--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Tue.

【国際親善試合 日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ】

 ベストファーレンスタジアム・・・次、日本代表がこのピッチに立つのはブラジル戦ですからね。何となくそれだけでも緊迫感があります。ボスニア・ヘルツェゴビナは、「スペインなど強豪を苦しめた」と言われる。どういうプレースタイルなのか楽しみですね。海外組みを召集した数少ない機会としても、重要な試合になる。仮想クロアチアとも言わてますが、目の前の相手に勝ってワールドカップへ勢いをつけて欲しいですね。スタメンと控えは以下の通りです。

GK 23 川口 能活
DF 5 宮本 恒靖
DF 14 三都主 アレサンドロ
DF 22 中澤 佑二
DF 21 加地 亮
MF 15 福西 崇史
MF 7 中田 英寿
MF 10 中村 俊輔
MF 8 小笠原 満男
FW 9 久保 竜彦
FW 32 高原 直泰

GK 41 下田 崇
GK 42 都築 龍太
DF 2 田中 誠
DF 6 中田 浩二
DF 20 坪井 慶介
DF 31 駒野 友一
DF 24 茂庭 照幸
MF 29 稲本 潤一
MF 18 小野 伸二
MF 4 遠藤 保仁
MF 34 松井 大輔
FW 13 柳沢 敦
FW 16 大黒 将志
 
 
【前半41分】
 中村→福西。中村のパスに、すぅ~と抜け出した福西だったが、ループシュートを狙ったのかキーパーをかわすことができずにチャンスを逃す。
【前半44分】
 中村→高原。コーナーキックにフリーの高原がヘディングで。いい時間に決めたねぇ!!

【前半の感想】
 ボスニア・ヘルツェコビナのチェックの早さが目立ちました。中盤は中々繋げなかったし、サイドから攻めてもセンターリングはきっちりディフェンスされてましたね。それで9番バルバレスを基点にトリックプレーもあり・・・まぁ褒めるのはこの辺にして。日本は、中田や中村のキープの強さ、ロングパスからの惜しいチャンスが見応えありました。セットプレーからの数少ないチャンスを生かせてよかったんですが、このまま逃げ切れるとは思わない。6人まで交代できるから、小野や大黒が見てみたいですね。

【後半2分】
 ベシュリヤ→グルイッチ。高速パスにドンピシャのヘディングはゴールの外。日本ディフェンスは、まるでついていけず・・・。
【後半6分】
 小笠原→宮本。フリーキックに宮本がアウトサイドであわせるがキーパーの目の前。
【後半10分】
 バルバレスがペナルティエリア内でこける。あきらかにシュミレーションですがPK。ミシモビッチが
【後半14分】
 中村→高原。的確なフリーキックから高原のヘディングシュートはキーパーの前。惜しい!!
【後半21分】
 三都主のオブストラクションでイエローカード。パパッツのフリーキックからバルバレスがあわせて川口がこぼしたところをスパヒッチが
【後半24分】
 福西→稲本、小笠原→小野へ交代。
【後半26分】
 久保→柳本へ交代。
【後半27分】
 グルイッチ→バルバレス。またフリーからヘディングシュートはミートしない。ん~こんなディフェンスじゃ勝てないでしょう。
【後半36分】
 高原→大黒へ交代。
【後半50分】
 中村→中田。完全に負けたと思ったロスタイムに中田のヘディングシュート!!

【後半の感想】
 後半は面白かった!!早い時間帯で攻め込まれて、バルバレスにPKをとられる。あの倒れ方も巧妙で、卑怯とも言えないプレーでしたね。日本もこんな貪欲なプレーが欲しいんですが・・・。中澤が後から追うかたちになっていたから、完全にゴール前に切り込まれているのが分かる。その後もダイレクトパスに日本は翻弄されて、何度もフリーでヘディングシュートさせていた。もし、全部決められていたら5失点くらいしてたんじゃないか?というくらいフリーにさせてましたね。勢いづくボスニアの選手に日本は気負いしているプレーも目立ちました。最後、中田の珍しいヘディングシュートで同点にしたものの、後半の内容は完全に負けていた気がします。

