--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Mon.

社説【米国防長官更迭 ブッシュ政権は迷走する】

【前書き】
 11月9日の読売新聞一面は、「民主下院で過半数」という米中間選挙の記事でした。イラク政策の誤りが共和党の大敗を決定付けたことになります。そして、ブッシュ政権の政策転換の第一歩がラムズフェルド長官の更迭でした。今回は、ブッシュ共和党の敗戦について「これだけは言わせて!!」。
 
【読売新聞より】
【今回のテーマ】
【イラク戦争が争点となった中間選挙で共和党は惨敗した】

【ラムズフェルド長官】
【長官は、イラク戦争の遂行に当たってきた責任者である】
 ↓
【ラムズフェルド氏に対しては、イラク情勢の混迷の責任を問い、辞任を求める声が、民主党だけではなく、身内の共和党や、軍関係者からもあがっていた】
 ↓
【大統領は、ラムズフェルド国防長官を事実上、更迭した】 

【後任】
【大統領は、後任長官にゲーツ元中央情報局(CIA)長官を指名し、「新しい視点」をもたらすことへの期待を表明した】

【政策転換】
【大統領は、議会の主導権を握った民主党の協力も得たい、とする姿勢を強調した。民主党幹部にイラク情勢を説明し、意見を聞くという。】


【後書き】
 米中間選挙に関するエントリーを貼り付けておきます。

社説【米中間選挙 ブッシュ政権の政策転換が求められる】

 今回、読売新聞のみ社説を取り上げ、紙面の特集「ブッシュ共和党 敗北」から抜粋したいと思います。

【ブッシュ共和党 敗北】上(ワシントン・貞広貴志)
【米中間選挙というより…】
【共和党が下院で過半数を失う結果になった06米中間選挙の焦点は、二つの要因に集約できる。イラク戦争の是非という外交問題に関心が集中したこと。そして、どの投票用紙にも名前のないブッシュ大統領の執務能力までもが問われたことだ。】
 ↓
【つまり今回の中間選挙は「イラク選挙」であり、「ブッシュ審判」だった】

【失敗を認めなければ成功なのか】
【イラク開戦直前までホワイトハウスの中東政策を立案する安全保障会議上級部長を務めたフリント・レベレット氏は、ブッシュ政権の柔軟性を欠く体質を指摘する】
 ↓
【「新しい路線に踏み出せば間違いを認めることになる。ブッシュ政権は誤りを認めるのに消極的だ」】

【有権者の声】
【従来の外交路線を明確に拒否した有権者の審判は、ブッシュ政権が大胆な方針転換に踏み切る機会をも与えている】
 ↓
【レーガン元大統領は、1986年の中間選挙で上院の過半数を失い「レーガン革命の終焉」を指摘されながら、「悪の帝国」視したソ連に圧力をかける一方で交渉にも取り組み、冷戦を終結に導いた】


【ブッシュ共和党 敗北】中(ワシントン・坂本隆)
【首切り】
【ブッシュ大統領はこれまで、政権が危機に見舞われるたび、外交・安保担当閣僚や高官の首を切ることで、事態を収拾してきた】
 ↓
【ラムズフェルド長官の更迭も、イラク情勢悪化への懸念から国民の間で長官の責任を問う声があがるようになったのを受け、何週間も前から検討していたという】

【チェイニー副大統領】
【チェイニー氏はラムズフェルド氏がフォード政権で主席大統領補佐官だったときに次席補佐官をつとめており、両氏は約40年にわたり共和党のなかで同志の関係を築いてきた】
 ↓
【元政府高官によると、イラク戦争は、副大統領が戦争遂行責任者のラムズフェルド長官に全権を与えバックアップする形で進められ、「チェイニーの戦争」と呼ばれた】

【強硬から穏健へ】
【副大統領は以前ほど強硬姿勢を打ち出すことができない。一方、ライス長官は、イランとの直接対話を提案するなど、イラク戦争以外の外交分野で、より穏健な路線を進めている。】
 ↓
【次期国防長官に指名されたゲーツ氏も、共和党の現実主義的戦略家として知られるスコウクロフト元国家安全保障担当大統領補佐官の副官をつとめた経験を持ち、比較的柔軟な考えの人物と知られる】

【ブッシュ離れ】
【危機のたびに重要閣僚を更迭し、しだいに「裸の大様」と化していくブッシュ大統領が、イラク問題を解決するには時間はあまりにも少ない】
 ↓
【中間選挙の敗北で職を失うことになった外交担当の共和党議会スタッフは、「ブッシュ政権にいては将来の芽がない。次の大統領選ではマケイン上院議員を支持する」と話した】


