンサーサイト
13:23 | 政治 | comments (2) | trackbacks (5) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【防衛施設庁 許されない官製談合】 | top | 【ライブドア株116円 堀江容疑者も墜ちていく】

Comments

# TBありがとうございます!
思うのですが、
どうしていつも政治家はこういうのでしょう。
「責任を取るまで辞めない」
責任を取れないと皆が思ってるからこそ、
辞めなきゃいけないんじゃないでしょうか・・・

TBありがとうございます。
社説メインなんて、面白いブログですね!
またお邪魔させて頂きますので、こちらへもお越しになって下さい。
コメント大歓迎です(笑)

ちなみに僕は牛肉は食べません。
もちろん、米産だろうが何だろうが。
しかしまぁ今回の発言は酷いですね(笑)
by: ムーンライダー | 2006/01/31 16:26 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
ムーンライダーさま☆

 政治家なんてこんなものです。自民党も今年に入って色々問題ありですね。別に民主党を応援しているわけではないですが、自民党がいい気になる政界であってはいけないと思います。

 社説は、一つの材料として使わせてもらっています。幾ら読んでも、分からないものは分からないですけどね。ご意見あれば、どしどし書き込んでいただけると助かります。
by: 無名 | 2006/01/31 22:45 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/166-7ee4cf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
中川農相が牛肉輸入の再開に際し、現地調査を行わなかったことを認めた。閣議では輸入再開に際して、現地調査を行った上で判断すると決定したのではなかっただろうか?これは怠慢とかそういうレベルではなく、職務不履行に値する。おそらく、こんなやりとりが日米間であった
 米国産牛肉の輸入再開の前に査察を行うという閣議決定を守らなかった件について、衆院予算委員会で民主党議員に「なぜ閣議決定を守らなかったのか」と質問された中川農水相の答弁はまったく要領をえなかった。約5時間の中断後に再開した委員会の説明もとうてい納得のいく
すき屋のカレーが妙に好きなんです。 ただ、これまで狂牛肉が入ってたと考えると ちょっと気が滅入る。 でも、こないだ牛肉輸入再開の際、 すき屋は独自調査をして、 その結果米国産牛肉使用禁止を継続することを決めた。 今、国会ではとんでもないことになっている。 輸入
『毎日新聞(06/01/25)』中川農相答弁 小泉政権がほころび始めた? 問題は政府が昨年11月、「米国産牛肉の輸入再開以前に担当官を派遣し、米国の日本向け食肉処理施設への現地調査が必要」との答弁書を閣議決定していたにもかかわらず、現地調査は再開決定後だったとい
民主、4点セットで攻勢 「自民に油断」公明苦言 (産経新聞) - goo ニュース1月20日に始まった通常国会の前後に次々と厄介な問題が起きる 民主党は以下の件を4点セットとして自民党を攻めるようだ{/hiyo_do/}その1:米産牛肉輸入停止 輸入再開した途端危険部位(脊
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。