--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Fri.

社説【「核」議論 たまには右側を見てみませんか】

【前書き】
 北朝鮮が核実験を行って数日後。(この勢いで日本、韓国、台湾も核保有国となり東アジアの緊張が高まるのではないか?)そんな米国内での不安感が伝わってきた。今回は、「核」議論について「これだけは言わせて!!」。
【トラックバックしました】
蛙のつぶやき
 
【今回のテーマ】
・(朝日新聞)
【核兵器の保有に関する麻生外相の国会答弁は聞き捨てならない】

【麻生外相発言】
・(朝日新聞)
【「隣の国が(核兵器を)持つとなった時に、一つの考え方としていろいろな議論をしておくのは大事だ」「無知なままいくより、きちんと勉強した上で持たないというのも一つの選択だ」】

【安倍首相発言】
・(産経新聞)
【日本の核保有をめぐる議論に関し、安倍晋三首相は政府はもとより自民党としても正式機関で議論することはないと述べた。首相は同時に「議員個人個人が話すことはある。日本は言論の自由がある」とも語った。】

【岸首相発言】
・(産経新聞)
【昭和34年3月の参院予算委員会で岸信介首相は「政策として核兵器は保有しないが、憲法としては自衛のための最小限の核兵器を持つことは差し支えない」と答弁した。この「自衛上の小型の核兵器」保有は違憲ではないとの政府の立場は今も変わっていない】

【中曽根元首相発言】
・(産経新聞)
【世界平和研究所(会長・中曽根康弘元首相)が9月にまとめた提言で、「非核保有国としての立場を堅持し、NPT(核拡散防止条約)体制の強化に努めるとともに、将来の国際社会の大変動に備え、核問題の検討を行う」とした】

【各紙の見解】
・(朝日新聞)
【世界が知恵を絞っている時に、政府与党から方向違いのメッセージが出され、誤解を招くのは迷惑だ】
・(産経新聞)
【核に関する論議をあまりにタブー視しすぎているためではないか。思考停止を続けていては、いつまでも普通の国にはなれない。】


【後書き】
 久々の朝日vs産経です。北朝鮮が核実験を行ったことで、私なりに何度か「日本の核保有」について考えてきましたが、改めて考え直してみましょう。

 安倍さんからタカ派色が抜けたとなれば、麻生さんに期待するしかありません。そもそも、首相の立場上、危ない橋は渡れないというのが安倍さんの心情なのかもしれない。安倍さんは、核保有について「政府で議論することはない」と明言していますが、今回「議員個人個人が話すことはある。日本は言論の自由がある」とも言っていることを産経新聞が取り上げています。つまり、麻生発言や中川発言を黙殺しているわけではないことが分かる。もしかしたら安倍さんは麻生さんらに代弁して欲しいのではないか?とも読み取れますね。

 戦後、日本は左向け左で突き進んできました。そして、今でも左側しか見ることができな朝日新聞のような人たちは多い。誰も一足飛びに「核保有すべき」と言っているわけではない。「核保有の議論をすべき」と言っています。安倍さんのおじにあたる岸信介首相は、一歩踏み込んで「自衛のための最小限の核兵器を持つことは差し支えない」と述べていました。さて、どうすべきでしょう。

 私の考えとしては、やはり「核が生み出すのは危険以外の何ものでもない」です。現実論として、日本が核保有国になる意味は小さいと思う。米国と対等に渡り合うつもりでしょうか。日本にそんな気がなくても、日本の核保有とは「大人の玩具を子供が持つようなもの」に思えてしまう。何より、東アジアの緊張が高まることを米国が望んでいないならば、日米関係に悪影響をもたらすのではないでしょうか。今の日本は米国抜きでは生きていけないでしょう。核保有国である米国、中国、ロシアには日本にないものがたくさんある。「核の抑止力」というのは、単なるオプションに過ぎないと思いますよ。北朝鮮が平然と核を保有している時点で、抑止効果は薄れている。そこで日本が持てば、北朝鮮の暴発を煽ることにもなりかねない。日本にやるべきことは別にあると思う。

