--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Fri.

【中国伝統 血の気の多さも魔物のせい?】

旧正月

【春節祝う爆竹 北京で解禁】(産経新聞 1月23日)
 中国最大の祝日、春節(旧正月)を祝う爆竹が北京市の中心部で十三年ぶりに解禁され、二十二日から一斉に指定された二千百十六カ所の専売店で売り出された。爆竹を盛大に鳴らすのは「魔よけ」になると信じられており、旧正月の年越しには欠かせない風物詩。二十九日の春節は、久々に爆竹の大音響が鳴り響くにぎやかなものになりそうだ。

 北京市では春節の爆竹や花火でけが人や火事が多発するため、市中心部では九四年の春節から禁止されてきた。しかし、伝統復活を求める声は強く、北京市人民代表大会(市議会)は昨年夏から、爆竹禁止の賛否をめぐり市民からも意見を聞き、検討してきた。

 北京市は一億元(約十四億円)相当、六十万箱の爆竹と花火を用意、市内の専売所では大小さまざまの爆竹や花火が所狭しと並べられた。三千八百八十八連発の超大型爆竹(百九十八元)も人気商品の一つだ。爆竹が解禁となるのは、大みそかの二十八日から十六日間。

 中国では、そういう伝統らしいです。「魔除け」って言われても、中国人にとって魔物って何よ?真っ先に「ブルース・リー物語」って映画を思い出しますね。「男子が生まれると魔物にさらわれるから、必死に女装させた・・・」みたいな内容でした。風水でよく見る、パクアも魔除けだったような・・・。実際にブルースが魔物と闘ったかは定かではないですが^^)今思えば中国らしい発想ではある。そして、キョンシーなんてのもありましたねぇ。懐かしむことでもないか・・・。

 しかし、弾けているのは爆竹だけではないようです。


【香港ディズニーランドに怒りの群衆=入場券買っても入れず】(時事通信 2月2日)
 春節(旧正月)の休日を迎えた香港ディズニーランドで、入場券を持った数百人が「満員」を理由に入場を断られて怒り、ゲートをよじ登ったり、スタッフとつかみ合いになる騒ぎとなった。

 こんな事態になった背景には新たに導入された入場券制度がある。新制度では、6カ月の間、いつ来てもいいという代わりに、満員の場合は入場を保証しない。

 ディズニーランドの広報担当者は、結局は入場を受け入れたので、騒ぎは早々に収まったと説明している。

 2001年に金正男が偽造パスポートを使って入国したことがありましたが、あれは本当にディズニーランドへ行きたかったのでしょうか^^; もう少し待てば、中国で遊びたい放題だっただろうに・・・。そんな事態に北朝鮮権力者は「恥じ」と感じて、金正男を後継者候補から外したと言われる。恥じというのは、大の大人がディズニーランドなんて行きやがって!!という気持ちだったりして・・・。だとしたら、入場制限で狂乱する中国人って何よ!!

 少しさかのぼってみると・・・。
【香港ディズニー経営者、早くもクビに=在任4カ月足らず】(時事通信 1月10日)
 9月に鳴り物入りで開業した香港ディズニーランドだが、入場券が売りきれとなる日はわずか。1日3万人の収容能力があるのに、地元紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストの調査では、実際の入場者数はその半分程度しかいない。

 香港ディズニーランドは香港特別行政区政府が57%を出資。30億ドル(約3400億円)の巨費を投じて建設された。

 13億人もいるんだから、誰か入るでしょ!!的な安易な発想だったのでしょうか。私には、「中国人」と「ディズニーランド」がどうも繋がらないんですよね。まぁせいぜい、「中国人=自転車」程度のイメージしかないわけですが・・・^^; ディズニー側は、開業2年目以降は年間1000万人の入場者数を目指すようですが、収容数が1日3万人ですよね・・・(3万人×365日=1095万人)ってことになる。どうみても無理がある目標です。そりゃ、激怒する中国人でも喜んで入場させないと目標達成なんてできませんね。

 さて、爆竹の話に戻すと・・・。
【36人死亡の爆竹事故、子供のいたずらが原因=中国河南省】(時事通信 2月2日)
 春節(旧正月)元日の1月29日、中国中部・河南省林州市にある爆竹倉庫が爆発し、近くにいた36人が死亡。その後の調べで、子供の爆竹遊びが原因だった可能性が大きいことが分かった。

 新華社電によると、倉庫の近くで遊んでいた子供3人のうちの1人が爆竹を倉庫の通気口に投げ入れたことから、中に保管してあった爆竹が爆発。春節の行事で近くの寺院に集まっていた人々が死傷したという。

 この悪ガキめ!!爆竹って言ったら蛙にくわえさせて・・・それはそれで残酷な話ではある^^; 蚊取り線香の最後の部分に爆竹を繋げて時限爆竹?これで嫌がらせやってた友人もいた。伝統ばかり全面に出て、死傷者まで出ている中国に比べれば、まだまだかわいい爆竹の取扱いではある。

 最近よく目にする新華社ですが、春節の1/28~2/5まで記事の配信は停止されているみたいです。どんな記事が載るか興味津々なんで、早く再開してほしい!!
スポンサーサイト
13:41 | 東亜 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【温】なニュース | top | 社説【皇室典範 改正を急ぐ理由が分からない】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/173-423b9d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。