--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Mon.

社説【日本映画 あなたのイチオシ映画は何ですか?】

【前書き】
 先日、地上波で放送された「ALWAYS 三丁目の夕日」は感動しました。最先端をひた走る社会で生きていると、ふと立ち止まって過去を振り返ることを忘れるのかもしれない。たまには映画鑑賞もいいものですね。今回は、日本映画について「これだけは言わせて!!」。
 
【読売新聞より】
【今回のテーマ】
【日本映画が健闘している】

【邦画占有率】
【映画関係者が、最近、注目している数字がある。映画の興行収入に占める邦画の比率だ。】
 ↓
【2002年にはわずか27%だったが、その後、年々増え続けて、今年上半期には48%に達した。】
 ↓
【日本映画の全盛期は、約70%だった。これには遠く及ばないが、欧州諸国では売り上げの8割をアメリカ映画が占めているのに比べれば、異例の高比率だ。】

【好調の理由】
【人気ドラマの映画化や、ヒットした映画のドラマ化、DVD化によって、相乗効果を上げている】
【同一施設内で複数の映画を見せるシネマコンプレックス(シネコン)が登場して、無名の邦画の上映機会も増えた】

【今後の課題】
【映画の輸出額は年間約70億円で、輸入額の10分の1程度に過ぎない。ハリウッドの大作映画の平均製作費が20億円程度であるのに対し、邦画の製作費は大作でも10億円程度だ。】

【政府の動き】
【政府の今年の「骨太の方針」は、10年間で約5兆円のコンテンツ市場の拡大を目指すことや、東京国際映画祭などを拡充して国際コンテンツカーニバルを開催することを盛り込んでいる】
【経済産業省は、今年度から日本と外国の映画共同製作を支援するプロジェクトを始めた。また、各地の経済産業局には映画ロケ誘致の担当室も設けられた。】

【読売新聞の見解】
【せっかく好調の日本映画である。その潜在的な可能性を大切にし、「国際ブランド」となるよう育てていきたい。】


【後書き】
 以前は、映画館に最新映画を観に行っていたのですが、田舎に戻ってからは映画館が遠いこともあり、疎遠になっていますね。幼少期は、よく映画を観て育ちました。サントラを集めるのが趣味だった時期もあるので、映画のサウンドトラックは結構持っています。音楽を聴いていると、色んなシーンが浮かんでくるんですよね。

 最初に聴いた洋楽は、トップガンの「愛は吐息のように」でしたね。当時、友達からCDを借りて、カセットテープに録音して聴いてまいた。映画としても、トップガンは好きでしたね。当時は、トム・クルーズとチャーリー・シーンの区別がつかなくて、よく2人を間違えてました。チャーリー・シーンは、ホットショットというパロディ映画に出演してて…同じ戦闘機アクション?なんだけど全然違うという。何かと飛行機が舞台の映画が好きな時期がありましたね。やっぱり外せないのがメンフィス・ベルでしょう。唯一、ビデオを買った映画です。俳優さんは全員知らなかったんだけど、ダニー・ポーイとかアメージング・グレイスという音楽に感動した部分もありますね。

 次は、格闘技の話でも。そうですねぇ、私はベスト・キッドが好きでしたね。ラルフ・マッチヨ(ダニエル)とノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)が出演していた空手の映画です。内容は、ホントにこてこてなんですよね。いじめられていたダニエルがミヤギさんに空手を習う。習うと言っても、ほとんどミヤギさんの家の清掃員みたいなことしかしてないんですけどね。でも、最後はやっぱり感動しますよ。「和」を感じさせるストーリーや音楽も好きでしたね。最近だったら、ジェット・リーが好きですね。ジャッキー・チェンは、あまり好きじゃなかったんだけど、ジェット・リーのアクションはひきつけられるんだなぁ。ただ、アクション映画のつまらないところは、メインがアクションだからストーリー性に欠けるんだよね。

 次は、アニメ。ディズニーは受け付けないけど、ジブリ映画は好きですね。宮崎駿さんは凄いと思う。天空の城ラピュタ、風の谷のナウシカ、紅の豚、千と千尋の神隠し、ハウルの動く城もいいね。私が一時期はまったのが、耳をすませば。ベタ過ぎて感動でした。当時、こんな恋愛に憧れていたのかもね。最新作になるにつれて主人公の少女の顔が不細工になっていくって噂もありますが、みなさんはどう思ってるでしょうか。

 次は、ヤクザもの。私は北野武さんの映画好きなんですよね。BROTHERはよかった。何か血が騒ぐというか、熱い男を目の当たりにしますよ。この映画に出演していた寺島進さんは大ファンになりました。こてこての日本人な演技をするから好き。私は、松田優作さんの映画と言えばブラック・レインしか浮かばないんですが、何となく寺島進さんは雰囲気が似ている気がする。俳優の良し悪しは、やっぱり目力ですよ。後、暴力団なのかな?友へチングも感動しました。チングは「友達」という意味なんだけど、幼少期を共にした仲間が最終的に互いの命を狙うまでの抗争に発展するんです。でも、やっぱり友達だったことには変わりなくて…。人間ドラマを描く韓国映画も好きですね。

