--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Fri.

【トリノオリンピック エフゲニー・プルシェンコ】

トリノ

【五輪=フィギュアスケート男子でプルシェンコが金、高橋が8位】(ロイター 2月17日)
 トリノ五輪は16日、フィギュアスケート男子のフリーを行い、SP首位のエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が合計258・33点で優勝し、金メダルを獲得した。旧ソ連時代を含むと、ロシアは同種目通算5連覇を達成。

 世界王者のステファン・ランビエール(スイス)が銀、ジェフリー・バトル(カナダ)が銅メダルを手にした。

 メダルが期待された高橋大輔はSP5位の好発進だったが、この日のフリーで転倒し、合計204・89点の8位に終わった。

 いかにもフィギュアスケートが似合いそうな顔のプルシェンコ。お見事な演技でした。高橋は、SP5位でメダル圏内につけていましたが、順位を落として8位入賞。旧ソ連時代から5連覇しているとなると、血筋?でしょうか。日本にお家芸なんてあったかなぁと振り返りながら、その他の競技を見ていきましょう。
 
 
トリノ

【五輪=カーリング、日本女子が3敗目】(ロイター 2月17日)
 トリノ冬季五輪は16日、カーリング男女の1次リーグを行い、日本女子は第4戦目でデンマークに5―9で敗れた。これで通算成績は1勝3敗となった。

 まずは、カーリング女子。腹が立つのは、試合は数時間行われているのに、放送されたのは数分・・・舐めてるのか?負け試合だろうと、試合の流れを楽しむものではないのですか?何かコメントのしようもないですね。

 結局は小野寺のミスという結論なんでしょうけど、自分のミスが相手の大量得点に繋がるわけで、スキップの責任は重大ですよ。第10エンドで明らかに負けが決定したとき、小野寺は涙目でしたね。「ソルトレークのようには・・・」なんてよくコメントしてますが、神経使う競技だけにメンタルの強さが求められる。現時点で1勝3敗。残り5戦ありますが、10カ国中4位までに入らないと1次リーグ敗退です。諦めたくはないですが、少なくとも応援できる機会くらいは欲しいものです。

トリノ

【トリノ五輪・大津が転倒】(時事通信 2月17日)
 スピードスケート女子チームパシュート3位決定戦で転倒する大津広美(左)、中央は田畑真紀、右端は石野枝里子の日本チーム。日本女子はロシアに敗れて4位

 ノルウェーの転倒で準決勝に進んだ日本。あと1勝できればメダル確定でしたが・・・とりあえずドイツは強過ぎでしたね。準決勝は、「ドイツ×ロシア」「日本×カナダ」だったわけですが、ドイツとカナダが勝ち進み、「日本×ロシア」で3位決定戦を行いました。
 
 大津がこけるシーンはLIVEで見ましたよ。あぁ・・・思わず叫んでしまった。「ノルウェーの転倒で勝ち進んてきましたが・・・日本も転倒してしまいました」という実況がむなしく響きましたね。大津は、応援団の前で転倒し、顔を覆って泣いてましたね。確かに酷な場面だった。準決勝のタイムだけみれば、ロシアより2秒近く早かった日本に銅メダルの期待をしていたわけですが・・・最後まで走りきることなく4位確定。

 競技が終わってルールを説明してもしょうがないですが、3人編成で女子はトラックを6周、男子は8周行うパシュート。スタミナを要することから、空気抵抗を考えて、一番先頭を走る選手を交代(追い抜き)しながら、いかに相手チームより速くゴールするか決め手です。3人目の選手がゴールした時点でタイムが決まるため、一人だけ優秀でも勝てない。スピードを落とさずにスムーズに後続選手が追い抜くかもポイントで、今回の大津も交代して後ろに付こうとしたときに少し慌てたのか?転倒してしまった。最後まで滑っていたら・・・と言いたくなりますが、この悔しさを次の大会に繋げてほしいですね。

トリノ

【五輪=男子スノーボードクロス、ウェスコットが金】(ロイター 2月17日)
 トリノ冬季五輪は16日、五輪新種目の男子スノーボードクロス決勝を行い、世界選手権覇者のセス・ウェスコット(米国)が金メダルに輝いた。

 ラドスラフ・ジデク(スロバキア)が銀、ポール・アンリ・ドルリュー(フランス)が銅メダルで表彰台に立った。

 日本で唯一出場した千村格は準々決勝3組の4位で、16位だった。

 スノーボードによるレース形式の新競技。予選は単独で滑ってタイムを競い、決勝トーナメントは4人で滑って、上位2名が勝ち進みます。速い者が勝つというのは見ている方も分かり易いですね。もちろんスノーボードの技術は必要なんですが、技術だけではなく駆け引きが一番の見どころだと思います。スキーと違い、ワンミスで一気に失速してしまうスノーボード。カーブでインをついて転倒なんてよくあることで、それにより4番手だった選手が勝ち進むこともありました。ゴールラインを切るまでは目が話せませんね。