 ヨーロッパの試合はほとんど見たことないので、会場全体が地鳴りのように激しい歓声には驚きでしたね。花火というより、銃声のようは爆音も何度も響いていたし、応援にしろプレーにしろスケールの違いを見せ付けられた試合でした。学ぶべきことは多かったでしょうね。ワールドカップに出場しないボスニア・ヘルツェゴビナに対してこの試合だから、日本の穏やかなプレースタイルでは世界を勝ち進むのは難しいのかなぁ。中村のパス、高原のヘディングなど良い面もありましたが日本のディフェンスラインが相手の攻撃についていってなかったのが大きな課題だと思います。やりたい放題されてましたからね。本番なら勝ち点1ですが、決して喜べない試合内容でした。

 P.S. 
 私の見間違いかもしれませんが・・・「2006年日本のスケジュール」として、今年に入ってからの勝敗表が表示されることがあるんですが、「○2-3アメリカ」「●2-0フィンランド」「○6-0インド」って表示されていたような・・・。ちなみにインド戦の時点でも前の2戦の表示は同じだったので「●2-3アメリカ」「○2-0フィンランド」が正しいのでは?って気付いていたのですが、未だに訂正されていませんでしたね。勘違いでしたらごめんなさい。
スポンサーサイト
23:48 | B級 | comments (4) | trackbacks (37) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【永田議員の自爆劇で自民党を持ち上げるな!!】 | top | 社説【たばこ包囲網 私としては賛成ですが・・・】

Comments

# TBありがとうございます
後半、逆転されてからは試合内容がだらだらしてきて、眠くなってしまいました。爆音のたびに目が覚めましたが。
by: くろ | 2006/03/01 01:01 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
くろさま☆

 まぁあの攻められようでは、眠たくなるのもしょうがないですね。私は、いつ失点するかドキドキでしたけど。それにしてもヨーロッパの応援はウルサイですねぇ。威嚇射撃?かと思ってしまう^^)
by: 無名 | 2006/03/01 01:18 | URL [編集] | page top↑
# TBありがとうございます
TBありがとうございます。

強化試合としてはいい相手でしたね。
ただ下手に引き分けてしまうよりは負けてしまった方が課題を残す意味では良かった気もします。
とはいえ最後まで諦めない気持ちは見事。
いろいろ課題が残った試合でしたが今後改善されていくことを期待したいです。
by: konu1983 | 2006/03/01 09:14 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
konu1983さま☆

