--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

【二階経産相 なんばしよっとぉ!!】

二階

【中国首相と会談する二階経産相】(時事通信 2月22日)
 温家宝中国首相(右)と会談する二階俊博経済産業相。東シナ海ガス田開発をめぐる協議を3月上旬に北京で開催することで合意。温首相は小泉首相の靖国参拝に不快感を示したという

 オリンピックで盛り上がっている最中に日中の会談が行われていたとは知りませんでした。二階経産相は中国通だと言われる。いわゆる、親中派ということでしょうか?東シナ海ガス田について局長級協議が再開されるようですが、どうなることでしょう。
 
 
【春暁ガス田、中国が共同開発に難色】(朝日新聞 3月5日)
 日中間で懸案となっている東シナ海のガス田開発問題で、中国の唐家●(タン・チアシュワン)国務委員(副首相級=外交担当)が先月訪中した二階経済産業相に対し、中国が生産準備を進めている春暁(日本名・白樺(しらかば))ガス田の日中共同開発に改めて難色を示していたことがわかった。政府関係者が明らかにした。日本側は同ガス田の共同開発を強く求めており、6日から北京で再開される日中局長級協議は難航が予想される。
 (●は王に施)

 今朝のサンデープロジェクトで二階経産相が出演されていました。田原さんの司会がどうも苦手な私としては、すぐチャンネルを替えてしまいましたが、6日より北京で日中局長級会議が行われるようです。東シナ海ガス田について、関連エントリーは下記。

社説【日中協議 中国の独断に惑わされるな】

 強気な中国側をどう説得するか?が一番の課題でしょう。日中の主張は以下の通り。
日本側>>>「中国の採掘で日本側の資源まで吸い取られてしまう」
中国側>>>「中国が開発している海域は(日本の主張する)中間線より中国側にある」

 中国にとっては資源の話であって、日本にとっては外交の話でしょうね。二階経産相が会談している点でも、日本と経済の繋がりを深めたいという気持ちはあっても外交として絆を強める気はないのではないか。二階経産相がどういう人かは知りませんが、これまで散々会談を拒否してきた中国と会談できるというのは親中派であって、中国にとって話しやすい人であると予測できます。

 外交(政治)に関しては、完全に日中間は冷えきっている。麻生外相の発言にピリピリしてますからね。私は、東シナ海ガス田での共同開発は、どこまで日本が譲歩するか?という話だと思っています。中国が強気に自己主張するのは毎度のことであって、日本側の資源を実際にとっていようと関係ないと思っているでしょう。最早、早い者勝ちですからね。「日中局長級協議が難航する」というより、「とりあえず話し合いには応じています」という中国側の時間稼ぎが見え見えです。

 日本国内でも、スタンスの違いがあると思います。「日中が仲良く共同開発しましょう」という考え方と「日中が対等に共同開発しましょう」という考え方。日本から会談や協議に出向く人というのは、「話をまとめること」が大前提であって、話を拗らせるのが目的ではないのでは?つまり、日本特有の腰の低さで柔軟姿勢を見せて、「もしよろしければ共同開発したいのですが」くらいの弱気なニュアンスが含まれている気がする。麻生外相発言に国内から反発の声があるのも、中国への気遣いからでしょう。

 しかし、資源確保に大慌ての中国へ譲歩姿勢を見せたところで、これが貸しになるわけではない。きっちり、日本の資源を確保するのが大切でしょう。逢沢前外務副大臣の談話を聞いたことがありますが、まろやかな口調で平和的な日本の象徴のような人に見えた。(加えて、永田爆弾でペラペラ自民党の都合の良いことを言っていたのも逢沢さんで、小泉首相の前ではペコペコ頭を下げていたのも逢沢さんで・・・何か印象はよくないですね)。友好と国益というのは、必ずしも並ばないと思います。東シナ海ガス田の鉱物資源を中国に譲る(振りをする)のが果たして日本の国益なのか???

 局長級協議でどこまで深い話をするのか分かりませんが、そもそも中国政府と日本政府のわだかまり(靖国問題等)を引きずっていることが問題でしょう。有利な立場をとるには、混同したい中国政府。日本政府としては、同じくらい強硬に出るしか術はないと思います。白樺の真ん前に採掘施設を建てるとか!!←軍艦が来て、一気に日中戦争勃発でしょうか。私は、どうしても中国の策略にはまっているとしか思えません。卑怯という言葉で中国を非難したところで、東シナ海ガス田の採掘権を放って置いた日本政府にも非がある。

 穏やか過ぎる日本のイメージを払拭するために小泉・麻生・安倍のタカ派が存在すると思っていますが、今の日本には平和を享受したいという気持ちが強くて危機感が足りないと思う。今は余裕があるから譲歩できるだけで、いずれは欲望のぶつかり合いが戦争に拡大するのは確かでしょう。いずれと言わずに、中東では現に戦争(内戦)に発展している。「戦争をしない」という大前提をもとに戦後60年を過ごした日本に改めて突きつけられる人間の欲望ですか・・・話が反れてきたので、またの機会に考えましょう。

 最後に言っておきたいことが一つ。朝日新聞の記事ですが・・・温家宝(ウェン・チアパオ)首相とある。私は「おんかほう」と読んでいますが、朝日新聞が中国語の呼び方で表記しているのは以前からなのでしょうか?これも中国への気遣いでしょうかね。朝日新聞なら遣りかねないことではある。
スポンサーサイト
13:56 | B級 | comments (1) | trackbacks (2) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【亀田興毅 なんばしよっとぉ!!】 | top | 【あなたが選ぶトリノオリンピック!!】

Comments

# 人物名の現地読みは政治性なしでは
朝日新聞が白樺ガス田の表記において中国名の春暁を先に書いて日本名を()の中に閉じこめていることに疑問を抱いている者です。ただ懸念なさっている中国人の名前を中国語の発音のままルビにするのは政治的な配慮とは無縁だと思います。世界的に見るとほとんどの言語は表音文字を使っているので原音とまったく違った音にはならない訳ですが日本は同じ漢字をちがったふうに読むのでこのような問題が生じてしまいます。日本においても原音を尊重するのが国際標準にかなうという考えなのでしょう。この件に関しては妥当な選択ではないでしょうか。日本人の名前を中国語読みにし始めたらレッドカードですが(笑)。
by: 豹悟郎 | 2008/01/25 03:23 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。