--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

社説【自民党×ライブドアの癒着 足枷議員を炙り出せ!!】

【前書き】
 今年に入って、ライブドア騒動、牛肉輸入問題、耐震偽装、皇室典範改正など色々政界を騒がせる話題があります。当然、どれも自民党が絡んでいるため、民主党の役割が重要なわけですが・・・どうしたのかなぁ?今回は、自民党とライブドアの癒着について「これだけは言わせて!!」。
 
 
資料
(クリックすると詳細が分かります)
【疑惑その①】
・(読売新聞)
【衆院予算委員会で、ライブドア前社長の堀江貴文被告と武部自民党幹事長の二男との間に、昨年9月の衆院選に絡んで金銭の授受があったと、民主党の永田寿康議員が追及した】

【メール疑惑】
(読売新聞)
【証拠として挙げたのは、堀江被告が発信したとする電子メールだった。文面では、堀江被告が二男に3000万円を送金するよう社内に指示している。】
 ↓
【武部氏は、「二男と二男の経営する会社のすべての銀行口座、通帳を確認したが、指摘の事実は見つからなかった」と全面否定した。堀江被告も弁護人に「メールも送っていなければ、金も払っていない」と語ったという。】
 ↓
【自民党は「根拠のない情報を基にした誹謗(ひぼう)中傷だ」として、金の振込先の口座番号などの開示を要求した】
 ↓
【メールの入手経路は「フリーの記者を通じて」というが、詳細は明らかにしていない】
 ↓
【民主党は、二男の参考人招致など国政調査権に基づき調査すべきだ、と反論している。自民党は永田氏の懲罰動議を、民主党は予算委で永田氏を批判した自民党議員の懲罰動議をそれぞれ提出した。】

【与謝野経済財政相の発言】
・(読売新聞)
【「この世で一番難しい証明は『ない』ということを証明することだ」永田氏には、「ある」と信じた根拠を示す責任がある】

【読売新聞の見解】
【永田氏自身は、17日の予算委で、「当事者が事実無根と言っただけで、犯罪がなかったことを証明したことにはならない」と繰り返している。これは論理のすり替えである。「確度の高い情報を得ている」と言っている永田氏がまず、「疑惑」を真実と信じる具体的な根拠を明らかにすべきだ。】
【インターネット上は、元のデータを加工したものなど虚偽情報があふれかえっている。メールの入手経路は「フリーの記者を通じて」というが、詳細は明らかにしていない。永田氏は国会で、民間人である二男の実名まで挙げた。普通なら、メールが本物であると信じるに足る根拠がなければできないことだ。逆に、根拠もあいまいなまま取り上げたのだとしたら、当事者への謝罪程度では済むまい。】

【毎日新聞の見解】
【双方とも明確な資料を示さずに「自分が正しい」と主張し合うのでは不毛な議論が続くだけだ。堂々巡りの議論を断ち切り白黒をつけるには、双方が自分の主張を裏付ける物証を提示しなければならない。】
【「ニセ情報で傷つけられた」という武部氏も自民党ナンバー2の公人である。関係する銀行預金の詳細を予算委に提出して、進んで潔白を証明することがあってもいいのではないか。】
【国政調査権による真相究明が困難というのなら、民主党は告発に持ち込む手段も考えられる。民主党の言い分が事実無根だというのなら、武部氏は疑いを晴らすため参考人招致に応じて永田氏と対決したらいい。】

【朝日新聞の見解】
【政権奪取を目指して政府・与党を追及するのはいい。だが、有権者が眉につばをつけて見ざるを得ないようなあやふやな議論では元も子もない。民主党は脇を締めて、出直す必要がある。】

【疑惑その②】
・(中国新聞)
【この国会で「カープ問題」が急浮上してきた。昨年秋、「ライブドア」による広島東洋カープ球団の買収騒動の裏で、武部勤自民党幹事長らの関与が色濃くなったからだ。】

