--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Wed.

社説【ソフトバンクモバイル ユーザーをおとしめることにならなければいいが】

【前書き】
 携帯電話事業へ参入したばかりのソフトバンクは、いきなりつまづいている。更に価格競争の口火を切るように、破格の料金プランを取り入れた。今回は、ソフトバンクモバイルについて「これだけは言わせて!!」。
【トラックバックしました】
かきなぐりプレス
 
【今回のテーマ】
・(読売新聞)
【業界3位のソフトバンクモバイルの事務処理システムが、多数の申し込みに対応できず、契約切り替え業務の停止に追い込まれた】

【トラブルの原因】
・(読売新聞)
【混乱のきっかけは、ソフトバンクが制度開始の前日に、「基本料が要るだけで自社間の通話とメールは通話料がゼロ」という「通話定額制」など、複数の新料金制度を発表したことだ】
 ↓
・(毎日新聞)
【同じ電話番号のまま携帯電話会社を乗り換えられるMNPは、新旧の会社とも手続きが必要となる。このためソフトバンクのトラブルの影響は、NTTドコモやKDDI(au)にも及んだ。】

【番号継続制度(MNP)の経緯】
(日経新聞)
【欧米やアジア諸国ではすでに採用が進んでおり、日本の携帯電話料金が相対的に高いのは、番号が障害となって顧客が固定化されているからだ】
 ↓
【番号継続制度は携帯電話番号を変えずに通信会社を変更できるという仕組みで、総務省が2年前に導入を決めた】

【MNP利用による推移予測】
・(産経新聞)
【MNP制度の導入で、最終的に携帯利用者の1割前後が他社に移動するとの試算もある】

【各紙の見解】
・(毎日新聞)
【ソフトバンクの参入で料金の低下を期待したいが、通信は社会の重要なインフラで、通信会社は利用者からの信頼が欠かせない】


【後書き】
 10月24日より開始されたナンバーポータビリティー制度に合わせて、ソフトバンクモバイルは通話とメールが¥0になる「予想外割」を発表した。その反響は大きかったが、ナンバーポータビリティー制度導入後の週末(10月28日~29日)はソフトバンクモバイルのトラブルにより関係者・ユーザーに多大な迷惑をかけました。

 ソフトバンクのトラブルは、今回が初めてではないですからね。学習能力が足りないとしか思えない。安いだけでトラブルが絶えないのでは、ユーザーからの信頼を失うだけでしょう。特に携帯電話は必需品の一つです。信頼できない携帯電話を積極的に使いたいとは思いませんね。

 加えて問題だったのが、予想外割という料金プラン。「通話とメールが¥0」というのが謳い文句ですが、その内容は非常に分かり難い。公正取引委員会は、ソフトバンクモバイルに対して新料金プランの説明を求めている。「通話料、メール代、¥0」という広告などに景品表示法違反の疑いがかけられたこともあり、ソフトバンク側は広告内容の変更に早急に取り掛かるようです。

 ソフトバンクモバイルに対して、NTTドコモの中村社長は激怒し、次のようにコメントしている。

【0円の表記と、孫社長の名前は大きく書いてあるが、大切な条件が小さく書いてある。ソフトバンクモバイルに移動したが、請求書を見て、こんなはずじゃなかったという人が増えることが心配。こういう出し方はフェアなのかどうか】

 消費者のニーズにあったものを作っていけば、結果的に内容はどんどん細分化されているのは当り前で、携帯電話の料金プランも幾つもあって分かり辛いとは思う。そんなユーザーの気持ちを知ってか知らずか、説明書きを小さくしたソフトバンクのやり口は余りいただけないですね。

 それでは、読売新聞を参考にしながら各社の比較をしてみましょう。

【ユーザーのニーズ】
 つながりやすさを重視する人⇒【DoCoMo】
 携帯電話で音楽を楽しみたい人⇒【au】
 家族や友人と揃って入りたい人⇒【SoftBank】
 色々な電話機を楽しみたい人⇒【willcom】

【料金プラン】 
 ①社名②主なプラン名③特徴④月額基本料⑤他社への通話料(30秒あたり)⑥メール

①NTTドコモ
②タイプL
③1日8分以上かける人向け
④1万80円(最大300分の無料通話分含む)
⑤10.5円
⑥プラントは別に、各種定額料を設定

①KDDI
②プランL
③頻繁にかける人向け
④9975円(最大262分の無料通話分含む)
⑤12.6円
⑥プラントは別に、各種定額料を設定

①ソフトバンクモバイル
②ゴールドプラン
③契約者同士の通話が原則無料に
④9600円(来年1月15日までに加入すれば2880円)
⑤21円
⑥契約者同士は無料。他社へは有料

