--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

社説【トリノオリンピック 改めて感じた母国への想い】

トリノ

【前書き】
 社説でスポーツネタが載ることなんて滅多にないですから嬉しい!!荒川静香さんの金メダルは、もっと嬉しいですがトリノオリンピックはそれがすべてではなかった。今回はトリノオリンピックについて「これだけは言わせて!!」。
 
 
【読売新聞より】
【日本中が、待ちに待った瞬間だった。トリノ五輪で初のメダルが最高の「金」。フィギュアスケートで、荒川静香選手がやってくれた。「おめでとう」。早朝のテレビに、そう語りかけた人も多かったに違いない。「夢をありがとう」とも。】
●「おめでとう」というのは普通だと思うのですが、やっぱり母国を応援している人は続いて「ありがとう」って言ってしまうのでしょうか?私も自然と感動をありがとう!!って言ってしまうのが少し不思議でした^^)

【今大会、メダルの獲得数で、大方の予想が“甘すぎた”ことは否めない。日本オリンピック委員会(JOC)も5個以上は取れそう、と見ていた。だが、フタを開けてみると、いきなりスノーボード・ハーフパイプなどで世界との力の差を見せつけられた。】
●普段からエントリーは社説メインでやってますから、自分の見解が真っ先にくることはない。オリンピックに関しても、マスコミが書き立てることに「あぁなるほど!!」と相槌打っていましたが・・・いざ始まって見ると各競技で、スケールの違いを感じました。【高さ】【速さ】という分かりやすいものから、【技術】という本人の努力次第でカバーできる違いもあったと思う。私が見ただけでも、モーグルやスピードスケートはもう一歩足りなかったですね。そんな中で世界と対等に思えたのが女子カーリングと女子フィギュアでした。成績としては、フィギュアで金メダルを取っていることは確かに凄いと思う。そして、この2種目には日本人向きな繊細さを必要とするだけにここまで盛り上がった気もします。カーリングに関しては、まだまだ伸びるでしょうね。伸びて欲しい!!

【五輪参加の目的はメダルだけではない。とはいえ選手一人ひとりの努力のたまものとして、結果的にメダルがもたらされれば、それに越したことはない。】
●何かと結果で物事を考える人の悪い癖だと思いますよ。カーリングは、予選リーグが9試合あるだけに、オリンピックが始まるまでにルールも知らなかった私でもゆっくり学んでいける時間があった。フィギュアに関しては、荒川が金メダル、村主や安藤の活躍により多くの特集が組まれている。ソルトレークオリンピックで採点員に圧力がかけられ、公平な採点が行われなかった問題があり、トリノオリンピックでは採点基準が変更されている。背景には、単に華麗な演技という一言では言い尽くせない努力があるわけで、メダルが金色だったからおめでとう!!と簡単に評価するのはおかしいと思う。話題性重視のメディアにとっては、金メダル獲得が何より嬉しい広告塔になったでしょうねぇ。それに、早速スポンサーがどうだとか金勘定してるところもあるし、何だか感動が薄れる話は好きではないですね。

【日本勢の苦戦が続いていた大会半ば、国民スポーツを所管する小坂憲次・文部科学相が、こう言った。「氷が夏でも張れる常設リンク、スキー競技などの多額の海外遠征費用……。国が支援するということも考えて、みんなでメダルをとりにいく体制ができれば」スポーツ振興基本計画に基づき、政府は5年前から、五輪選手の合宿、コーチ費用を含む強化事業費を充実させるなどのメダル獲得作戦に乗り出している。】
●冬季オリンピックは、環境に左右される競技が多いのも確かでしょう。日本で冬と言えば、3ヶ月くらいでしょうか。何度かスノーボードをやったことがあるのですが、シーズンが短くて好きなときに!!というスポーツではないと感じました。ウインタースポーツで活躍するにも、日本で環境を整えるのが難しければ海外遠征するしかない。金銭的な面は勿論あるんですが、トリノオリンピックを見ていて幼い頃から技術を磨いてきた選手の活躍が目立ちました。当然、親族など関係者の理解も必要ですが、一つの夢を描けるようにするためにまずは素晴らしいプレーなどを放送することが大切なのではないでしょうか。そこでの感動が次のオリンピックの活躍に繋がるかもしれない。カーリングの放送に不要論を発した人がいましたが、なんて夢のない人なんだろうって思います(すでに対象となるコラムは削除されているようです)。環境整備の前に選手達の気持ち、意識改革をどう生み出すかだと思います。荒川は金メダルをとりましたが、周囲の支えなしには今回の成績はなかっただろうし、何より本人に闘う気持ちがなければ挫折したたままに終わっていたのかもしれません。

