--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Fri.

社説【対北制裁措置 締め上げたらどうなるか…考えてるんだよね?】

【前書き】
 ここのところ、すっかり北朝鮮が話題を独占しているので同じような内容の社説が並んでいますね。日本政府は北朝鮮に対する追加の制裁措置を決定したようですが、「これだけは言わせて!!」。
【今回のテーマ】
・(毎日新聞)
【政府が北朝鮮に対する独自の追加制裁を決めた】

【制裁の内容】
・(読売新聞)
【北朝鮮船舶の入港全面禁止、北朝鮮産品の輸入全面禁止、北朝鮮国籍を持つ人の入国の原則禁止が、制裁の柱だ】

【近年の日朝貿易】
・(毎日新聞)
【輸入の全面禁止といっても、日本と北朝鮮の貿易はもともと規模が縮小している。00年に500億円あった輸出入額は05年は半分以下に減っている。】

【米国の動き】
・(読売新聞)
【米国は制裁の柱として、北朝鮮の大量破壊兵器の関連物資・技術の輸入、拡散を封じるため、北朝鮮に入出港する船舶の公海上での臨検を主張している】

【制裁の限界】
(読売新聞)
【海上自衛隊には、警告射撃などで強制的に停船させる権限がない】
 ↓
【周辺事態法の関連法である「船舶検査法」は、日本政府が、日本の平和と安全に重要な影響を与える「周辺事態」と認定した場合に、船舶検査活動に参加できるとしている】
 ↓
【今後、情勢が緊迫し、周辺事態と認定した場合でも、強制力のない日本の船舶検査活動に、北朝鮮船舶が抵抗なく応じるとは考えにくい】
 ↓
【こうした状況の下では、臨検に参加する各国への後方支援として海自による給油活動も検討する必要があるのではないか。その場合でも、新たな立法措置を講じなければならない。】
 
【最後に一言】
・(読売新聞)
【北朝鮮の核実験により最も深刻な脅威にさらされるのは日本だ】


【後書き】
 やはり認識の甘さなのかなぁ。私には、読売新聞社説の一言目(上記の【最後の一言】)を読んで、「そうなのかなぁ」と疑問に思ってしまった。テレビをつければリアルタイムで北朝鮮に関する情報が飛び込んでくる。今朝もやってましたね。何やら、金正日は世界から食材を取り寄せては、贅沢な食生活を送っていたとか。日本では、マグロや名古屋コーチンなど。今後、貿易は凍結状態だろうから、大好物が食べれなくてダイエットになるんじゃないでしょうか。

 国連憲章第7章には以下の通り示されている。
 第41条 (非軍事的措置)…経済制裁、臨検
 第42条 (軍事的措置) …武力制裁

 
 ここに示されている臨検について読売新聞が説明している通り、日本が独自の制裁措置として盛り込むことはできません。日本の法律がいかに生温いかわよく分かりますね。結局、各国の臨検を後方支援することになると思いますが、そこで集団的自衛権に抵触する話が出てくる。ちなみに自民党は法整備に積極的のようですが、公明党は後方支援に反対するでしょうね。自公連立なんて選挙を効率よく乗り越えるためのものであって、実際は食い違う議論は多い。まぁ、それはまた今度話しましょう。

 今後、北朝鮮が孤立化することになるでしょう。贅沢品は勿論のこと、貢ぎ物も金正日のもとには届かなくなる。つまりは、北朝鮮の幹部連中を手懐ける材料を失うことになる。ロレックスの時計とか与えて、幹部を統括していたんでしょうね。それができなくなると、金正日政権の土台が揺らぐことになる。今、軍を取り仕切っているのが誰か分かりませんが、金正日の意に反する行動に出ないとも限らない。そうなると、やはり日本は標的に挙げられるのかもしれない。

 戦争狂のブッシュさんは、イラクで痛い目見たこともあり、武力制裁には慎重なんじゃないでしょうか。そもそも、国連憲章に基づく制裁措置は段階的に行われるため、いきなり軍事的措置は行わないという。胡錦濤と盧武鉉による中韓会談が13日行われ、北朝鮮の核実験を容認しないことで一致したものの、臨検を含む武力制裁までは行わないという。つまりは、北朝鮮を見ているポジションの違いでしょうね。まだまだ、中韓は北朝鮮に対して柔和政策ともとれる制裁を行うのではないか?こんなことでは、北朝鮮を完全に追い込むことはできないですね。

 日本政府が決定した追加制裁措置の中には、北朝鮮からの輸入を全面禁止とあるが、輸入品の一つに北朝鮮産のウニがあった。回るお寿司屋さんのウニは、実は北朝鮮産だったり^^; 大丈夫、最近はお寿司を食べれるほどリッチじゃないからさ。

 さて、金正日がドMでない限りは、各国からの制裁に苦しむことでしょう。金正日体制崩壊の危機を感じたとき、どうでるか?最後の足掻きなんて面倒なことはせずに、すんなり白旗揚げてくれないかなぁ。余計な犠牲者がでないことを祈るばかりです。


【参考資料】
読売新聞 10月13日社説【北朝鮮制裁 『危機』の先行きに必要な法整備】
毎日新聞 10月13日社説【対北独自制裁 中韓と連携しシリ抜け防げ】
スポンサーサイト
23:46 | 政治 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【安倍首相 なんばしよっとぉ!!】 | top | 社説【安倍政権 能あるタカは(派)爪を隠す】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/269-cb62a17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。