--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

社説【道路特定財源 道路建設より大切なことがある】

【前書き】
 揮発油税というものが何か分かっている人はどれくらいいるのでしょう。消費税は、モノを買えば5%とられると分かっていても揮発油税がどこで課税されているのか知らない人はいるような気もします。今回は、道路特定財源について「これだけは言わせて!!」。
 
【朝日新聞より】
【今回のテーマ】
【ガソリン税など「道路特定財源」の使い道を大きく広げる一般財源化は、来年度予算の編成をめぐる焦点の一つだ】

【朝日新聞の見解】
【私たちは、国と地方あわせて5兆8千億円に達する道路特定財源を、最終的にはどんな使い方もできる一般財源にすべきだ、と主張してきた】

【自動車関連税】
【自動車関連税の水準は、長年にわたり「暫定税率」の名目で本来の約2倍に設定されてきた】
 ↓
【マイカーの持ち主でつくる日本自動車連盟などは「一般財源にするなら引き下げが筋だ」と主張し、880万人の署名を集めた】

【余剰金】
【道路特定財源は07年度で5千億~7千億円も余る見通しだ。見直しの好機を逸し、分捕り合戦を許すようでは、安倍首相の敗北である。】

【一般財源化への動き】
【政府・与党は昨年暮れ、一般財源化をめざすことで合意したが、具体策は先送りされた】
 ↓
【既得権を守りたい族議員と官僚は、「道路の整備以外に使うのは納税者を欺くことだ」とする自動車・石油業界と二人三脚で巻き返しに出ている】
【国交省は今後10年間で道路整備費に58兆円がかかるとして、特定財源を死守する構えだ】


【後書き】
 揮発油税とは、ガソリンにかかる税金のことです。正確には、揮発油税と地方道路税をまとめてガソリン税と言われる。

 まずは、税率の内容を見ていきましょう。揮発油税法上1キロリットルあたり24,300円ですが、租税特別措置法の規定により1993年12月1日~2008年3月31日までは倍額かかります。つまり、1キロリットルあたり48,600円となり、1リットルあたり48.6円になります。同様に、地方道路税は1リットルあたり5.2円課税されます。消費税が従価税であるのに対して、ガソリン税は従量税であるところがポイントですね。

 これを踏まえて、ガソリンの値段を考えて見ましょう。私の近所では、レギュラー1リットルあたり128円くらいでしょうか。10リットル入れたとして、支払う値段は(10リットル×@128×105%=1,344円)ですね。その内訳は以下の通り。

揮発油税…622.08円
地方道路税…66.56円
 (ガソリン税合計…688.64円)
消費税…64円
ガソリン本体…591.36円
 (ガソリン代合計…1,344円)

 ガソリン本体の価格だけみれば、1リットルあたり約59円です。安いですね。そして、もう一つ気付くことは、ガソリン税がかかっているにも関わらず、消費税も課税されていること。上記で説明した通り、従価税(価格に対して)と従量税(量に対して)で計算方法こそ違いますが、2重課税であることに変わりないでしょう。余談ですが、従量税だと原油価格の高騰には影響しません。もし、ガソリン税が従価税だったら、更にガソリン代は高くなっていたわけですね。

 次に読売新聞を参考にして、2006年度の道路特定財源を見ていきましょう。

【歳入】
揮発油税…2兆9573億円
自動車重量税…5712億円
石油ガス税…143億円
 (国の財源合計…3兆5428億円)
軽油引取税…1兆620億円
自動車取得税…4742億円
地方道路譲与税…3110億円
自動車従量譲与税…3707億円
石油ガス譲与税…142億円
 (地方の財源合計…2兆2321億円)

【歳出】
全国の道路整備等…2兆8866億円
旧本四公団債務の返済…4522億円 ※2007年度から余剰金
まちづくり交付金一般財源化…2040億円 ※2007年度から余剰金
 (国の財源合計…3兆5428億円)
地方の道路整備等…2兆2321億円
 (地方の財源合計…2兆2321億円)

 2つ指摘しておきたいです。道路特定財源の51.2%は、揮発油税で賄っていること。後は、2007年度から「旧本四公団債務の返済」「まちづくり交付金一般財源化」の約7000億円が余剰金になること。

 揮発油税なしに道路は作れないということですね。当然、道路族の議員さんたちからすれば、絶対にガソリン税の一般財源化は避けたいでしょう。「金のあるところに悪代官(役人)集まる」なんてことわざはありませんが、既得権益に目が眩んでいる人が痛い思いをしてくれるのなら、どんどん解体してほしいですね。安倍政権の力量が試されます。
 

【参考資料】
朝日新聞 11月5日社説【道路財源 政権の真価が問われる】
スポンサーサイト
14:24 | 政治 | comments (4) | trackbacks (1) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【拉致工作員 …と言わず、金正日を国際手配しよう】 | top | 社説【医療情報公開 病院へ安心して行きたい】

Comments

#
なぜ自動車を利用する人だけが、他人よりも多くの税を納めなくてはならないのでしょうか。
道路を作るという目的が達成された以上は、特定財源は中止すべきだと思います。
代わりに「自動車は環境を悪化させるから」との理由で「環境税」でも新設してくれたほうが、税を納める側から見れば納得できます。
財政難との理由から、何でもかんでも増税が許されては困りますね。
私からもTBさせていただきました。
by: ko-bar-ber | 2006/11/06 20:46 | URL [編集] | page top↑
#
 ko-bar-berさん☆コメントありがとうございます。

 「納税の義務」なんて掲げられていたら、税金を納めないといけないものだと誰もが思っている。しかし、納められた税金で勝手に道路やら箱物を作っている。もう少し、国民が納得いく使い道をしてもらわないと困りますね。国民の視点に立たずに、見下ろしたような立場から考えるから無駄なことばかりに金を使いたがるんでしょうね。
by: 無名 | 2006/11/06 22:08 | URL [編集] | page top↑
#
道路特定財源は、もともとは田中角栄の打ち出の小槌だった訳です。彼は建設族のドンで、旧建設省の役人の心を掴むのも上手かった。今太閤ってのは人たらしという点で中っているでしょう。

こういう既得権は麻薬と同じで、一度嵌ると手放せません。問題の多い制度だと思いますので、中身を精査してどうあるべきか、きちんと廃止するなり見直す必要はおおいにあると思います。

ただですね、道路整備は終わってないですよ。大都市で環状道路が未整備なのは、先進国として恥ずかしい。

それと、道路特定財源は、鉄道の連続立体交差事業などにも使われています。

そういう中身を踏まえて、負担のあり方をもう一度考えるべきでしょう。
by: フロレスタン | 2006/11/08 15:50 | URL [編集] | page top↑
#
 フロレスタンさま☆コメントありがとうございます。

 たまにブログに伺うことはあるんですが、あまりにマニアックネタにコメントのしようが…でも、いつも笑わせてもらっています。

 私も調べならばのエントリーだったので「大都市で環状道路が未整備」「鉄道の連続立体交差事業」が含まれていることは知りませんでした。「道路族の既得権」という悪い印象ばかりが先行しているため、当然一般財源化であるべきだと思っていましたが、内容を精査する必要があるようですね。勉強になります。
by: 無名 | 2006/11/08 21:27 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。