--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

特集【妥協は気休めでしかない】

【前書き】
 10月にブログ復帰してからは、社説と東亜に限定してエントリーしてきました。しかし、TBしていただけるのは芸能ネタばかりですね。確かに、中村獅童の離婚騒動や藤原紀香が結婚目前という話題も嫌いではないんですが、いまいちコメントしてもぐだぐだになりそう^^;。多くの人に閲覧してもらうためにも、できる限りは芸能・スポーツネタもエントリーしていこうと思います。では、東亜ネタをどうぞ。

【朝鮮戦争は未解決】
・(農業協同組合)
【食料不足といわれていますが北朝鮮外務次官の国連演説では、20億ドルあればなんとか農業改革ができるといった。実はこれは核開発に注ぎ込んできた額に匹敵します。農業改革に回していれば飢餓は発生しなかったと思いますね。しかし、北朝鮮はコメを選択せずに、核を選択した。なぜか。北朝鮮にとって米国とは今も戦争が終わっていない。朝鮮戦争は本来であれば1953年に終結、平和条約締結となるはずだったのが、一時撃ち方止め、休戦状態のままにあります。その後、米国はベトナム戦争からイラク戦争まで数々の戦争をやり、一貫して、次は北朝鮮の番だ、と脅してきた。】
 ブッシュ率いる米国が「次は北朝鮮だ」と狙いを定めていたのは確かでしょうね。北朝鮮・イラン・イラクを「悪の枢軸(axis of evil)」と批判したのは、2002年1月29日の一般教書演説でのこと。今年3月10日にも同様の言葉を使って、イランと北朝鮮を批判しています。強硬路線を突き進んできたブッシュにとって北朝鮮は格好の獲物だった。私は朝鮮戦争には詳しくないのですが、北朝鮮と米国のわだかまりがいまだに残っているということですね。
 
【終わりではなく始まりとして】
・(農業協同組合)
【北朝鮮からすれば、米国に攻撃された国はどこも核とミサイルを持っていなかったからコテンパンにやられたんだ、となる。だから核とミサイルを持たなければ、と考えた。】
 そもそも「悪の枢軸」として名指しされた理由が分かっていれば、軍拡路線に進むことはなかったのではないか。まぁ、平和ボケしている私だから言えることかもしれませんね。日本も生きるために戦った時代があったわけだから、今の北朝鮮を否定することは自国の歴史を否定することにも繋がってしまう。ただ、対抗意識を持てば必ず勝敗が決まるときがくる。破滅が足音とを立てて近寄ってくるとも言える。ただ、破滅は終わりではなく始まりでもあるわけで、私が金正日政権の崩壊を期待するのは北朝鮮が生まれ変わるきっかけになれば、と思うからです。

【大義があれば犯罪も正当化される】
・(農業協同組合)
【拉致問題は南北統一に関わります。70年代は暴力的手段、軍事的手段を優先させていた。日本を経由して韓国に浸透して政権をひっくりかえせと。工作員が日本人になりすますには日本人戸籍や日本人化教育が必要だった。南北統一のためには手段を選ばないと、日本が利用されたということです。】
 北朝鮮が南北統一を何より望んでいることはわかります。北と南では、世界が違う。ただ、「南北統一」という大義のために拉致という犯罪行為を正当化してきたことを日本として許せるはずがない。つまり、拉致問題を解決させるということは「南北統一」を諦めるということでもあるわけですね。

