--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sat.

【ディープインパクト なんばしよっとぉ!!】

【ディープの禁止薬物問題、投薬ミスの可能性高まる】(読売新聞 10月20日)
競馬の凱旋門賞に出走したディープインパクトから禁止薬物が検出された問題で、原因は投薬ミスの可能性が高いことが分かった。
 気管支拡張剤を処方したパトリック・ラングロワ獣医師が20日、読売新聞の取材に対し、「期限までに治療をやめなかったとしか考えられない」と、原因は投薬ミスである強調した。

 話題のディープインパクトだけに、盛り下がるニュースですね。
 
ディープ

 ディープインパクトは、凱旋門賞に出走するため8月にフランス入りしている。しかし、呼吸器系の不調により、滞在先のタングロワ獣医師から気管支拡張剤を処方された。9月18日(レースの約2週間前)にラングロワさんは、日本の獣医師と一緒に治療薬(イプラトロピウム)を購入。レースの一週間前までに投薬を止めるようにラングロワさんはアドバイスしていたという。しかし、実際にはレース直前まで投薬が続けられていた。

 ラングロワさんは下記の通りコメントを残しています。
「お互い下手な英語で話し合ったため、コミュニケーションを行うのは簡単ではなかったが、十分に理解してもらっていたようだ」

 つまり、日本の獣医師が誤解した可能性は低いということになる。さて、こうなると故意に投薬を続けたということにもなりますが…。イプラトロピウムは、レース時に体内に残留していなければ問題なかっただけに悔やまれます。ちなみに、日本では危険薬物には指定されていません。

 フランス競馬統括機関によると、ディープインパクトの凱旋門賞失格と賞金(3着)22万8600ユーロ(約3400万円)の支払停止、調教師への罰金(最高1万5000ユーロ)という処分が下されるようです。池江調教師のコメントがないので何とも言えませんが、完璧を求めすぎたのでしょうか。

 引退宣言してしまったディープインパクトだけに、天皇賞秋へ出走するか注目されています。ディープ自体には、何の罪もないのになぁ。←でも、タイトルを見る限り、ディープにツッコンでます^^;
スポンサーサイト
00:29 | B級 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【ソニーブランド 日本の看板は泣いている】 | top | 社説【唐家セン訪朝 金正日はダイエットに成功していた】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/286-f22a23df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。