--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sat.

社説【やらせ質問 国民の声に耳を傾ける気があるのか】

【前書き】
 政治家の演説を何度か聞きに行ったことがあります。仕事柄もあり、後援会の頼みで参加したに過ぎませんが、直接話を聞く貴重な機会だったので、発言内容の印象は強く残っています。今回は、やらせ質問について「これだけは言わせて!!」。
 
【今回のテーマ】
・(朝日新聞)
【政府主催のタウンミーティングで、やらせ質問があった】

【やらせ質問】
(毎日新聞)
【問題の発端となった9月の青森県八戸市での会合は、質問した10人中6人が事前に政府側から質問を頼まれ、うち2人は文部科学省から渡された質問案に沿って発言をしたというものだ】
 ↓
【文科省の質問案は「時代に対応すべく、教育の根本となる教育基本法は見直すべきだと思います」などと、政府が提出している教育基本法改正案を支持する内容だ】

【教育委員会】
・(朝日新聞)
【「やらせ」が文科省から内閣府を経由して地元の教育委員会への要請だった事実も見逃せない】

【やらせに走った理由】
(毎日新聞)
【事前に発言内容の報告を受けたところ、基本法に関する質問が少なかったため、「やらせ」に走ったらしいが、これは明らかに世論誘導と呼ぶべき行為である】
【事前に質問者を指定するのは、政府に批判的な勢力のアピールの場に利用されたくないとの思いからだともいう】

【小泉政権時のタウンミーティング】
(朝日新聞)
【タウンミーティングは、小泉首相が01年の就任直後から「国民との対話」を掲げて始めた】
 ↓
【タウンミーティングは小泉政権の5年余りで174回開かれた】

【タウンミーティング費用】
・(朝日新聞)
【開催費用は昨年度、1カ所につき約1100万円にのぼる】

【各紙の見解】
・(朝日新聞)
【参加者の意見に真剣に耳を傾けようという謙虚な姿勢とはほど遠い】


【後書き】
 何やってるんでしょう。絶句というしかありませんね。

 そこまでして安倍さんが推す「教育基本法改正案」を国民に浸透させたいのでしょうか。安倍さんが裏工作に加担しているとは考え難いです。文部化学省主導で行われた「やらせ質問」により担当者が処分されるようですが、それだけでは済まない。少なからず小泉政権時には174回のタウンミーティングが行われており、その中でも当然「やらせ質問」が行われていた可能性は高いでしょう。

 それら調査を終えるまではタウンミーティングは行わないようですが、官僚のやることの汚さがよく分かります。税金は使いたい放題ですもんね。人間とは弱い者で、周囲が賛成していることに対して反対意見を述べることができる人は少ない。タウンミーティングに純粋な気持ちで参加し、「やらせ質問」を含めた質疑応答を聞いて教育基本法改正案の必要性を感じたかもしれない。その場に、反対意見を述べる人がいたとしたら、視野が広がる機会にもなります。多数の意見を聞くことには意味がありますが、それが「やらせ」だったとしたら、あらゆる政治家の発言から疑いたくなります。

 そもそも、文部科学省や内閣府が教育基本法改正案に拘る理由は何なのでしょう。単に、改正案が通ればそれでよし、ということでしょうか。本末転倒な気がします。いじめ問題、必修逃れ問題など教育の現場は問題が散乱しているのに、国民の本音に耳を傾けるずに作成されたとしか思えない教育基本法改正案を通すことに意味があるのでしょうか。それで何か解決するというのか(教育基本法改正案の内容については後日エントリーしたいです)。

 教育基本法改正案は、民主党が審議拒否に踏み切る一方で与党は来週中にも強行採決を行い衆院通過を目指す動きを見せている。もちろん、「やらせ質問」疑惑も払拭できない状態で改正案を通すのは危険であり、野党の動きは正しいようにも思えます。ただ、民主党の対決路線転向(一時、改正案を採決容認していた)は19日に行われる沖縄県知事選を視野に入れたものです。結局、政界は選挙での勝敗が全てのようになっているのは気のせいでしょうか。

 国民は、改めて政治家の言動を注視しなければならないと思います。小泉政権時に行われていた小泉劇場に興味をそそられ、自民党を支持した人も多いと思う。それに便乗してタウンミーティングでは「やらせ質問」を行い、内閣支持を操作していたことにある。このような中央集権の社会づくりで得するのは政治家や官僚でしょ。国民は作られた道路を歩かされるだけで、思考回路は政府に握られているとしたら、そんなにつまらない社会はないと思う。

 以前は高齢化への問題意識が強かったのに比べ、最近は教育への問題意識が強くなっています。少子化対策にも繋がるだけに教育基本法の議論が活性化することを望みたいです。日本の将来を支えるのは、これから生まれてくる子ですからね。それまでに教育現場(教育基本法)を踏み固めておきたい。


【参考資料】
朝日新聞 11月9日社説【やらせ質問 民意をなめるな】
毎日新聞 11月10日社説【やらせ質問 政府説明会と名を変えろ】
スポンサーサイト
00:18 | 政治 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【核議論 核不要論しか語れない朝日新聞】 | top | 社説【米中間選挙 ブッシュ政権の政策転換が求められる】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/315-c2c4757a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。