【金正日に金・銀・ウラン】
・(農業協同組合)
【北朝鮮は偽ドル、覚醒剤になぜ手を染めるのか。実は北朝鮮は地下資源が豊富で金、銀、ウランなど約200種類以上、韓国シンクタンクは288兆円と試算しています。それを開発すれば農業改革でも海外から肥料を買うなど自立経済がかなうわけですが問題は開発資金です。北朝鮮は国際機関からお金を借りられない。米国による経済制裁のためです。戦争が終わっていない、敵国であるとの理由の制裁と、大韓航空機爆破事件などでテロ支援国家にされたための制裁と、二重、三重に課せられた。それで禁じ手の覚醒剤や偽ドルに手を染めた、ということです。】
 「豚に真珠」とかけたつもりですが、分かり難かったですね。覚醒剤に関しては、自国民に売りつけて資金を集めるというから異常としか思えない。1度吐いた嘘を隠すために更に嘘を吐く。そんな泥沼化にはまってしまった北朝鮮をかばう言葉はありません。

【そう簡単にいくとは思えない】
・(農業協同組合)
【体制を維持するためには、まずは核とミサイルを手にし、そこから米国と交渉し、米国の敵対政策を解除させ国交正常化を実現する。米朝が友好関係になった暁に初めて核とミサイルを手放して、それからコメやパンやバターに、というのが北朝鮮の考え方なんですよ。】
 では、体制維持が反対であったら、どこで話は収拾がつくのでしょうか。米国と友好関係になる、とは米印関係を連想すればいいのでしょうか。中国もインドとの関係改善を図っているようです。それだけの価値があるわけでしょう。北朝鮮と友好関係を築くことに何か価値があるでしょうか。テロ支援国家である北朝鮮が生きる道は限りなく狭いと思います。

【譲歩の先に何がある?】
(農業協同組合)
【ブッシュ政権は北朝鮮が核施設を止めるというジュネーブ合意を守らないからと、年間50万トンの重油を10年間供給というクリントンの約束を02年に御破算にした。ストップすれば核とミサイルを捨てるだろう、と。たしかに蛇口を閉められたのがこたえ停電が発生し工場の稼働率も3分の1になった。それでも放棄しなかったわけです。日本も同じです。小泉首相は2度目の訪朝の04年に25万トンの食料と医療分野で600万ドル相当の人道支援を約束したんです。しかし拉致問題が進展しないという理由で半分の12・5万トン、医療支援も約半分を棚上げした。それでも北朝鮮は音を上げなかった。】
 ↓
【日米の発想は、重油が、あるいはコメが欲しければ核とミサイルを捨てなさい、というものですね。ところが北朝鮮は、重油やコメよりも、まず核とミサイルを選んだ国ですから、重油とコメをあげるから捨てなさいという論法は通じないわけです】
 立場上、日米が北朝鮮に対して上からものを言うのはしょうがないと思う。そもそも、核カードを利用して資源や食糧の支援を受けようという考えの方がおかしい。確かに駆け引きではあるけど、そんなやり方でしか外交できないから、いつまで経っても発展することはない。「北朝鮮が核保有国になったのは、米国に責任がある」と言う人がいる。もし、譲歩していたら北朝鮮が核開発を止めていたという証拠があるだろうか。金日成は「朝鮮半島に核はあるべきではない」と述べましたが、金正日は父親である金日成を超える証として核保有に拘ったとも言われる。故に、どう対応していても金正日は核開発を進めただろうし、これからも簡単に核廃棄をするとは思えません。

【ブッシュのレームダック化は避けられない】
(農業協同組合)
【ブッシュ大統領が自分の残り任期2年で決着をつけようとするなら選択は2つしかない。ひとつは、嫌いであっても金正日総書記と電撃的に握手をして国交正常化まで持っていき核を廃棄させる。もうひとつは制裁発動で兵糧攻めして政権転覆をはかる。現実的には米朝の話し合いによる解決しかない。】
 ↓
【例えば、兵糧攻めによるギブアップを狙った場合はどうか。国連の制裁発動でその国の政策や政権が変わったケースは過去2回ある。南アに対する国連制裁では核廃棄まで7年。そしてリビア。核開発計画破棄まで12年かかった。ということは北朝鮮が2年でギブアップするのかということになる。まして拉致問題が核問題よりも先行して解決するということはあり得ない】
 ブッシュの任期内に北朝鮮の核廃棄を達成するのは、ほぼ不可能ということですね。強硬路線で北朝鮮も解体するつもりだったブッシュとしては、大きくもない壁にぶつかった。今更、北朝鮮の核廃棄から目を背けるわけにも行かず、ブッシュに対する世論も目を厳しくなっていくでしょう。長いようで短い2年間に何をやってくれるのか見守りたいです。