 日本から出場していた千村は、決勝トーナメント1回戦を勝ち上がりベスト16へ。しかし、2番手を滑っているときに転倒してしまい16位という結果になりました。目標は「ベスト8以上、良ければメダル」と言っていた千村は、16位という結果でも満足そうでした。スノーボードクロス女子は、日本時間17日。日本から藤森由香が出場するわけですが、どうなるか楽しみです。

トリノ

【美姫宣言「4回転必ずやる」「メダルなんかいらない」】(ZAKZAK 2月16日)
 メダルなんか、いらない!! トリノ五輪のメーンイベント、フィギュアスケート女子代表の安藤美姫(18)=中京大中京高=が最終合宿地で練習を公開した。今大会、苦戦が続く日本にあってメダル獲りはフィギュアが最後の砦。五輪本番にむけた「ミキティの主張」には過激トークがたっぷり詰まっていた。

 トリノの切り札が女子フィギュアだ。冬季五輪では38年ぶり3人枠を獲得して挑むだけに「世界と戦えるチーム」(日本スケート連盟・城田憲子フィギュア部長)と胸を張った。

 連盟幹部が絶対にイケると自信をもつのは、「私はメダルなんかいらない!!」と、強気に言い張る安藤の変身ぶり。13日にトリノ入りした安藤は、日本の前線基地のクールマイヨールでただ一人、最終調整を行っている。

 日本は現時点でメダル獲得数ゼロ、前評判から考えれば不甲斐無い結果が続いているようにも見えますが、私はこんなものだろうと納得しています。メダルだけが選手達を評価する材料ではないですからね。競技の流れの中には感動するシーンってあるわけで、それが見れればきっと4年後だって応援したくなると思います。

 さて、メディアの標的になっているのがミキティこと安藤美姫。そんな安藤が「メダルなんかいらない」と暴言?を吐いちゃった。まぁ本人としては、競技に集中したいのでしょう。日本代表に決定したときもゴタゴタがあったわけで、納得いかないのは本人も承知の上のようで・・・毎日泣いていたようですが、吹っ切れたのか?この発言。

 城田部長(←誰この人^^)は、安藤について・・・
「日本代表の義務と責任がわかってきたんです。きちんとやらなければいけないと思っている。報道の皆さんへの対応も今までみたいなことはないでしょう」
 
 何やら、18歳の安藤も代表権を獲得して大人になってきている、と親心的なコメントしている。さらに日本オリンピック委員会の遅塚団長は・・・

「フィギュアがある。フィギュアが…」
 と、メダル獲得に必死の念仏?を唱えているようです。メダルが取れなかったから、日本選手は弱い!!と結論付ける人って結果しか見てないんでしょうね。「○○オリンピックでメダルが幾つ」という表現で日本選手の活躍を端折られても記憶には残らないものです。

 さて、安藤のコメントは続きます・・・
「私の演技をみて子供たちにフィギュアをやりたいと思わせたいから」
「自分がここにいるべきではないと、トリノに来るまでは毎日のように泣いていた。でも、今は違う。もう誰にも文句は言わせない」


 若さ溢れるコメントですね^^; しかし、フリーの曲目「蝶々夫人」は安藤自身どういうストーリーか知らなかったというから、拍子抜けではある。すかさず復習したようですが・・・。そして、最後に4回転ジャンプについて一言。

「試合で跳んだのは(女子の)世界で私だけという事実がある」

 私は流行りモノにはあまり興味を示さないので、いまだに安藤の演技は見たことありません。トリノオリンピックという舞台で初めて見るのも、結構新鮮な気もする。フィギュア女子には、村主と荒川出ますから、日本勢の演技がどんなものか楽しみにしてます。フィギュア女子は、SPが21日、フリーが23日です。
スポンサーサイト
17:28 | B級 | comments (2) | trackbacks (1) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【神戸空港 "期待"だけで終わらせてはいけない】 | top | 社説【使用済み核燃料処理 今の日本にできること】

Comments

# 城田部長…
確か、スケート連盟の実力者ですよ。
もう一人、あの伊藤みどりを育てた山田部長もいますが…
トリノ代表は、すべて、城田部長のひぞっこ。
山田部長のほうは、恩田に、浅田…
何か、きな臭いものもあるようですが…
カーリングは、BSのほうで、全部やってくれましたよ。
やはり、5失点した5,6ラウンドのミスが大きかったですね。
流れが、引き戻せなかった。
もっと、大胆にいって欲しいものです。
by: super_x | 2006/02/17 18:28 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
super_xさま☆

 お詳しいようで・・・^^) どうもフィギュアは馴染めないんですよね。今回、特に代表決定の時のゴタゴタもあったし、メディアが煽るから本来の実力がいまいち分からない。きな臭さ?あぁやだやだ^^)フィギュアは表情も採点基準なのでしょうか?この笑顔の裏では×××みたいに考えるのも嫌ですねぇ。

 BSかぁ。テレビ観る暇もない人が、衛星放送なんて考えるはずもなく^^) 気付くのが遅過ぎたというより、カーリングにここまで熱くなると思っていなかったので、4年後はガッツリ準備してようかなぁ。
by: 無名 | 2006/02/17 19:53 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。