【「荒川選手に続け」と、4年後のバンクーバー大会、さらにその先を目指す選手たちのために、より良い練習環境を提供してもらいたい】
●バンクーバーを口にするのは決して早過ぎることではないと思います。私も何かできないだろうかと思って、カーリング特集でもやってみようかと・・・トリノオリンピックが閉幕したら、始めたいですね。

【産経新聞より】
【次のバンクーバーに向けて、浅田真央選手も控えている。なぜ、日本の女子フィギュアは強くなったのか。本番前に行われた荒川、村主、安藤美姫の三選手による合同会見で、外国人記者の質問に村主選手が英語でわかりやすく答えていた。「練習環境が厳しいなかで、いい選手が出てくると、それに追いつこうとする選手が出てくる。その切磋琢磨(せっさたくま)がエネルギーを生んでいる」天才といわれ続けた荒川選手だが、少女時代からのライバル、村主選手の存在も大きかった。】
●荒川と村主は不仲説があったようですが、オリンピックで共に闘うこともあり、大会前に和解したようです。歳で言えば村主の方が年上だったことは意外でした。20代中盤ともなれば、フィギュア界ではベテランの域。それに若い選手が続くことは嬉しいですね。ライバルとは好敵手と書きます。仲悪いのだけはごめんだなぁ^^; プロフィールを見ていて気付いたのですが、フィギュアの3人娘は全員12月生まれでした。冬季オリンピックだけに・・・関係ないか^^;

【米国の専門誌「スポーツ・イラストレーテッド」は、「スピードスケートの加藤条治と荒川の銅」と予想していた。荒川選手の快挙で、誤差が生じたものの、欧米の専門家が、日本選手団の実力を、冷徹に評価していたことがわかる。もちろん、日本人の体力、気力が衰えたわけではない。夏冬の違いはあるが、二年前のアテネ五輪では、史上最多の三十七個ものメダルを獲得したばかりだ。】
●ここでも言ってますよ。メダルの数で、感動は語れないでしょう。私は、荒川の金メダルがすべてだとは思ってないし、見れる範囲でトリノオリンピックの感動をエントリーしてきた。これからもそうすると思います。

【冬季五輪の史上最多メダル数は、長野五輪の十個だった。その成功体験に酔ったまま、選手の強化、育成を怠ってきたつけを、今払わされていると、考えるしかない】
●そういう事実でもあるのでしょうか。普通に練習していればメダルなんて簡単にとれる!!と思っていたからメダルは取れなかったのでしょうか。モーグルの上村愛子は、採点基準に合わせて3Dエアに力を入れいた。しかし、実際は技術だけじゃなくスピードも要求されるわけで上位で留まれなかった。それはそれでしょうがないと思うけど、怠ったという言葉が努力した選手達まで愚弄してはいないか?スピードスケートの加藤条治は、世界記録保持者で強豪オランダさえ注目する選手だったがメダルには届かなかった。前の選手が転倒して製氷に時間を要したことで緊張が途切れたとも言われる。100分の何秒の争いであって、努力だけでは補えない運命的なものもあると思います。怠慢は怠慢として受け留めるべきですが、メダルの数で評価している時点でおかしな話ですよ。

【毎日新聞より】
【4年前のソルトレークシティー大会ではフィギュアスケートの採点をめぐる審判の疑惑が噴出し、採点方法が大幅に変更された】
●採点基準の変更で分かっていることを書いておきたいです。フィギュアスケートは、これまで芸術と技術に明確な規定を設けていなかったこともあり、採点基準が曖昧だった。トリノオリンピックでは、技術面を見る専門の採点員が規定通りに演技を行っているか録画して確認する念の入れよう。主に【ジャンプ】【ステップ】【スピン】【スパイラル】に大別されて、Lv1~4が付けられる。スピン一つとっても、2回転以上して4パターンの展開を行わないと高評価に繋がらないなど厳しい。荒川もそんな採点基準の変更に戸惑ったことがあった。自分ではスピンを2回転したつもりでも、審判員の目に2回転に満たなかったと映れば評価は低い。荒川流で表現してきたイナバウアーが得点に加算されないこともあり、オリンピック前の大会では封印している。そんな苦労や葛藤が今回の金メダルであって、刻々と変わる採点法とも選手達は闘っているのだと思います。

