--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Thu.

社説【情報開示 「安全」と「安心」を区別できる認識を持ちたい】

【前書き】
 私は、できるかぎり健康でいたいと思っている。でも、病は気からとも言われるように、知らない内に知らない病気を抱えているかもしれませんね。今回は、医薬品の副作用(無知の知)について「これだけは言わせて!!」。


【今回のテーマ】
【薬品メーカーから寄せられたすべての薬の副作用が、公表されるようになった】

【公表の内容】
【今回の公表では、最終的に十六年度分だけで二万五千四百四十八例にもなる。データの内容は(1)医薬品名(2)患者の性別と年齢(3)回復や死亡といった容体(4)副作用-に加え、薬と死亡の因果関係もある。】

【効果と副作用】
薬には副作用が伴い、効き目の高い薬ほど、リスクも大きい。とくに抗がん剤の場合、脱毛、激痛、貧血、吐き気…といった副作用にとどまらず、死を招くことも少なくない。たとえば、がん細胞を狙い撃ちする“分子標的薬”と呼ばれる抗がん剤として注目され、平成十四年七月、世界に先駆けて日本で承認された肺がん治療薬「イレッサ(ゲフィチニブ)」は、劇的な効果が報告された。その一方で、わずか半年間で、約五百人の患者に間質性肺炎などを発症させ、うち死者も約百六十人に上っている。】


【後書き】
 食生活には気を使っていますが、あくまで自己満足の範囲内だと思っています。毎日納豆を食べるようになったのは、確か新潟県だったか納豆を毎日食べるお年寄りの骨密度が高いという話を聞いたことがきっかけでした。納豆は骨粗しょう症の防止に効果があるようですが、毎日食べていてもしっかり?骨折しましたね(ダメじゃん^^;。私が心配なのは、10年20年先なんです。今、健康を気にしないで済むのは、病知らずの若さがあるからであって、必ずしも健康管理に気を配っているからとは思えない。結果的に薬に頼らなくて済むことを考えれば、普段の生活が将来の人生設計の土台になる気がします。

 一つ前のエントリーは、アスベストの件でした。そこで以下のようなコメントをもらいました。
【ところで、安全と安心を並列に扱う最近の風潮には大いに違和感あります。前者は客観的に評価できるのに対して、後者は主観的判断です。安全なものに対してまで、根拠の希薄な不安に駆られている人が何と多い昨今よ。】

 ずばり痛いところをつかれたと思いましたね^^; 一般的な対応で安全をカバーすることはできても、安心や不安というのは人の心に住み付いてるようなものです。「私は、アスベストの知識がありません。故に不安なんです!!」と言っているようなエントリーでしたね。私は、米国産牛肉輸入に対しては、フロレスタンさまの受け売りもあって柔軟?な姿勢ですが、アスベストに関しては不安が先行していた。まずは、知ることだと思います。

 そこで今回のエントリー。下手なことを書くと余計に閲覧者を混乱させるというのはあります。しかし、とりあえず紹介しておきたいです。不安が無知の部分からきているものならば、知ることで冷静に判断できる場合もある。産経新聞が紹介しているサイトは下記リンクです。神経質な人は、余計に不安を煽るかもしれませんのでご自身の判断で行って下さい。
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

 以前、鳥インフルエンザのエントリーをした際に薬の服用には、プラスの効果(主作用)とマイナスの効果(副作用)があって、医師の判断によっては「副作用もあるけど、プラスの効果を重視する」ということも在りえますと書きました。安全は政府や医療機関が担うことであって個人の努力には限界がある。一方、安心は自身の認識力が左右する点でも、責任転嫁の材料にするのはお門違いであることを改めて確認しました。

 無知の知とは、ソクラテスの明言です。
【彼は何も知らないのに、何かを知っていると信じており、これに反して私は、何も知りもしないが、知っているとも思っていない】
 私は、知っていて損なものはない!!という考えなので、無知であることを恥じだとは思いません。無知よりプライドが先行することは、真実からの逃避行に思えてしまう。今日の恥じは、明日の自信であってほしいですね。


【参考資料】
産経新聞
 2006年2月2日主張【医薬品の副作用 公開情報は分かりやすく】
スポンサーサイト
15:29 | 社会 | comments (5) | trackbacks (3) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【皇室典範 改正を急ぐ理由が分からない】 | top | 社説【アスベスト新法 安全は取り戻せるのか?】

Comments

# おじゃまします。
テンプレートでおちょくってたのが築地に通報されたようで…
gooは、封鎖されてしまいました。(爆)
補完庫のほうでも、突っ込まれそうでしたので…
あっさり、削除してしまいました。
キャノンのように、法廷で争っても…
非はこちらにあるようですから…
心機一転やり直しです。
by: super_x | 2006/02/03 00:54 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
super_xさま☆

 それは残念です。しかし、半年近く温かく見守られていたのでしょうか^^) 2日の朝日さんの社説は特に酷かっただけに、八つ当たりとも思えてしまう。

 私も朝日批判目的の特集にいちゃもん付けられたのでバラしましたね。私も当分大人しく・・・と言いたいところですが、さっき「潰れて下さい」ってお願いしたところです^^; 朝日新聞に公平なんて言葉は不釣合いですよ!!

 心機一転と言っても、前が前だけに見劣りしないインパクトを持たせるのが大変ですね。是非、応援させてもらいます。
by: 無名 | 2006/02/03 01:31 | URL [編集] | page top↑
# アンケート直りました。
設定のやり方が悪かったようです。
まぁ、自業自得といえばそれまでなんですけどね。
gooが解禁されたら、反省文からですね。
by: super_x | 2006/02/03 02:19 | URL [編集] | page top↑
#
薬の副作用>>毒をもって毒を制す

super_xさん>>gooの音も出ない(笑)。
by: フロレスタン | 2006/02/04 01:31 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
super_xさま☆
 カウンターをゼロからやり直すなんて・・・エライ!!という前にいつ追い越されるか心配ですね^^; ランキングとかカウンターは気にし出したら切りないのに、「頑張った証」が欲しいわけですよ。ただ、エントリーだけに終わっているから、ほとんど人のブログにコメントすることがないのはまずいでしょうね。

フロレスタンさま☆
 ピンポイントなコメントありがとうございます。では、独り言でも・・・私は食事に関して好き嫌いはありません。以前、友人が「ウコン茶」という健康茶?に興味本位で挑戦したら、一口も飲まずに「不味い!!」の一言で一蹴。私もものは試しと飲んでみたら、「想定内の味」でした。それに更に驚いた友人は「じゃぁ青汁とか飲めるんじゃない?健康になれていいね!!」と言ってきた。まだ青汁は飲んだことないんですが、やっぱり不味いんですかねぇ~^^)
 
by: 無名 | 2006/02/04 02:07 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。