 私は、「確を保有すべきではない」と言っているのであって、「核保有の議論をすべきではない」とは言っていません。おおいに議論していいんじゃないでしょうか。日本の立場上、保有しなくても議論するだけで世界中へ緊張を走らせることになる。ただでさえ北朝鮮の核保有が問題になっているときだからこそ、インパクトもありますね。

 さて、朝日新聞は「世界に誤った信号を送るのは、迷惑だ」と言っている。思わず爆笑しましたね。朝日さんは、これまで誤った信号を送ったことはないと言うんですね。それとも棚上げですか?朝日さんの社説を読んで「あんたには言われたくない!!」って思ったのは私だけではないでしょう。朝日新聞購読者は全国700万世帯でしたっけ?おいおい、日本の平和ボケをこれ以上浸透させてどうするよ。核保有への危機感より、朝日新聞が平然と全国紙として存在している方が危ういと思う。

 産経新聞が述べている「目指せ!!普通の国」というのも多少誤解を招きそうですね。このフレーズは読売新聞にも当てはまることがある。日本は右傾化しているというより、「普通の国になろうとしている」と考えるのが正しいと思います。ただ、核保有することが「普通の国」ではない。核保有に関する議論も行えないから、「目指せ!!普通の国」なんですよ。

 ※私は、右翼・左翼のことを「右・左」としてエントリーしています。分かり難い文章ですみません。


【参考資料】
朝日新聞 10月20日社説【「核」論議 外相の答弁は不適切だ】
産経新聞 10月20日主張【「核」論議 もう思考停止はやめよう】
スポンサーサイト
21:04 | 政治 | comments (6) | trackbacks (2) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【唐家セン訪朝 金正日はダイエットに成功していた】 | top | 社説【日米外相会談 金正日政権崩壊は近い?】

Comments

#
 そうですねえ。じゃあ、ちょっとしたゲームを。
 想像してみて下さい。日本はだいたい、ドイツの1.3倍程度の身長を持つ巨人です。
 ドイツ以下の国は日本の半分以下のからひざ元くらいの身長しかありません。
 アメリカはだいたい、日本の2倍以上の身長を持つ大巨人です。
 いいですか、あなたの周りにいるのはあなたの腰より低い、子供たちで、ドイツ君だけが胸くらいの身長があるんです。
 日本は他所の国の経済を踏みつけて殺しかねないくらいの大巨人なのに核武装については丸腰と言える状態な訳です。
 日本が小国というのはマスコミの作った非常に馬鹿げたイメージ操作で、実際の日本はアメリカを除けば危険なくらいの大国です。
 その大国が核を持った小国に脅かされている。
 それを本当の小国、日本の半分以下のヒザくらいしかないような国の集まりであるASEANから見たらどのように見えるでしょう?
 普通に考えればそれは非常に危険な状態で無責任ともいえる状態と判断されるでしょう。
 子供が大人の道具をいじってるどころか、いい年をした大人なのに、いまだに小学生のように振る舞っているというのが今の日本です。
 そして大陸にある中共はASEANの小人たちを武器で脅しながら経済影響力を強化しています。

 アメリカは身長が日本の2倍ありますが、世界を見まわしてアメリカの脅威となり得るだけの技術力――頭の良さを持ってるのは日本だけ。
 ロシアだけが腕っぷしで少々手応えがあるか、という状況です。
 日本とアメリカを合わせると世界の4割の経済を占有する事になります。
 どういう事かというとアメリカ君は日本君を味方につけてるかぎり、世界の半分を握ってる事になるのです。
 日本はアメリカにとって最大の脅威であり、同時に最強の切り札なのです。
 日本がアメリカ以外の国とブロック経済圏を形成すると、アメリカを追い抜く恐れがある。
 これはアメリカにとって最大級の悪夢です。
 だからその点でアメリカの不信感を買うような事は、死にたくなければ絶対に避けなければなりません(笑)。

