--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sat.

社説【履修逃れ 教育の必要性を見直す機会に】

【前書き】
 勉強は好きでしたね。今でも日々勉強している。知らないことを知る楽しみ…解らないかなぁ。今回は、履修逃れについて「これだけは言わせて!!」。
【トラックバックしました】
蛙のつぶやき
変じゃない?日記
東風吹かばにほひをこせよ梅の花
たびなれ
ある大学教員の日常
日々のおもいつき
日々の出来事

 
【今回のテーマ】
・(読売新聞)
【全国各地の高校で、卒業に必要な必修科目が教えられていなかった。多くは進学校だ。】

【学習指導要領】
・(読売新聞)
【問題になっている地理歴史科は、「世界史」が必修で、併せて「日本史」か「地理」のいずれかを選択履修することになっている】

【原因①】
・(日経新聞)
【入試では世界史必須はほとんどない。大学入試センター試験では文系でも「地理歴史」から1科目選択の大学が主流だ。】
 ↓
・(毎日新聞)
【生徒に、自分の大学入試科目に絞って履修していい、としたためだ】

【原因②】
・(産経新聞)
【小中学校と同様、ゆとり教育を実現するためとして、卒業に必要な単位数が以前の80単位から74単位に減り、必修科目の最低単位数も普通科で38単位から31単位に削減された】
・(朝日新聞)
【公立高校は土曜日が休みになり、授業時間が減った。そのうえ、総合学習の時間が設けられた。】

【学校側の対応】
・(朝日新聞)
【高校側は必修漏れを隠すために、教育委員会に虚偽の報告をしたり、指導要録に手を加えたりしていた】
 ↓
・(産経新聞)
【未履修が発覚した高校では、来春の大学受験を控えた3年生に冬休みを返上させて補習授業を行うことなどが検討されている】

【教育指導要領に対する動き】
・(日経新聞)
【首都圏の教育長協議会は日本史重視の立場から、世界と日本の近現代史を総合的に学ぶ新科目を必修化する案などを打ち出している】

【各紙の見解】
・(朝日新聞)
【高校は指導要領と大学入試の板挟みになり、履修科目をごまかしてでも受験勉強の効率を上げたいと考えたのだろう】
・(産経新聞)
【高校は予備校と違い、社会生活に必要な幅広い知識やマナーを身につけさせる公教育の場である】


【後書き】
 現役高校生の口から「ふざけるな」と罵声が飛ぶのは当り前でしょう。履修不足の学校は40都道府県377校と言われているが、これからも増えていく可能性は高い。問題点はどこにあったのでしょう。

 当然、学校側が一番悪いわけですが、その背景には「ゆとり」を求め過ぎた国の対応がある。ゆとり教育により必修科目などが削減される一方で総合学習などが取り入れられ、学校側としては時間割を組むのに苦労していたと思う。更に週5日制もあったわけで…。「高校生のうちに身につけなければならない知識や技能を学ぶ」という学習指導要領の精神とは相反していることも分かる。

 進学校の高校3年生ともなれば、頭の中は大学入試で一杯になるだろう。入試に関係ない授業に時間を割いてはいられない、という生徒の気持ちもあったかもしれない。そして、学校側としても、生徒がしっかり勉強して大学合格率を上げてくれれば、学校の評価にも繋がり次期入学生も期待できたわけです。つまり、履修不足は学校と生徒の利害一致が引き起こしたとも言えるでしょう。

 履修もれで卒業できないことが発覚した生徒は、本当に迷惑でしょうね。大学受験を終えて、卒業式を遅らせながらもれていた必修教科を詰め込まなければならないんですからね。ただ、今後の政府協議の行方次第では柔軟に対応する道が開かれると思います。既に卒業した人は、履修不足のまま卒業しているわけで、卒業生に「再度授業を受けないと卒業を認めない」なんてことになったら大混乱です。

 学歴は一生付いてくるだけに、名門大学に入ることが今後の人生の明暗を分ける…と考えている人もいるでしょう。そこで勝ち組となって、素晴らしい人生を送った人もたくさんいます。勿論、挫折して転落人生を送る人もいるでしょう。私は、人生を学歴で評価されるのが大嫌いなので、大学には進学しませんでした。それは今でも後悔していない。固執し過ぎると、自分を見失いますよ。

 もう一つの視点として、必修教科を世界史から日本史に代えるべき、という意見があります。これは賛成ですね。世界地図の全体像が分からないのも問題ですが、戦後60年も経った今だからこそできる限り正確な日本の歴史を知っておくべきだと思う。グローバル化も基礎があって成り立つもの。日本を知らずして、世界に目を向けるのは尚早だと思います。

 言うまでもありませんが、ゆとり教育に利点なんてありませんでした。10代の若者に多様性を求めるにしても、何の制約もない社会は存在しません。自由と放埓の違いくらい覚えて社会に出てきてもらわないと日本の将来は危ういですよ。


【参考資料】
読売新聞 10月27日社説【高校「必修」逃れ 受験偏重が招いたルール無視】
朝日新聞 10月27日社説【必修漏れ 生徒にしわ寄せするな】
産経新聞 10月27日主張【履修逃れ 公教育は受験だけでない】
毎日新聞 10月26日社説【架空履修 全国の実態を明らかにせよ】
日経新聞 10月27日社説【履修漏れで問われる指導要領】
スポンサーサイト
11:31 | 社会 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【日本ハム日本一 シンジラレナ~イ byヒルマン監督】 | top | 社説【奈良市病欠職員 これが正しい税金の使い方?】

Comments

#
TBありがとうございました。
実は私も日本史のみで、世界史は習っていません。地方の進学校ではよくある話です。
一応、大卒の学歴はあるのでいいのですが、今から高卒資格を剥奪されたらどうしようなんて、実は不安もありますよ。
by: ko-bar-ber | 2006/10/28 20:45 | URL [編集] | page top↑
#
 ko-bar-berさん☆コメントありがとうございます。

 やはり最近の話じゃないわけですね。高卒資格の剥奪なんてしたら大問題のような気がするから有り得ないと思っていたんですが…。履修逃れの有無で生徒に不公平が生じる点で、現役の高校生は足りない単位を補わなければならないとは思います。ただ、学校側の怠慢が引き起こした問題だから、学校側にペナルティがあったとしても、卒業生まで遡るのはどうかと思いますね。
by: 無名 | 2006/10/29 08:55 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/298-bb518590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。