--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Tue.

【バレンタインデーに なんばしよっとぉ!!】

【韓国軍、バレンタインデー用に1000トンのチョコレート配送】(ロイター 2月13日)
 韓国でも、バレンタインデーには女性が意中の男性にチョコレートを送る習慣がある。

 若い男性に2年間の徴兵制があり、約70万人が軍隊に所属する韓国では、チョコレートを送るのも大変な作業となるが、これは軍隊が毎年責任を持って配送している。

 郵便局の担当者によると、軍隊は先週、約1000トンのチョコレートを配送。その多くは、北朝鮮と韓国を隔てる非武装地帯(DMZ)近くの基地に送られた。

 そこまでして送るものなのか???日本では7割のOL、5割のサラリーマンがバレンタインデーの儀式的な義理チョコ制度にうんざりしているようです。手作りチョコをもらって、翌年のバレンタインデーに冷凍庫から出てきたという話を聞いたことがありますが、溶けない愛情に迷惑がる男性って結構多いみたいです。
 
 
離婚クラブ

【バレンタインデーに上海で「離婚クラブ」発足】(ロイター 2月14日)
 新華社の報道によると、バレンタインデーのきょう、上海で離婚経験者らが「離婚クラブ」を結成した。

 同クラブの会長は、クラブ結成にバレンタインデーを選んだ理由として「だめになった結婚から逃れるのは幸せなことだから」と話す。

 また、新華社が上海の青年報(ウェブ版)の報道として伝えたところでは「先週末までに少なくとも135人の富裕な男女が同クラブに加入した。メンバーは離婚経験者や離婚を望んでいる人々」という。

 「離婚クラブ」はカウンセリングサービスのほか、社交の場を提供したり、離婚祝いを企画する。クラブのウェブサイトは現在作成中。

 「だめになった結婚から逃れるのは幸せなことだから」・・・いまいち意図が掴めませんね。これが漢流なのか?根本的に駄目になった原因を追究していないならば、結局は同じこと(不幸)の繰り返しだと思うんですが・・・私から言わせれば、離婚するくらいなら結婚で軽々しく誓ったりするのはあまりに惨めではないのか。結婚してない私だから言える暴言ではある。

 日本でも離婚をテーマにしたドラマはありましたが、中国でも04年秋に「中国式離婚」が大ヒットしてます。中国では、03年に人口1000人あたりの離婚件数が1件を超えて、04年には1.24件に増加。03年に「婚姻登記条例」が施行されて、結婚・離婚の手続きが簡素化されたことが離婚の進行に繋がった、という見解も疑わしいですが・・・。「中国式離婚」の製作者は以下のように語っています。

【かつての低い離婚率は、妻が財産の分与や世間体、仕事など様々な面で不利な扱いを受け、別れたくても別れられないからでもあった。離婚率の上昇は、中国が個人の選択を受容できる社会になってきた側面を示してもいる】

 この流れは、日本でも似たようなことを聞きますね。今後、主婦も一つの職業?のように立場が確立されて、例え離婚したとしても年金分配など公平性を保つという流れがベストなのでしょうかね・・・。結局、「離婚クラブ」を後押しするような結論に至ってしまいましたか^^;

【中国ではバレンタインデーに合わせ美容整形が流行】(ロイター 2月14日)
 中国ではバレンタインデーの時期に、恋人のために美容整形する人が増えている。

 同国の流行の発信地である上海の美容整形クリニックでは、バレンタインデー前に客足が伸びたという。

 上海でも有数の整形クリニックである上海康奥整形医院のマーケティング・ディレクター、パン氏は「バレンタインデーシーズンは客数が1.5倍になった」と述べた。

 同院を訪れる年間1000人以上の客の約95%が女性だという。最も人気があるのは、眉の形を整えるものと、目を大きく見せるために上まぶたにひだを加える二重まぶた手術。

 手術費用は、二重まぶた手術が800元(約1万2000円)、鼻の整形が1000元、脚の脂肪吸引が4000元と、地元の相場と比べるとかなり高め。だが、伝統的なお見合い結婚ではなく自由な恋愛をしたいと考える多くの人々にとっては、費用は問題ではないようだ。

 上海康奥整形医院のパン氏は「人々は相手を見つけるために美容整形を受けています」と語った。

 プチ整形と言えば、いかにも流行りモノみたいに感じてしまいます。金をかけてコンプレックスが克服できれば安いもの!!って考えでしょうか。でも、いまだに親に貰った?身体に傷をつけるのはいけないという伝統を重んじる?ような価値観の人もいますね。私も衝動的にタトゥーをいれようとして猛反対された経験ありです。賛否はあるでしょう。

 そういえば、先日のトリビアの種でわざわざ専門家を集めて「バレンタイン当日にできる、チョコ獲得率向上法とは?」みたいな下らない調査をしてましたね。見ている私もくだらない奴ですが^^; ほとんどの男性心理としては、
「アピールする」
「髪型を決める」
「クールに振舞う」
・・・など自意識過剰な発想だったようですが、どの案も女性から見ればno goodという結果^^;

 そして、専門家が数時間も話し合って出した結論とは・・・。

「放課後(アフターファイブ)、机の上にバックの口を開けて置いておく。】

 解説すれば、バックが置いてあればまだ帰っていないアピールになる。そして、バックの口は空けておけば、チョコを直接手渡す女性の緊張を解すことになる・・・らしいです。

 現在、19:50。まさかとは思いますが、実行している人はいないでしょうね?学校や会社に残られている方で、友人・同僚・・・先生?上司?の机の上に無意味に口の開いたバックが置き去りにされていませんか?窃盗に合わないようにバックの口を閉じ、不自然でない場所へ置いてあげましょう^^)←嫌な奴だぁ!!
スポンサーサイト
19:51 | B級 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【トリノオリンピック 小野寺歩】 | top | 【たかじん なんばしよっとぉ!!】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/200-1f7dabf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。