--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Thu.

社説【ミツトヨ 不正輸出で核開発支援?】

【前書き】
 トリノオリンピックが行われている裏で、また嫌なニュースが飛び交っています。先日、ヤマハ発動機が中国に無人ヘリを不正輸出しようとしていた事件がありましたが、それ以上に問題ではないのかと感じてしまう。今回は、ミツトヨ不正輸出について「これだけは言わせて!!」。
【トラックバックさせてもらいました】
SUPER-X.COM
 
 
ミツトヨ

【今回のテーマ】
・(産経新聞)
【核開発に転用可能な機器を中国やタイに無許可で輸出していた外為法違反事件で、川崎市の大手精密機器メーカー「ミツトヨ」が警視庁の家宅捜索を受けた】

【不正輸出の流れ】
(産経新聞)
【同社が不正輸出していた三次元測定器は、ウラン濃縮用の遠心分離機の管理などに利用される
 ↓
【同社の製品は、IAEA(国際原子力機関)が二年前にリビアで行った核査察でも発見されている】
 ↓
【当時、リビア政府は「核関連機器を国際的密売市場『核の闇市場』で調達した」と説明していた】
 ↓
【「核の闇市場」は、パキスタンの核開発科学者、カーン博士が築いた秘密取引のネットワークである】
 ↓
【この「核の闇市場」を通じて、同社の核関連機器が北朝鮮に流出した可能性があり、警視庁の徹底解明が待たれる】

【三次元測定器の用途】
・(中国新聞)
【三次元測定機は、センサーを使って機械部品などの寸法や立体的な形を高い精度で計測できる装置。測定の精度が極めて高く、自動車などの部品生産ラインで広く使われている。一方で、誤差の少ない高性能のタイプは、核兵器製造に必要なウラン濃縮用遠心分離機の管理などにも用いることができる。】

【ミツトヨの釈明と実状】
・(中国新聞)
【手塚和作社長は「違法性の認識はなかったと信じている」と釈明している。だが、同社は輸出する際、税関当局に「性能は規制された水準より低い」と過小に性能を偽ってすり抜けた疑いが浮かんでいる。】

【最近の不正輸出事件】
(産経新聞)
【軍事転用可能な無人ヘリを中国に不正輸出しようとした疑いで、ヤマハ発動機が静岡県警などの捜索を受けた】
【陸上自衛隊のミサイルデータがソフトウエア会社を通じて朝鮮総連傘下の在日本朝鮮人科学技術協会(科協)に流出した疑いも浮上している】
【ミサイル発射台に転用可能な大型トレーラーや核開発に転用できる直流安定化電源、業務用大型洗濯機のインバーターなどを北に不正輸出していたケースが摘発された】

【武器輸出管理令】
・(中国新聞)
【わが国では武器輸出については、輸出貿易管理令で規制し、まず経産相の承認を得なければならない。さらに武器輸出三原則で(1)共産圏(2)国連が兵器輸出を禁じた国(3)国際紛争の当事国またはその恐れがある国に対しては輸出しない―規定がある。】

【産経新聞の見解】
【中国や北に対する日本企業の警戒心や、安全保障意識が希薄になっていることを物語っている】


【後書き】
 再びの不正輸出の発覚です。ヤマハ発動機と同じ手口(性能を過小報告)、同じ言い訳(違法性はないという認識)をしているのが分かります。不正輸出の流れを見ても分かるように、核の闇市場を経由して北朝鮮などの核兵器開発目的の危険な国へ流出している可能性もある。それが事実だとしたら、世界の脅威国の軍事力増強へ加担したことになります。寧ろ、核開発に流用される危険を考えればヤマハ発動機以上に無神経だったこと思います。

 そして、モラルを欠いていたと言えばライブドア騒動でも進展がありました。風説の流布・偽計(証券取引法違反)で逮捕されていたライブドア前社長の堀江貴文容疑者が、有価証券報告書の虚偽記載(同法違反)で再逮捕、起訴されました。自著で「人の心はお金で買える」とまで言っていた堀江被告は、「失敗しても、ゼロになるだけ」などという甘い考えのもと、いまだに容疑を否認し続け汚名を晒している。これら拝金主義がモラルを欠いた何でもありの市場を生んでいる気がします。