 試合内容としては、完全に負け試合だったと思います。しかし、同点にできたというのも日本代表のレベルが上がっているという証拠でしょうね。国内組みも頑張っていましたが、やっぱり中田と中村を基点とした攻防がメインになっていた。ディフェンダーで海外移籍というのはやっぱり難しいのでしょうか。もちろん体格の問題もありますが、どうも昨日のディフェンスでは勝ち進むのが難しい気がしてしまう。宮本と中澤は欠かせない存在とはいえ、少し頼りなさを感じましたね。三都主に関しては、みなさんがご批判されている通り・・・。
by: 無名 | 2006/03/01 17:22 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/239-9271ab63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ワールドカップでドイツと戦う地となるドルトムントでの試合。みぞれ交じりの天候だった。相手は、仮想クロアチアのボスニア・ヘルツェゴビナ。日本は、中田英、中村、高原の欧州組3人が先発し、4バックで臨んだ。試合は何となく危なっかしい立ち上がり、スペインやセルビ
GK:23 川口能活 DF:21 加地亮、5 宮本恒靖、22 中澤佑二、14 三都主アレサンドロ MF:7 中田英寿、8 小笠原満男、10 中村俊輔、15 福西崇史 FW:9 久保竜彦、32 高原直泰 スタメンに満男と福西が入りましたね。 意外でした。 帰ってきたらもうすでに試合始まって10
2-2の引き分けでした。 久しぶりの海外組の合流。 今日の試合はドイツのドルトムンドでの開催。 ちなみに今日の会場は、ワールドカップのグループリーグ最終戦の対ブラジル戦で使うそうで・・・。 開始早々バルバレスに決定的なピンチを作られてしまう。 これは難を逃れ
今日はボスニア戦!すごい!さすがヒデだね。後半からしか見れなかったけど、はっきり言ってひどい試合でした。FWを高原・久保で組ませる事も疑問だし、4バックにしても攻めに迫力は無いし・・。あのまま負けてたら、なんとも後味の悪い物となる所でした。やはり、FWは柳沢
ジーコジャパンが価値あるドロー 
 やはり、日本代表はヒデと俊輔がいて持っているようなものか・・・・・。  と思ったのが、ロスタイム最後の最後の土壇場で、ヒデがゴールした瞬間、強く感じた。後半開
やってくれました!!小野の100ゴールに続き、また予想(希望)がまた当たっちゃいました!!ヒデのホントに久しぶりのゴールです!!2-2 ボスニア・ヘルツェゴビナ おいらの記憶が正しければ2003年のコンフェデ、ニュージーランド戦以来です。やっぱ、なんだかんだい
 サッカーの国際親善試合、日本代表×ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の試合が、ドイツ・ドルトムントのベストファーレン・シュタディオンで行われた。この試合は、ワールドカップ本番のグループリーグ第3戦で日本がブラジルと戦うスタジアムでもあり、本大会へ向けた絶好の
 ワールドカップ前に海外組が合流できる最初で最後の試合となった、ボスニア・ヘルツ
ロスタイムに中田英のゴールで、なんとかドローにもちこみました。日本代表 2-2 ボスニア・ヘルツェゴビナボスニア・ヘルツェゴビナは思った以上に良いチームでした。ゼロッ
ボスニアは強かったね。 さすがW杯予選でスペイン・セルビアモンテネグロと互角に渡り合っただけのことはある。 前半こそなんとか対等に対していたけど、後半になるとボスニアは本気を出してきて、圧力をかけてきた。 ボールの繋ぎはうまいし、球際の強さも完全に日本を
なんとか引き分けに持ち込みましたねぇ。1点目高原、2点目中田英と、結局海外組が結
ジーコジャパンがドイツで行われた国際親善試合、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦を2-2で引き分けました。この試合はドイツW杯直前合宿までに海外組が問題なく合流できる唯一の試合。それだけに海外組が試される非常に重要な一戦でした。スタメンは今のジーコ監督がベス....
「ほぼクロアチア」のボスニア・ヘルツェゴビナに負けた、と思ったらロスタイムに同点
きっと9割の確率でこのメンバーでワールドカップへ臨むはず。それまで国際Aマッチデーは今日で最後。勝てはしなかったけれど、いい強化試合でした。あんなにボスニアの選手達や、サポーターが盛り上がっているとは。。。さすがスペインに負けないだけあ...
なんとなく帳尻合わせで最後に点取ってああ追いつけて良かったね的な終わり方するんだろうなぁと思ってたら見事にそうなりました。でもな、肝心の内容がひどいから。追いついて満足、
日本vsボスニア・ヘルツェゴビナ戦が行われました。前半に俊輔のコーナーキックから高原が頭で合わせて先制します。後半になって、2失点をしてしまい逆転されてしまいます。負けたと思ったロスタイムに俊輔からのクロスに中田英が頭で合わせ同点にする!....
いつかのチュニジア戦を思い出す見事なダイビングヘッドでした。今回は鼻打ってないっすよね?(笑)ツネさんのロングフィードから敦が落としてそのボールを俊輔が持つ。俊輔のクロスからヒデのダイビングヘッド!!お見事!!さて、他の得点シーンをおさらい....