 次は、戦争もの。私の中ではプライベート・ライアンかな。ノルマンディー上陸作戦の最中、ライアン二等兵の帰還させるためにミラー大尉率いる小隊が戦場を駆け回る。結構、残酷なシーンが多いです。でも、これが戦争なのかと思って目を背けられなかった。こういう形であれ、戦争がどういうものか考える機会になったのでよかったと思う。出演者としては、ジャクソン二等兵(ベリー・ペッパー)が好きでしたね。

 次は、刀もの。日本人だから、刀が好きなんですよねぇ。日本ならば座頭市、中国ならHEROでしょうか。ここでも出てきました北野武とジェット・リー。でも、以外に外せないのがチャン・ツィイーですね。凄い華奢なのに、刀を振り回すと凄い。基本的に主役ではないんですが、チャン・ツィイーの演舞は美しいですよぉ。HEROは、ワダエミさんの衣装も見物でした。鮮やか。 

 次は、友情もの。他の映画ともダブってしまいますが、友情と言えばグッド・ウィル・ハンティング旅立ちですね。脚本を手掛けたマッド・デイモンとベン・アフレックスは実際に仲良しですからね。ストーリーとしても、ロビン・ウィリアムスの存在でしっかりまとまっています。クライエントと精神分析医の友情であり、天才と凡人の友情でもある。普通は、ありえないんですが、教育テレビで地上波放送されてましたからね。人間とは理解者が一人いるだけでここまで明るく前向きに変われるものなのだと実感しました。 

 次は、好きな俳優。私は、何と言っても窪塚洋介です。ぶっ飛んでます。まぁ、実際にぶっ飛んで死にかけたんですけどね。出演作品としては、ピンポン、GOなどですね。窪塚の好きなところは、何かが乗り移ったような演技をすること。詩的な才能の持ち主であることも好きな要因でしょうか。PIECES OF PEACEという詩集は買いましたね。私も一時期、詩人だったからリスペクトしましたよ。ついでに言うと、ピンポンのスマイル役ARATA、GOの正一役細山田隆人も良い演技してた。まぁ、思いついた俳優が窪塚というだけで、探せば幾らでもいるでしょうね。言う必要もないですが、私の好きなシェイクスピアの詩は、GOで知ったものです。 

 番外編として、好きなサントラでも。押井守さんのアヴァロンのサントラが一番好きかな。結構、色んな番組の挿入曲でも使われてますよ。次は、バックドラフトですね。映画も好きだし、料理の鉄人という番組で使われてて凄い気に入りました。他にもたくさんあるけど、とりあえずこの2枚がおすすめかな。
 
 まだまだ語れますが、最後に日本映画。一番に思い浮かんだのがラスト・サムライですね。アメリカ・ニュージーランド・日本の合作映画なんですけど、やっぱりメインが「侍」ってとこがいい。戦国時代も刀も好きだし(おいおい)。トム・クルーズは、もちろん良かったのですが、脇をかためる日本の俳優陣も凄かった。渡辺謙、真田広之、小雪。一番好きだったのが、信忠役の小山田真。空手、テコンドー、少林寺など習得してるようでアクション映画にはもってこいの才能の持ち主ですね。

 最後はやっぱり、ALWAYS 三丁目の夕日でしょうか。しみじみしてていいですよ。何でもない昭和の風景なんですけど、平成という現代から見ると何もかもが懐かしく思える。ここまで生きてきて、色んなものを落としたり、無くしてきた気がする。本当は頭の中で整理できるほど賢くないのに、どうにもせかせかした社会の流れに遅れまいと急ぎ足になるから、大切なものを落としたことに気付かないのかな。別になきゃなくてもいいんだろうけど、人の心の温かさはお金には代え難いものです。ちなみに、ALWAYS 三丁目の夕日は続編が決まりました。楽しみですね。

 全然言い尽くせていませんが、全体的に古いものばかりですみません。いやぁ~、映画って本当に素晴らしいですね。さよなら、さよなら、さよなら。映画ファンなら当然わかる締め括りですね^^)
 

【参考資料】
読売新聞 12月4日社説【日本映画 国際ブランドとして育てたい】
スポンサーサイト
21:13 | 社会 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
特集【米国は対北軍事制裁に走るのか】 | top | 社説【地方自治 本当に今の市長に任せて大丈夫ですか?】

Comments

#
 私は実はB級映画が好きでして。^^;
 邦画はほとんど見ないんですが、あげるなら「死びとの恋わずらい」をあげておきます。
 洋画だといろいろありますけど陰謀のセオリーが好きですかね。
by: kyouji | 2006/12/05 21:51 | URL [編集] | page top↑
#
 そうそう、ヒーローがお好きでしたら、ぜひ「始皇帝暗殺」をご覧になってください。
 こちらはヒーローに先立って作られた日中合作映画で、原作は荒俣さんであります。
 日中の映画の作り方の違いがキレイな対比になってて面白いですから。(^^
by: kyouji | 2006/12/05 21:53 | URL [編集] | page top↑
#
 kyoujiさん☆コメントありがとうございます。

 是非、レンタルしてコメント差し上げたいですね。うちにDVDがないので、もしかしたら観れないかもしれないけど^^; パソコンで観るという手もありますが、画面が小さいし…。
by: 無名 | 2006/12/05 22:59 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/356-e40a2e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。