 今回のミツトヨにしろヤマハ発動機にしろ、違法性認識の有無という以前に自社製品が軍事転用されるという危機感はなかったのでしょうか?海外企業を相手に売買するにも、保守点検を行う(無茶な話でしょうけど)など最低限の用途を規制する責任が製作者側にもあると思う。売ってしまえば、後は知らん!!で済めば核兵器の売買を容認するようなものです。日本人の危機感の無さが世界の脅威を助長していたとはショックですね。

 最新のニュースを見てみると・・・
【「ミツトヨ」不正輸出、イラン向け不許可きっかけ?】(読売新聞 2月14日)
 公安部の調べによると、ミツトヨは92年7月、イラン企業への測定機輸出を通産省に申請した。これに対し同省は93年6月、測定機は核兵器製造にも使用できる性能を持っているとして、外為法に基づいて輸出を許可しなかった。

 公安部の任意の調べに対し、同社関係者は、「経営幹部が93年ごろ、輸出管理の担当者に『このままでは何も輸出できなくなる。何とかしろ』と指示していた」などと供述しているという。また、同社の輸出管理部門で同時期、「輸出の際、部品の一部を取り外せば性能を低く見せかけられるのではないか」などという議論もされたともいう。

 公安部では、イラン向けの輸出が不許可となった後、同社の幹部が主導する形で無許可輸出を行うようになった可能性もあるとみて、三次元測定機がマレーシアの企業や、中国、タイ両国の日本企業に輸出された経緯を詳しく解明する。

 悪知恵魂に着火したのでしょうか?輸出ありきという考えで話が進められていたとすると、根本的に悪用されることなんてお構いなしだったようですね。

【ミツトヨ、測定器3台不明 マレーシア輸出分】(朝日新聞 2月15日)
 関係者やミツトヨによると、同社は01年12月から02年8月にかけて、3種類の測定機器を2台ずつ計6台、現地法人を通じてマレーシアの「スコミ・プレシジョン・エンジニアリング」(SCOPE)に販売した。測定機は性能を生かすためには高度な設置技術が必要という。納入後、ミツトヨ側は設置作業を担当し、現地に派遣された関係者が使用方法などをSCOPE社に指導したという。

 その6台のうち3台が、国際原子力機関(IAEA)が2年前にリビアを核査察した際に見つかった。捜査当局はアラブ首長国連邦のドバイ経由でリビアに運ばれたとみている。一方で、同等の性能を持つ残り3台の行方は分からなくなっているという。

 ミツトヨは「SCOPE社に販売した後に測定機がどうなったかは、当社では分からない」としている。

 ミツトヨから使用方法などの指導を受けていたSCOPE社は、こうして得た高度な技術も手に入れた測定機とともに流出させていたとみられる。警視庁はミツトヨが会社ぐるみで機器や技術の不正輸出にかかわっていなかったか、慎重に調べている。

 SCOPE社は、パキスタンの核開発者カーン博士が作り上げた「核の闇市場」に核関連機材を提供していた。カーン博士は闇市場から手に入れた核関連機材や技術を、リビアやイランなどに売ったことを認めている。

 ダメじゃない。


【参考資料】
産経新聞
 2006年2月14日主張【核関連不正輸出 北と闇市場の関係解明を】
中国新聞
 2006年2月15日社説【核関連不正輸出 危機意識欠けてないか】



【関連エントリー】
社説【ヤマハ発動機 平和ボケが蔓延していたのか?】


【ブログ】
#1 SUPER-X.COM
 【また、こんな事件が…】
(http://blog.goo.ne.jp/super_x/e/d97cd6ac587174c01ebca62e3bc46b60)
企業倫理に欠ける企業が、同じ系列の宗教に絡んでいるとは…何か隠したいのか、裏がありそうな臭いもしますね。
 ミツトヨと東横インの繋がり???よく分かりませんが、何か後ろで操っている人でもいるのでしょうか。しかし、「仏教伝道活動の支援を通して人々の幸福に寄与する」という企業理念でありながら、不正輸出を容認していたとしたら矛盾する気がしますね。
スポンサーサイト
00:36 | 経済 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【トリノオリンピック デール・ベッグスミス】 | top | 【山田孝之 なんばしよっとぉ!!】