W杯前に欧州組が合流して調整出来る唯一のチャンスと言われている、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦!天候は最悪の雪が降ってましたね欧州組をスタメンに起用するかと思いきや・・・昨年のコンフェデ仕様の4-4-2でしたね。
ヴェストファーレン・シュタディオンでのBIH戦。アメリカ戦に次いで、本番のシミュレーションになりそうな試合、果たしてどう戦うのでしょうか。雨が降っているみたいですね。重馬場には弱そうな日本、どう戦うのでしょうか。前半。結構ブーイングが大きいですね。BIH
今日行われた日本vsボスニア・ヘルツェゴビナはロスタイムの中田英寿のゴールで「やっとこさ」2-2のドローに持ち込みました・・・。内容は相変わらずグダグダですが、なぜかこういう展開になるのが「ジーコ力」なんでしょうけど・・・。とはいえ、ホント6月の本番が不安
日本代表がボスニア・ヘルツゴビナ代表とW杯でブラジルとの試合の会場でW杯までに海外組みが出場する最後の試合だ前半は緊迫したがロスタイムに高原がゴールし日本が先制する後半はボスニアがPKとFK絡みで2点を取り敗戦の感じだが日本がロスタイムに中田....
■中田が同点ゴールサッカー日本代表はドイツ・ドルトムントで、仮想クロアチアのボスニア・ヘルツェゴビナとテストマッチを行い、ロスタイムに中田が同点ゴール。2-2の引き分けに終わる。ワールド・カップ前としては、海外組が加わった最後のテスト・マッチ。それも本番
しっかり観たのは最後の20分でしたが・・結果は2-2のドローいやぁ・・、負けると思ってました。最後の最後に中田英寿のヘディングゴールで追いつくなんて。本当に強くなったなぁ。日本は。相手はW杯には出ないボスニア・ヘルツェゴビナとはいえ、欧州予選では最....
う~む、引き分けるとは・・・。後半途中くらいから1-2のまま負けると思っていただけに驚いた。俊輔&ヒデは流石ですね。日本2 1(前半)02(後半)2 2 ボスニア・ヘルツェゴビナGK:23 川口能活DF:21 加地亮、5 宮本恒靖、22 中澤佑二、14 三都主
いやぁ、危なかったですね。ギリギリ中田選手のヘッドで同点に追いつきました。日本の得点は、両方ともロスタイムになってからの得点だったのですが、前半はセットプレー(コーナーキック)からいい形での得点でした。やはり、なんだかんだいって頼りになります、高原選手。
(かろうじて)2-2で引き分けです。どちらのゴールも終了間際ということで・・・とはいえ、諦めなかったということでは まずまずの成果ではないでしょうか。もう少しいろ
日本代表のボスニア・ヘルツェゴビナ戦ですが、アメリカ戦以来の真剣な強化試合でした。やはり欧州レベルでの強化試合ができたことが収穫ですね。内容は惨敗も結果として負けなかったことが評価できるのではないでしょうか。前半は合格点でしたが、体力の落ちた後半は相手..
昨日はサッカーの日でした。ドイツワールドカップへ向け!日本代表!と思って、テレビの前で応援。基本的にサッカーはテレビの前で応援です。しかし、なんか昨日は・・・まあ、高原のヘディングシュートは良かった。久しぶりの高原のゴールに感動しましたね。
「新黄金の中盤」って何だ?と解説に突っ込みながら試合に入りました。ほぼW杯本戦前にまともに選手が揃うのは本日を含めて限られていることを考えると・・この4-4-2でいいんかい!という気持ちを持ちながら・・・・・・・雨は有り難いね。基本的に雨は苦手な選手が多
2-2のドローですか?まぁ、最悪の結果は逃れたわけですが、この試合で何か得た物はあったのでしょうか?日本のダメなところはとりあえず出てきましたね。ディフェンスですが、前々からわかっていたのですが、4バックは合わないですね。4バックが合わないのか4バックを
日本は、W杯での仮想クロアチアとして、今回、ボスニア・ヘルツェゴビナと戦い、場所もW杯のドイツで戦うスタジアムと同じで本番を想定したものになった。そこで日本は、欧州組が結集する機会を得て、4-4-2の布陣で試合に臨んだ。
サッカー日本代表VSボスニア・ヘルツェゴビナスコアは2-2のドロー。<日本代表 出場メンバー>GK:23 川口能活DF:21 加地亮、5 宮本恒靖(cap)、22 中澤佑二、14 三都主アレサンドロMF:7 中田英寿、8 小笠原満男→18 小野伸二(後半25分)、10 中...
2.28 ドイツ・ドルトムント ワールドカップで戦う同じ会場で、欧州組を交えての最後のテストマッチを行った。 相手は、仮想「クロアチア」にはもってこいの「ボスニア・ヘルチェゴビナ」。 結果は、2-2の引分け。欧州最終予選で、セルビア・モンテネグロに1分1敗、
サッカー日本代表はドイツW杯会場となるドルトムントでボスニア・ヘルツェゴビナと試
2月28日、ドイツのドルトムントで行われたサッカー国際親善試合で、日本はボスニア・ヘルツェゴビナに2対2の引き分けに終わった。前半は、日本のペースで進み、高原直泰選手のゴールで先制。だが、後半はボスニア・ヘルツェゴビナが攻める展開に。不幸な判定でPKを決められ.
WC前に海外組と国内組を混成させたチームをを作ることの出来る最後のチャンスのボスニア・ヘルツェゴビナ(以下BiH)戦!この国はかつて東欧のブラジルと言われた旧ユーゴを構成していた国のひとつでWC予選でもスペイン、セルビア・モンテネグロを苦しめたチーム選手はEUR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。