【カープ買収支援疑惑】
(中国新聞)
【堀江被告がカープ買収へ動いたとされるころ、同被告と巨人球団会長の渡辺恒雄氏(読売新聞グループ本社会長)との接触を武部氏が仲介した。それは渡辺氏が拒否し、実現しなかった。武部氏はさらに日本経団連幹部を通じて「広島球団買収に反対しないでほしい」と渡辺氏に求めた―という内容だ。】
 ↓
【武部氏はその後の記者会見で、堀江被告と渡辺氏の接触の仲介は認めた。だが、「球団買収にかかわる依頼などは一切しなかった」と否定。また「堀江被告に財界人を紹介した」とされることにも、「全くかかわっていない」と強調した。】
 ↓
【昨年十月、渡辺氏は「政界、財界の大物がホリエモン(堀江被告)を後押しして、カープを買わせようとしているから、おれは怒っている。そんなバカなことはない」と発言している。それ以後も、何度か武部氏を名指しして買収話での介在ぶりを明言。財界人から買収の件で堀江被告に会ってほしいとの電話があったことや、その財界人が武部氏に頼まれて電話してきたことなどに言及している。】
 ↓
【堀江被告は逮捕、起訴された。選挙での応援ぶりを自民党内からも批判され、武部氏は「反省する。厳しく戒める」と弁明に終始。その一方で「裁きを受け、十年かかるか二十年かかるか分からないが、反省して出直してほしい」と堀江被告を激励する。「わが息子、わが弟」の発言には、何やら深い「関係」も秘められていそうだ。】

【中国新聞の見解】
【ライブドア事件の捜査が進む今、仮に買収されていたらと思っただけでゾッとする。プロスポーツと政治は本来、無縁の世界である。昨秋の衆院選で広島6区に立候補、落選した堀江被告に武部氏は「借りがある」との見方もある。買収話に、その6区の後始末が絡んでいたとしたら、政局の具にされたと言ってもいい。】


【後書き】
 平成18年になってまだ2ヶ月も経っていませんが、様々な問題が明らかになっています。中でも自民党とライブドアの癒着が自民党の足場を揺さぶる事態を引き起こしている。

 与党を正すのが野党の役目だと思うのですが、これまで野次るのが野党の仕事!!という印象が強かった。議論するにも、自民党が話している最中に横槍をいれるのが民主党始め野党ですよ。中でもうるさいのが仙谷議員・・・話し聞けよぉ!!ってテレビの前で怒鳴ってしまう^^) そんな民主党の永田議員が何やら重大なネタを披露したようです。

 ライブドア前社長堀江被告が昨年の衆院選に絡んで、武部幹事長の二男に選挙コンサルティング費名目で3000万円振り込むように指示したメールがあるという。確かに、これが事実であれば、武部幹事長の進退にも影響する大事態である。ただ、冷静に考えればフリージャーナリストの情報がどの程度信頼できるか?という話です。

 その点、読売新聞や朝日新聞は、民主党に疑いをかけている立場ですが、毎日新聞は双方の証拠不十分という見解を示して、「武部幹事長は潔白を証明するために民主党に応えるべきだ!!」と述べている。上記した通り、フリージャーナリストの情報でも絶対に正しいと思っている永田議員がまず資料の信憑性を証明するのが先であって、そんな不確かな事実に武部幹事長が応じていたのでは更に混乱を生むだけでしょう。野党の独壇場で批判ありきという考えが先行するから、自らの首を絞めるような事態を生むことにも気付かない。永田議員の会見を見たのですが、明らかに目が泳いでいた。正義のヒーローぶるのもいいですが、所詮野党は野党ということでしょうか。前原代表も永田議員の持ち出した資料に便乗していましたが、民主党も1回ぶっ壊した方が政権を目指す政党への道は近い気がします。