①ウィルコム
②ウィルコム定額プラン
③契約者同士だけでなく他社のPHSへの通話も無料に
④2900円
⑤PHS間は連続2時間45分まで通話無料。超過すると10.5円
⑥無料

【基地局】
 つながりやすさとして目安になるのが基地局の数です。つながりやすさを示す尺度として「携帯利用可能地域の人口が、総人口の何%にあたるか示した「人口カバー率」という指数が使われます。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは、3社とも99%を超えていますが、計算方法はいい加減なものです。人口カバー率は、各市町村の役所で携帯電話が通じれば、その市町村の全住民が利用できるとみないている。当然、圏外の場所が含まれていても人口カバー率に加算されているわけです。

 各社の基地局数としては、以下の通り。
【NTTドコモ】 3万7400局(周波数 2ギガヘルツ) ※通じにくい地域があれば知らせるように新聞広告で呼びかけている
【KDDI】 1万9000局(周波数 800メガヘルツ) ※電波の特質により、屋内でもつながりやすい
【ソフトバンクモバイル】 2007年3月までに4万6000局(周波数 2ギガヘルツ)

 注意すべきところは周波数です。高い周波数の電波はビルなどの障害物の裏側に回りこみにくい性質がある。

【電話の利用頻度】
 ソフトバンクモバイルのゴールドプランは、通話とメールが原則¥0になる。ただ、電話が込み合う午後9時かから午前0時59分までの通話料無料は3時間20分まで。超過分は30秒あたり21円の追加料が発生することは見逃せない。つまり、制約を受ける時間帯にしか電話しないユーザーであれば、1日あたり7分弱しか無料にならない計算となる。それに、ソフトバンクモバイルの「通話とメール、¥0」というのは契約者同士の話であって、電話をかける相手が他社機種であれば割高の通話料を払うことも考慮しなければならない。

【解約料】
 長期利用を契約時に約束していれば、割り引かれるサービスがある。当然、そのサービスを解約すれば解約料が発生します。一年契約としては、NTTドコモの「新いちねん割引」、KDDIの「年割」で3150円。2年契約としては、KDDIの「MY割」で9975円。ソフトバンクの場合、ゴールドプラン加入時に携帯電話機を割賦で購入する「新スーパーボーナス」に同時加入しなければならない。新スーパーボーナスは、携帯電話機の2年間割賦購入となるが、電話機本体の代金はソフトバンクが補てんするので無料となる。ただ、割賦途中で解約した場合は残金の全額を支払うことになる。例として、携帯電話と多機能携帯電話端末(携帯情報端末機能融合)を購入後すぐに解約すれば、7万1280円支払わなければならない。

 
 まとめると上記のような感じでしょうか。ソフトバンクは一見安そうに見えますが、基本料2880円以外の電話機本体・通話料・メールを無料にするにはそれなりの条件があります。

 まず、基本料金を2880円にするには、2006年10月26日~2007年1月15日までにゴールドプランに契約しなければなりません。その期間は、「ソフトバンク大創業祭キャンペーン」となり、ゴールドプラン契約で基本料金が70%OFF(基本料金9600円×70%=6720円割引)となります。電話機本体の無料化は【解約料】で述べたとおりです。電話が無料になるのは【電話の利用頻度】で述べた通り、時間帯に制約がある上、他社への通話とメールには料金が加算されます。

 更に忘れてならないのが、新スーパーボーナス加入時に「スーパー安心パック」と「スーパー便利パック」が自動適用されること。スーパー安心パック(故障時の対応等)は最大3ヶ月無料、スーパー便利パック(留守番電話サービス等)は最大4ヶ月無料になっているが、自ら解約しないと無料期間終了後にサービス料が加算され、基本料金が月額5000円程度に跳ね上がります。

 もちろん、これだけではなく他にも多くの落し穴?が隠されているソフトバンクモバイルには要注意ですよ。こんなにややこしいと、携帯電話をソフトバンクに替えたいとは思いませんね。まともに契約書も見なかったら、契約後に驚きの請求書を見るはめにならないとも限らない。


【参考資料】
読売新聞 10月31日社説【ソフトバンク 社内も混乱させた『極秘作戦』】
産経新聞 10月31日主張【番号継続トラブル 通信事業の責務忘れるな】
毎日新聞 10月31日社説【番号移行混乱 これも「予想外」だったのか】
日経新聞 10月31日社説【番号継続制の信頼損ねたソフトバンク】
スポンサーサイト
21:26 | 社会 | comments (2) | trackbacks (4) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【6か国協議再開 米朝が一歩ずつ譲歩しただけ】 | top | 社説【造反組復党 郵政民営化に大義があったのか?】