【安倍さんも黙ってみてはいられない】
(農業協同組合)
【日本とすれば米朝の話し合いで核問題を解決してもらって初めて拉致問題に入れるわけですから、安倍政権は米国に北朝鮮との直接交渉を要求してしかるべきなんです。ところが、今のところブッシュ政権に足並みを揃えて強気一辺倒。北朝鮮が先に拉致問題を解決しなければ国交正常化できない、と言っています。安倍首相は拉致問題では落としどころはないとも言いましたが、交渉には妥協、落としどころが必要です。】
 ↓
【圧力、制裁、強硬のみだと北朝鮮からすれば安倍さんが辞めるまで待てばいいということになる。ですから、拉致問題でスターになって総理になった、しかし、自分の政権下で解決できない、という皮肉な結果になるかもしれない。そこを私は心配しています。】
 的確な指摘だと思います。相手がどうこうという話をしていけば、北朝鮮に妥協することなんて考えられないという結論に至る。ただ、安倍さんは拉致に対する強気な姿勢がかわれて首相の席に上り詰めたと言っても過言ではないと思います(勿論、家系もあるでしょう)。拉致問題の未解決状態がこれからも続けば、拉致被害者家族を始め世論から安倍政権への批判が出ないとは言い切れない。解決に至らなくても、問題解決に対する姿勢は常に見られているでしょう。来月行われるである6か国協議で、日本としては当然拉致問題を取り上げることになる。ただ、拉致問題を持ち出すことはフライングだと思う国もあるでしょう。優先順位を考えれば、やはり核放廃棄のプロセスが先になってしまう。安倍さんとしても、北朝鮮と対話する絶好の機会というのに歯痒い気持ちがあるのではないか…と、私は思っています。

【正常化する意味とは?】
・(農業協同組合)
【北朝鮮は国内に向けて、貧しいのも、苦しいのも、統一できないのもすべての原因は米国、日本にありと宣伝している。今の対応はむしろ私たちが金正日政権の独裁を許す口実を与えていることになる。逆に日米が関係を正常化すれば、もう米国、日本のせいにはできず独裁政権はもたなくなるのではないかと思います】
 北朝鮮と国交正常化なんてありえない、と私は思っているから強気にコメントなってしまいますが、確かに金正日からすれば良い口実でしょうね。ただ、「では譲歩しましょう」、「韓国にも負けじと融和政策を行いましょう」という話になるかというとそうではない。金正日の住民洗脳は、日米対応の是非に関わらず続けられると思います。金正日のエゴが北朝鮮をダメにしているんですよ。つまり、元凶である金正日を認めるような国交正常化に何の利点もみつかりません。


【後書き】
 拉致問題解決の糸口だったのは、1995年から行われた食糧支援だった。それにより日朝協議が行われ、拉致を認められたことで被害者の帰国が実現しました。しかし、2004年に支援を止めてからは、再び日朝関係は悪化し、現在に至っている。拉致問題解決のためなら、多少の食糧支援も惜しくないかもしれない。ただ、それで全てが解決するだろうか。どこかで支援を止めれば、また「支援を受ける」理由を見つけるだけのように思う。性善説で考えられるほど、金正日が善人だとは思えませんね。


【参考資料】
農業協同組合新聞 11月22日【辺真一さんに聞く 北朝鮮は、なぜ核開発とミサイルにこだわるのか?】
スポンサーサイト
23:50 | 東亜 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
特集【はらわたが煮え繰り返る思いです】 | top | 社説【マグロ問題 贅沢しているのは金正日だけではなかった】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/343-f903b12c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。