Comments

# イラン留学生に異常な援助
ホジャット・ユソフ イラン国籍
1990年代 東京大学留学生
ミツトヨが過剰・異常なまでの援助および精密測定機器に関する技術供与。
ホジャット氏は現在ではイラン政府の軍事技術関係要職か?
by: ホジャット | 2006/08/25 21:41 | URL [編集] | page top↑
# かなり長いですが、私にはこんな風に受け取りました。
私はここ以外でこのミツトヨのニュースをまだ見てないので、ここでみたことで、こう受け取りこんな風に思いました。

危機管理の無さが、全てにおいて、大多数の日本人に無いと思うことは、私にも思います。
また、日本の企業がそれに挙げられるのは、よくあることであるのも大体分かります。
だから今回ミツトヨが危機感が少なく、企業として当たり前に利益を出すために努力し、国や大衆から
「お前ら不正輸出⇒核闇市場活性に貢献⇒悪知恵魂によって世界の脅威だ」
と言われてるわけですね。
企業として売れる位にレベルを落として、まだ国が認めなかっただけではないのか?と思う。
輸出できるレベルに商品できないか試行錯誤し、性能が問題無いところまで落としたとすれば、
「違法性の認識はなかったと信じている」
「性能は規制された水準より低い」
という認識が、企業側にはできて当たり前ではと思う。
悪用と書かれているが今回ミツトヨが売った機械って
「は、ウラン濃縮用の遠心分離機の管理などに利用される」
の通りなら遠心分離機の管理であって、核(今回の問題はウラン)の製造は単体機ではできないんでは?
だって遠心分離機を管理するだけであって、遠心分離機が調整された状態のものを持っているなら、私はミツトヨの三次元測定器ってただ管理する為のもの程度では?と考えるよ。
私からすれば、核がどうのこうのではなく、国の審査がすり抜けられる程度であり、後から分かったということが一番の問題と考えます。

長くなりましたが、これは私の考えであり、あくまでこうとも考えれるんでは、と思ったことです。
追加で、
批判では無いですが、企業より国がもっとしっかりできないと、これだから日本の企業はって言われ、企業側だけでなく国にももっとしっかりしてほしいと思いました。
by: 通りがかりのaki | 2006/08/26 05:04 | URL [編集] | page top↑
# 企業論理
今回のミツトヨ三次元測定器の不正輸出はこの企業を良く知るものとして悪質で利益を得る為なら手段を選ばないやり方です、測定器の性能を低く設定する為別にソフトを作り性能を偽り国の検査をすり抜けるやり方で測定器そのもを低精度で作り販売したものではない高性能機を別のソフトで低精度に偽装し販売すると言う姑息なやり方だ三次元測定器は測定精度が10000分の1と高精度で核開発に欠かせない遠心分離機を作るのに欠かせない測定器で真円度、円筒度の測定に使用される音速に近い回転をする遠心分離機は高精度が要求される為日本の測定器が狙われるそれを知りながら10000台に及ぶ測定器を偽装して販売した責任は逃れる事は出来ない、ミツトヨは会社の理念を忘れているのか沼田会長は日本仏教伝道協会を作り何を教えているのか今回逮捕された幹部は速やかに懲戒解雇し企業イメージ向上を図る事競合メーカーの東京精密を見習うべき
by: ホークアイ | 2006/08/26 15:35 | URL [編集] | page top↑
# 消滅させるべき企業
問答無用。
核技術に転用されるなら、
この会社の測定器がなければ、いい製品が出来なくても
私は、制度の低い製品を使うことを選ぶ。
日本の恥。
by: 日本神道 | 2006/08/27 07:26 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/203-f29a10c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。