 永田議員が示したメールも、ほとんどが黒塗りされている上にどこの堀江さんが出したか分からない^^; 堀江被告も一応は否定しています(←この人の言うことは信用できません)。武部幹事長が二男の通帳など口座を調べても、指摘される送金の形跡は見られなかったと言っている。口座の入出金明細を示したり、参考人招致をして、更に民主党を追い込むまでもないと思いますが・・・。与謝野経済財政相の発言なのですが・・・前原代表は、以前「自民党が衆院選で堀江被告を支援したこと」についてなぜ、もっと身辺を調べなかったのか!!という批判をしていた。それに対して、小泉氏は「本人が大丈夫というのだから・・・」的な言い訳めいた返答で逃げたことがありました。確かに絶対にない!!と証明することは難しいわけです。信じた方が悪い!!と言ってしまえばそれまでですが、今回の件に関しては、フリージャーナリストの情報を鵜呑みした永田議員に非があるのではないでしょうか?確かな証拠が出せないなら、そういう結論になってしまいます。

 そして、もう一つの疑惑。こちらの方は、武部幹事長が堀江被告に対して「わが息子、わが弟」発言が何を意味していたのか追究されています。どうも送金疑惑と違って、武部幹事長の言い訳がましい発言が目立つようです。武部幹事長は何を勘違いしたのか、ライブドアの広島カープ買収に加担していたように思える。中国新聞は、武部幹事長とネベツネの証言が食い違っていることを指摘しています。さて、どっちが嘘をついているのでしょうね。

 自民党の先鋒的存在の武部幹事長がライブドアと癒着していたとなると、民主党が勢い付いくのも分からなくもない。小泉首相が強弁していたのは政官業の癒着を無くすことではなかったのでしょうか?武部幹事長は、自ら偉大なるイエスマンなんて言う人ですから、勢いだけで賢い人だとは思えない。ライブドアと癒着することで、何か得することでもあったのでしょうか。自民党内でも武部潰しの話はよく聞くだけに、今年一杯で見納めかもしれませんね。

 どうも余計な人が政界に混乱を招いている気がします。国民の代表として選ばれていることにもっと責任感を持って行動してほしいですね。

 最新のニュースを見てみると・・・
【民主、黒塗りメール公表】(産経新聞 2月18日)
 国会は十七日、武部勤自民党幹事長の二男へ三千万円を振り込むよう、ライブドア前社長の堀江貴文被告がメールで指示したとされる「送金メール問題」の真偽をめぐり、自民、民主両党が激しい攻防を展開した。自民党は「立証責任は民主党にある」として、この問題を国会で取り上げた永田寿康氏の懲罰動議も提出。民主党は夜になって野田佳彦国対委員長が急遽(きゅうきょ)記者会見し、メールの写しの公表に踏み切った。

 衆院予算委員会は「金融・ライブドア事件」に関する集中審議を行い、小泉純一郎首相は「事実に基づいた証拠を(民主党が)出してない段階では、ガセネタだと信じてもおかしくない」と述べ、メールの信憑(しんぴょう)性に重ねて疑問を表明。「ガセネタでなければ責任をとるか」と迫る民主党側に対し、「常に責任をとる気持ちで政治運営を行っている」と断言した。

 野田氏は会見で、「メールの存在自体が疑われたので公表に踏み切った」と説明。「国政調査権を発動し(メールの真偽を)調べるべきだ」とも主張し、自信を示した。だが、党が公表したメールの写しは、送信者や受信者の項目など計九カ所が黒く塗りつぶされているうえ、永田氏は、メールは入手した時点で一部黒塗りだったとしている。

 一方、武部氏は党役員連絡会で「二男本人と(二男が経営する)会社のすべての銀行口座について、(通帳が)提供され、第三者によって確認したが、指摘のような事実は見つからなかった」と、改めて“疑惑”を否定した。



【参考資料】
読売新聞
 2006年2月18日社説【疑惑メール 立証責任は永田議員にある】
毎日新聞
 2006年2月18日社説【メールの真偽 うやむやに終わらせるな】
朝日新聞
 2006年2月18日社説【メール疑惑 民主党の信用が問われる】
中国新聞
 2006年2月17日社説【国会とカープ問題 武部・渡辺対決実現せよ 】
スポンサーサイト
05:20 | 政治 | comments (0) | trackbacks (2) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【滋賀園児殺害 理解することの難しさを知る】 | top | 【トリノオリンピック 小野寺歩】#2

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。