【フィギュアスケートが五輪に初めて登場したのは1908年のロンドン五輪。まだ冬季五輪が始まる前だ。ウインタースポーツの中でも飛び切りの歴史と人気を持つこの種目の女王は、これまで欧米の選手に占められていた。長い間、「足の短い日本人には不利」と思われていた種目だったが、欧米の選手に引けをとらない均整の取れた荒川選手はじめ、今回の五輪に出場した3人の日本選手の活躍を見ていると、別の感慨も抱いてしまう。】
●荒川は容姿でも世界にひけを取らないし、フィギュアスケートという競技にあっていると思う。一方、村主はミスこそないものの日本人特有の小柄さが演技のスケールも小さくさせたようにも見える。安藤は・・・何か化粧も若さの現れ?ガングロメイクとまではいかなくても、何か間違ったでしょ?と私は思ってしまった。ワダエミさんの衣装も生かせない体型・・・ストレス太りでしょうか???それで4回転に挑戦したんだから大したものですね。マスコミに持ち上げられなくても、自尊心を持って活躍できる環境を与えてあげたかったとは思います。

【朝日新聞より】
【いまトップクラスの選手は外国人コーチから指導を受け、振り付けも外国人に依頼するのが当たり前になっている。荒川選手のように練習拠点まで外国に移してしまう例も珍しくない。欧米のスタイルを丸ごとのみ込み、その中で日本人の個性を磨いていく。日本連盟がそうした方針を固め、支える態勢を作っている。世界の一流と同じ環境で育てば、自然と全体のレベルもあがる。】
●どのスポーツでも言えることですが、世界の広さを考えれば国内でトップクラスが果たして世界でどれくらいの力があるのか気になるところ。日本の国技である相撲は、今や朝青龍や琴欧州など海外の力士が活躍していることを考えれば日本だけで満足していてはいけないと感じる。サッカーはヨーロッパで、野球は米国でスポーツの最先端の技術を身に付けて、今度は日本代表として大舞台に立つ。今年は特に日本代表を応援する機会が増えるわけで、私の愛国心も更に強まる想いですね。その勢いで【日本代表】というカテゴリーを増やしてみました^^) これからは時事ネタだけでなく、スポーツネタもエントリーを増やしたいですね。

【指導者が過去の実績に甘んじ、最新の技術やトレーニングを採り入れることに鈍感になっていることはないだろうか。若手が伸び悩むノルディックはさらに深刻だ。ルール変更は痛手だったが、もう過去の話だ。企業の支援の先細りも、嘆くだけでは解決しない。再建は被害者意識を捨て去るところから始まる。】
●被害者意識ねぇ・・・採点基準の変更でメダルがとれなかったというのは言い訳でしかないでしょう。前の採点法で涙をのんだ選手がいるわけで、自己中心的では成り立つはずもない。特にジャンプでは日の丸飛行隊という言葉があっただけに、その記憶のままに競技を見ているとトリノオリンピックでは何て弱いんだぁって思ってしまうかもしれませんね。各競技で採点基準などの変更がありますが、見ている側もルールを覚えるだけで更に応援に熱が入るし、記憶をリセットすれば幅広い活躍を目の当たりにすることができると思います。


【後書き】
 スポーツネタでは、それほど高度な知識も必要ないので私なりに物申してみました。でも、メダル獲得がなければ社説をとりあげることもなかったのかなぁと思うと少し寂しい気がする。結果も大事だろうけど、それ以上の感動を汲み取ってあげるのが応援する側の役目のような気もします。26日でトリノオリンピックは閉幕します。時差があるからLIVEでの観戦は難しかったけど、密着してみると色々背景にあるものが見えてきて各種スポーツの楽しみに触れることができました。これからも私は日本代表を応援していきます!!


【参考資料】
読売新聞
 2006年2月25日社説【荒川「金」 強い選手をどう育てていくか】
産経新聞
 2006年2月25日主張【荒川選手「金」 切磋琢磨が生んだ栄冠だ】
毎日新聞
 2006年2月25日社説【荒川選手金メダル 感動と勇気をありがとう】
朝日新聞
 2006年2月25日社説【荒川選手 流麗な舞に魅せられた】
スポンサーサイト
02:20 | スポーツ | comments (2) | trackbacks (2) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【柏原崇 なんばしよっとぉ!!】 | top | 【WBC壮行試合 日本代表×12球団選抜】

Comments

# 感動の裏で…
やらかしてくれましたよ。
えぬえいちけいが…
TBさせていただきました。
by: super_x | 2006/02/26 12:31 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは。
super_xさま☆

 デモとかおこして他国の国旗を燃やしたりする神経ってよく分からないんですよね。そんなに国旗に敏感になる必要があるのか?NHKも【日本放送協会】って語ってるなら国旗をまとった荒川の姿に名誉を感じなきゃいけないと思いますよ。貴重な情報ありがとうございました。
by: 無名 | 2006/02/26 14:04 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。