--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

【福島みずほさんが党首らしい・・・】

福島みずほ


【前書き】
 福島みずほさんが社民党の顔になりました。おめでとうございます・・・というべきことかは分かりませんが、朝日さんと西日本さんが社説を取り上げていたので、社民党HPより福島みずほさんの抱負を見てみましょう。


【いま、政治の場で平和と生活、そしてその基礎となっている憲法を破壊する動きが、ますます強まっています】
 「破壊する」という点が左派らしい見解ですね。私は時代に沿って、憲法を改めるべきだと思います。

【自民党の進める憲法改正は、この憲法の基本的性格まで破壊し、愛国心を国民に義務付けようとしています】
 私も以前は、米国の言う「自由」という言葉に憧れた時期がありました。しかし、自由と言う名の「制裁」であり、あたかも神の思し召しを得たかのような言動も多い。そして、日本での愛国心のイメージは、決まって軍国主義が連想されている。サッカーの国際試合でみんなが応援するのは愛国心ではないのでしょうか。その時だけ日の丸に愛着を持って、「義務」など政治色の強い話題になると手の平返して反発する国民はおかしいでしょう。敗戦のトラウマを克服するためにも、今さら愛国心という言葉だけで違和感を感じているのは時代錯誤だと思います。

【憲法9条を変えることは、日本が米軍とともに戦争をする国になることです。しかし、多くの国民はこのことに気づいていません。】
 少なからず私は気付いています。まず言いたいのは、「戦争」という言葉は死語にすべきではないかということ。戦後○○年と言われますが、大戦が終わった後にも戦争と名のつく戦いはあった。一番最近のイラク戦争も、表向きは「大量破壊兵器を保有しているイラクへ侵攻する」というもの。もし、誰かがフセイン独裁政権に制裁を与えなければ今でもイラク国民(シーア派、クルド人)は迫害を受けていたのかもしれない。

 ただ、イラク侵攻が米国の情報操作によるものだったことは大問題ですね。「テロに屈しない」という言葉には一理ありますが、米国は正義ではないし、テロリストを「悪者」と総括するのもおかしいと思う。戦争とは最終手段であって、理不尽な人間への制裁という意味だと思います。どの道、今の米国には戦争へ踏み切る勇気はないように思います。「大量破壊兵器保有」がイラク戦争の大義であり、「テロ掃討」が国民の支持だった。しかし、情報操作と米兵被害などでブッシュ氏の支持率は急降下している。今は戦うことより、平和的に対話して解決する道を先決するのではないか・・・と、私は思う。今のうちに法整備を行うという見方もできます。

【戦争は政治が起こすものです。だからこそ、私たち人間は、それを止めることができるのです。】
 何が言いたいのでしょうか。北朝鮮からミサイルが飛んできても福島みずほさんが身代わりになってくれるということでしょうか。「止めることができる」とは、限りなく奇麗事です。みんながその言葉に同調していれば、確かに戦争は止められるかもしれない。しかし、社民党を支持している人なんて私の知り合いにはいませんよ。大分、説明不足だと思います。

【社民党は、日本のことだけにとどまらず、世界で起きる戦争とテロをなくすための市民活動こそが活発になされるよう、政治の場で力を尽くします。そのために真っ先にイラクからの自衛隊の撤退を実現しなければなりません。】
 理屈が分からないですね。つまり、イラク派遣は米国への胡麻すりだと言いたいのでしょうか。或いは、常任理事国入りの宣伝活動だと?私にも「平和であればそれでいい」という左派の気持ちは少なからずある。ただ、人間は欲する生き物です。発展し続けないと気がすまないのも人間でしょう。離れ島に左派共和国でも作って、自己満足の平和を主張してください。国益の為の日米同盟であり、現実的に生きていく為には米国との結びつきを断つ術はないでしょう。ただ、「今の日本にとっては」という話であって、改憲が進み日本が一国としての力を付けて行けば、米国との関係をどう整理すべきかは変わってくると思います。

【テロの根本原因である世界の貧困と、南北の格差が拡大している国際社会の現状を変えるために、世界中の友人たちとともに努力していきます】
 「・・・現状を変えるために」までは同感ですが、なぜ最後に誤魔化すようなことを書くのでしょうか。そんなに友達がいるなら、全員羅列して下さいよ。「個人情報保護法が・・・」とでも言い返すのでしょうか?随分都合のいい主張ですね。

【日本は、憲法9条を持っているからこそ、このような活動を先頭に立って有効に展開できると確信しています】
 どこの先頭ですか?社民党13名で会議室にこもって「改憲反対!!」って掛け声上げているのでしょうか。「信じる」って言葉を使う政治家なんて「私は役立たずです」って言っているようなものです。政治の力でどうしようもできないから、信仰心に頼るんですか?不甲斐無いですね。

【憲法9条を変えさせず、戦争とテロを止め、平和を取り戻すための闘いに、私たちは、勝利したいと思います】
 勝利?何かに勝つ!!ってことは、敵がいるんですね。その敵が、戦争とテロですか。平和を声高に主張したいのは分かりますが、もし自爆テロ犯が自分に向かってきたら福島みずほさんはどうするのでしょうか。身をもって被害を食い止めるのですか?きっと、頭の中では「そんなこと起きるはずがない」と思っている。しかし、テロリストはその隙を狙って反米思想を押し付けてくる。

 奇麗事で解決すれば、何も問題ないです。【テロは監視の強化や武力攻撃では絶対なくすことはできません】という言葉には同感なのに、何故だか無責任な印象が拭えないのはどうしてでしょうね。


【後書き】
 まだまだ抱負は続きますが・・・気が向いたら取り上げたいです。この程度で一つの党が成り立っているのだから政治とは面白いですね。一種の代弁者であり、「平和、平和」と謳っていれば、国民の中には耳を貸す人もいるのかもしれない。私の知人が今年の衆院選の投票で「誰も投票しないだろうから」という理由(無党派層?)で社民党に投票したとかなんとか・・・。13人で行えるパフォーマンスの限界を知るのはいつのことでしょう。
スポンサーサイト
16:22 | B級 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【人民元切り上げの真相】 | top | 社説【朝日が沈む時 凶悪事件】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/20-0a44f45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。