【ブッシュ共和党 敗北】下(ワシントン・五十嵐文)
【バラク・オバマ議員】
【2008年の大統領候補として急浮上してきたのが、イリノイ州選出のバラク・オバマ民主党上院議員(45)だ】
 ↓
【「リベラルも保守もない。あるのは『米国』だけだ」。オバマ氏は2004年の民主党大会での基調演説で、「ジョン・F・ケネディ大統領のようなカリスマ性」と、中道、超党派の姿勢が注目を集め、全国区の存在となった。】
 ↓
【7日に行われた「大統領にしたい人」に関する民間世論調査でも、ヒラリー・クリントン上院議員(59)の31%に次ぐ19%で2位に浮上した】 

【ヒラリー・クリントン議員】
【ヒラリー議員の最大の強みは、07年中に必要とされる約5000万ドルを大きく上回り、「1億ドルは突破する」と見られる資金力と知名度だが、「失速感」を指摘する声もある】
 ↓
【安全保障政策ではタカ派的な面も打ち出しているが、大統領夫人時代のリベラルな印象が付きまとう】

【ジョン・マケイン議員】
【「テロ対策」を最優先するブッシュ大統領と一線を画してきた党内穏健派の代表格のジョン・マケイン上院議員(70)に注目が集まる】
 ↓
【ベトナム戦争からの帰還兵士。「民主党議会」の誕生で、共和党は民主党との協調を余儀なくされる。超党派の活動を続けてきたマケイン氏の存在感は一層増すことになるだろう。】


 次期大統領候補の名前を数名挙がっているようですし、ブッシュ政権のレームダック化は避けられないでしょう。ブッシュ大統領について、少し振り返ってみましょう。

 2001年1月20日、民主党候補アルバート・ゴア氏に競り勝って、大統領に就任する。任期9ヶ月目の9月11日にニューヨークとワシントンD.C.で同時多発テロが発生し、ブッシュ大統領は直ぐに世界貿易センタービル跡地を見舞った。リーダーシップを取る姿勢に支持率は急上昇、その勢いで「対テロ戦争」として報復攻撃を始める。

 2001年10月7日にアフガニスタン侵攻。同年12月7日にターリバーン政権は壊滅、新政権樹立。翌2002年1月の一般教書演説で、イラク・イラン・北朝鮮をテロ国家と名指しして悪の枢軸発言をする。2003年3月17日、サッダーム・フセインに対して48時間以内に国外退去を求める通牒を発表するも無視され、3月19日にイラクへ侵攻した。同年5月1日に「大規模戦闘の終結宣言」を行ったが、未だにイラク民主化に手を焼いている状態。

 イラク戦争の是非が問われながら迎えた2期目の選挙だったが、民主党候補ジョン・ケリー氏を破り当選を果たす。2005年2月2日の一般教書演説では、「イラク国民議会選挙の評価」「イランの核開発を批判」「シリアの正常化」「朝鮮民主主義人民共和国の核廃棄問題」などについて述べ、「世界を自由にする」という決意を語った。同年8月29日にルイジアナ州にカトリーナ(ハリケーン)が上陸したが、住民を守るはずの州兵をイラクへ派兵させていたため、災害対策に遅れ非難を受けた。

 2005年10月、チェイニー副大統領の主席補佐官であるルイス・リビー氏は、イラク開戦の理由だった「イラクの大量破壊兵器保有」に懐疑的なコメントをしたジョゼフ・ウィルソン氏に対して報復に出る。ウィルソン氏の妻がCIA工作員であるという機密情報をメディアに流したことで、最終的にリビー氏は起訴された。ブッシュ大統領自身、フセインの圧政からイラク人を解放したことを協調し、あくまでイラク戦争の正当性を訴えている。

 
 こんな感じでしょうか。一時期、3割台まで落ちた支持率は今どれくらいあるのでしょう。イラク戦争の後始末(イラク民主化)が長引き、米兵の死者数は911同時多発テロの死者数2973人を上回ったとも言われる。皮肉ですね。イラク人解放が成果であったとしても、米国人(米兵)犠牲は増える一方です。イラク戦争の是非について民主党からも広く意見を聞くなど、強硬路線から穏健路線へと動き出したブッシュ政権ですが遅過ぎる気はしますね。

 安倍さんは、米中間選挙で共和党が大敗したことについて、これまで通り日米同盟を堅持する構えのようです。ブッシュ大統領と仲が良かった小泉さんは、イラク戦争の正当性を追認した人でしたね。そういう頑な姿勢も好きですが、安倍さんにはブッシュ大統領とのお付き合いというより、米国とのお付き合いを考えてほしいです。ブッシュ政権がどう動くのか、政策転換で米国がどう変わるのか冷静に見定める必要がありますね。


【参考資料】
読売新聞 11月10日社説【米国防長官更迭 イラク政策の行方はどうなる】
スポンサーサイト
22:24 | 国際 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
特集【韓国は北朝鮮と心中するつもりのようです】 | top | 社説【核議論 核不要論しか語れない朝日新聞】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。