Comments

# 解約後も「予想外?」顧客情報の漏洩で、硬化するソフトバンクの顧客サービス
12月4日。ソフトバンクモバイルの代理店、ソフトバンク平尾駅前店にて解約手続きをする際、友人の契約者本人不在の為、委任状にて店頭の委任状することになった、Aさん。店員の説明に従い、残った10月、11月、12月の代金の清算に対し、今後の支払いを本人が委託した代理人に委託する手続きとして、ソフトバンクモバイル(株)の用意した、本人と代理人による署名一枚の委任状を提出した。その際、Aさんは、すでに請求金額が明らかになった10月分を現金にて支払うつもりであったが、「銀行口座からの自動引き落としにより「二重請求」にならない様に、書面による請求確認後にお支払い下さい」と言われた。すでに友人から、相当の現金を預かっていたAさんは、出来れば全て支払いたかったが、請求後に支払うことにした。後日、12月21日に再び店頭に訪れた
Aさんは、10、11月分を支払おうと
窓口に行くと、店員による身分証の確認の後、本人と契約者の名前が違う事がわかった。しかも、書いたはずの委任状の記録がなく、さらに本人以外の人間による支払いの際には、毎回一通
の委任状が必要というではないか。この説明の食い違いに納得がいかなかったAさんは、まず支払いを委託された友人が海外に帰国したこと、その友人の住所、生年月日などを把握している旨
を伝え、さらに委任状は一回のみ必要
と誤解を与える説明を受けた状況を説明した。それでも、店員は「個人情報保護法につき、その様な要望はお受けできません、当方は法律を厳守します」の一点張り。一時間に及ぶ口論の末、ようやく「今回だけ特別に」としぶしぶ二ヶ月分の支払いを認めた。しかし、まだ12月分の支払いが残っている事を告げると、今度は「個人情報保護法の為、本人署名の委任状または、請求書の正確な金額がないと絶対支払えません!」と再び硬化した回答となった。その際、委任状の筆跡確認まではしないので、そこにサインすれば良いと言われた。しかし、それでは公文書偽造になってしまう。本人も引っ越した後なので、請求書も届かない。困ったAさんは、ソフトバンクモバイル(株)コールセンターに相談。すると、契約者本人を確認できる住所、生年月日、銀行口座支店名がわかれば良いという。次の日、データを用意したAさんの所へ、コールセンターから電話があり、銀行口座支店名はいらないが、契約時に記載された連絡先電話番号がわからなければ、だめだという。
「そこまでは、わからない」と回答すると、それでは無理です。との冷ややかな返答。やはり、請求書か委任状がないとだめだという。それではと、Aさんは「海外に言った友人に直接電話をして下さい」というと、「そんなことは出来ません」との返事。責任者と話をしたいと言えば、「それは、出来ません」と言う。まじめに料金を支払うといっている顧客にあんまりの返答ではないか。さらには、「契約者の転居届けを代理人の住所に移すのが最善です」とのコメント。再び、公文書偽造の勧め。こうなると、個人情報保護法=企業保護法に聞こえてくる。皆さん、ソフトバンクとの契約に関しては、慎重になったほうが良いと思われます。
by: 都府楼太郎 | 2006/12/24 02:09 | URL [編集] | page top↑
#
 都府楼太郎さま☆コメントありがとうございます。

 今、ソフトバンクはイメージアップに邁進していることでしょう。しかし、一度失った信頼(そもそも信頼なんてないか^^)は簡単に取り戻すことはできない。孫さん自体、「携帯電話事情は初めてなので」なんて幼稚な言い訳を並べる暇があったら、もっと頭を使うべきだった。金さえあれば何でもできるという拝金主義の弊害ですね。
by: 無名 | 2006/12/24 03:09 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/303-09450d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ロケットスタートこそが大命題だったはずだったソフトバンクの0円戦略は、走り出して3歩目ぐらいでこけてしまった感じだ。時間が経てばたつほど孫社長のペテン師商法が暴かれることとなり、ケータイ事業に暗雲が立ち込めてきた。公取委から詐欺まがい商法の実態調査が入った
 週末の契約処理のトラブルで大バッシングを受けたソフトバンクモバイルですが、今度は「ゴールドプラン」をめぐって公正取引委員会の調査が入ったそうです。  「通話料、メール代0円」などとうたった携帯電話の新
ソフトバンクモバイルソフトバンクモバイル(英文名称:SOFTBANK MOBILE Corp.、ブランド名:SoftBank)は、携帯電話事業を展開するソフトバンクグループの株式会社。概要*世界中に拠点を持つ携帯電話事業会社であるボーダフォンの日本法人であったが、ソ
スーパー安心パックスーパー安心パック(-あんしん-)とは、ソフトバンクモバイルの有料オプションサービス。2006年10月23日(番号ポータビリティ|MNP導入前日)にゴールドプラン・オレンジ/ブループランと同時に発表された、新規導入のアフターサービスの名称。各プランと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。