--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Thu.

社説【日本版NSC 既得権より国益を優先すべき】

【前書き】
 今頃、見直すわけですか?日本人の危機意識の無さがよく分かりますね。左側の人には「危機感」という感情はあるのでしょうか?何でも性善説で考えて、現実から目を反らしていたのでは「今そこにある危機」に気付くことすらできない。今回は、日本版NSC(国家安全保障会議)について「これだけは言わせて!!」。
 
【今回のテーマ】
・(毎日新聞)
【安倍晋三首相が強い意欲を見せる日本版・国家安全保障会議(NSC)構想について、来年2月末に報告書をまとめる予定だ】

【NSC】
・(産経新聞)
【1947年、安全保障問題に関する大統領の最高顧問機関として創設されたNSCの任務は、(1)国家戦略の立案(2)大統領への助言(3)省庁間の調整-だ。スタッフは約200人いる。】

【安倍首相の見解】
・(読売新聞)
【安倍首相は、政権の最重要課題の一つとして、「官邸における外交・安全保障の司令塔機能を再編し、強化する」ことを掲げてきた】

【現在の安保会議】
・(産経新聞)
【首相を議長とする安保会議だが、重大緊急事態対処の検討はほとんど行っておらず、決定事項を追認するだけの機関に化している】

【省益優先】
・(読売新聞)
【首相官邸が外交・安全保障で権限を強化することには、外務省も防衛庁も、消極的だった。自らの権限が弱まることに警戒感があるのだろう。両省庁には情報収集、分析の機関があるが、重要な情報を積極的に官邸に提供し、国の戦略に生かす体制にもなっていない。】

【各紙の見解】
・(読売新聞)
【「日本版NSC」を構想するには、国益よりも省益優先という省庁の縦割り構造をどう改革するかという視点が不可欠だ】
・(毎日新聞)
【大統領に権限が集中する米国とは違い、議院内閣制の日本にそれがなじむのかという指摘も強い】


【後書き】
 日本版NSCと聞いたとき、「あぁ、また米国の真似事か」と思ってしまいました。米国の危機管理体制を見本にするのは良いですが、毎日新聞が指摘するように「日本に馴染むのか?」という疑問もあります。日本は、米国の51番目の州ではないんだから、核の傘を理由に言葉だけの「平和」で満足していてはいけないとも思います。

 (私にとって)リベラル派の毎日から保守派の産経が同じことを言っているネタは中々ないですね。それも、日本の安全保障に関わることですからね。左側の毎日新聞は、また「不要論」でも掲げるかと思えば、そうではない。3社揃って、省益優先の動きを問題視しています。これが日本の現状だと嘆くしかありませんが、左側からも指摘されるほど「今そこにある危機」が現実味を帯びてきたという意識変化も読み取れます。

 「前書き」で書いてることを即行否定してしまいましたが…「大丈夫」という勝手な安心感が日本を危険にさらすことになりかねません。これまで省益優先でもまかり通ってきたのは、運が良かっただけかもしれない。備えあれば憂いなしでしょう。今時の人は「憂い」の意味も知らないらしく…さすが平和ボケ日本だなと思いますね。

 外交・安保で進展が見られるのは、安倍カラーの影響なのかもしれない。小泉政権は、何かと米国一辺倒振りが目立ちましたね。郵政民営化は、小泉さんの悲願だったわけですが…予算編成の時期になると米国から年次改革要望書なるものが送られてくるわけですよ。そこに郵政民営化が含まれていた。日本国民の資産を狙う欧米の金融機関のために郵政民営化が行われたとも言われます。日本は、米国活性化のための下請け企業じゃないですからね。

 危機管理体制の構築が他国を抑制することにも繋がる。良し悪しはあるでしょうけどね。米国で日本の核保有が問題視され、日本でも核議論を抑制する動きがあった。一つ前のエントリーで少し自衛隊に触れましたが、日本の潜在的軍事力(防衛力)を認めざるを得ない現実もあるのではないか。いわゆる、米国としても「日本には大人しくしていてほしい」わけで、左側の人も何かと「軍国主義」に結び付けて牽制しながら近隣諸国を刺激しないようにしている。

 私としては、「日本が右傾化している」という表現には違和感があります。左側から物を言うのは、戦後教育の常套手段かなと思う。右手にダイナマイト、左手にライターを持っているけど、ダイナマイトとライターの使い方を知らない。誤って火をつけ、被爆するかもしれませんね。ただ、周りには知らない振りをしている人もいる。現実的脅威が身近に迫っているのに、国内の危機意識が伴わなければ、危険を回避するのは難しいですね。そんなギャップを少しでも埋める手段として、安保体制の見直しが行われれば良いと思う。


【参考資料】
読売新聞 11月23日社説【日本版NSC 官邸の司令塔機能を強めるには】
産経新聞 11月22日主張【日本版NSC 機動性ある司令塔作りを】
毎日新聞 11月23日社説【日本版NSC 司令塔強化へ具体策を】
スポンサーサイト
23:35 | 政治 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
特集【韓国は真顔で冗談が言える国】 | top | 社説【クラスター爆弾 「平和」とは永遠に未完成なもの】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/336-f97bf78d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。