 だから日米は運命共同体になる事を宿命付けられているのです。
 当然、日本が軍備を強化してアメリカに近づく事はアメリカから見れば脅威です。
 とはいえ、最強の切り札である日本はなんとかキープしておきたいのもアメリカです。
 だから日本が戦略的に核武装をぶち上げて揺さぶりをかけるのは、裏でちゃんとアメリカに話さえ通っていれば、むしろまっとうとさえ言える事です。
 もちろん、実際の核武装はいろいろな制約があるので現実的には不可能ですけどね。
by: kyouji | 2006/10/21 22:12 | URL [編集] | page top↑
#
 kyoujiさん☆コメントありがとうございます。

 今回のエントリーで、日本を子ども扱いしたことには、何かしら異論があるだろうな、とは思っていました。私の中では、過去何度かエントリーしてきた内容だけに、少し内容を省き過ぎましたね。別に日本をなめてるわけではない。核を保有するってことが、日本の選択として似合わない気がしました。他国が抑止力という力を持っているからって、日本もその力にあやからなくっても、別の形で世界でアピールできるのではないか?と思ってます。軍事的な話になると、どうしても武力がモノを言うから、平和路線を突っ走る日本は振りなんですよ。

 私は、まだまだ世界の中での日本の凄みは分かっていません。だから、平気で小国扱いしてしまう。「こんなに凄い」ってことを知れば、また考えが変わるでしょうね。愛国者の皆様、日本を小物扱いしてごめんなさい。

 それにしても、上記の例えは分かり易い説明です。軍事面でリードしている(かに見える)米国にとって、経済面では日本の存在を見逃すことは出来ない。特に金銭面では、日本の存在は大きいでしょうね。日米同盟は、双方の思惑が絡み合って成り立っているってことですね。

 長々とコメント頂けてありがたいです。無知を承知でエントリーしております。また、ご教授いただけると助かります。
by: 無名 | 2006/10/22 00:17 | URL [編集] | page top↑
#
 実は各国のGDPの比較を伸長にたとえるのは、2ちゃんにあったGDPを棒グラフにしているAAがアイディアのベースになってます。w
 数字だとわかりにくいですが、棒グラフでみると笑えるという以上に恐怖さえ感じますね。
 だいたい、アジアの全部の国が日本に敵対しても、孤立しているのは日本ではなくアジアの国の方なのです。
 マスコミはこういう話は絶対にしませんけどね。w
by: kyouji | 2006/10/22 17:45 | URL [編集] | page top↑
#
 kyoujiさん☆コメントありがとうございます。

 日本にいるのにあんまり日本のことに詳しくないという現実を痛感します。やっぱり2ちゃんねるも有効活用すべきですね。今から見に行ってみよう♪
by: 無名 | 2006/10/22 20:29 | URL [編集] | page top↑
#
核だけを特別視すると上記のような例えになりますが、実際の日本の軍事力は、核を持つ英国、仏国、中国よりも強大です。
北朝鮮の核実験を受けて、2011年度とされているミサイル防衛(MD)システム構築も前倒しするようですし、世界有数の軍事国家であることは間違いありません。
日本の軍事力を正確に判断していないのは日本人だけということも知っておくべきですよね。
kyoujiさんの言うように、日本が小国というのはマスコミの作った虚像です。
by: ko-bar-ber | 2006/10/23 21:57 | URL [編集] | page top↑
#
 ko-bar-berさん☆コメントありがとうございます。

 私には、「米国の後ろに隠れている日本」というイメージが強いんですが、完全にマスコミの思う壺みたいですね。
 核に固執した考えも問題と言うことですね。日本にどれだけの軍事力があっても、やけに9条のインパクトが強いので私には霞んで見えている感じです。
 軍事力と言わず、防衛力と言い張る人もいるでしょうね。日本の力を見誤らないようにしたいです。
by: 無名 | 2006/10/24 00:22 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。