--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Wed.

社説【道路特定財源 政界が安倍カラーに染まるのは程遠い】

【前書き】
 本当に必要なのか?と思いたくなる道路整備は多い。車は、一家一台から、一人一台の時代となり、それに伴う道路整備が必要なのもわかります。道路整備の是非は分かり難いものの、このまま有耶無耶に済まして良い問題ではないでしょう。今回は、道路特定財源について「これだけは言わせて!!」。後、野田聖子議員の身辺問題にも少し触れたいです。
 
【今回のテーマ】
・(読売新聞)
【使途を道路整備に限定してきた道路特定財源の見直し作業が大詰めを迎えている】

【道路特定財源】
(読売新聞)
【道路特定財源制度は、立ち遅れた道路の整備を進める目的で、1954年にスタートした】
 ↓
【国、地方分に分かれ、国税分には自動車重量税以外、ガソリン税(約3兆円)などがある。地方税分としては、軽油引取税、自動車取得税など総額2・2兆円が計上されている。】

【道路特定財源の乱用】
(朝日新聞)
【土建業者とそれを取り巻く政治家や官僚などの利権の温床となってきた】
【無責任な公共事業が続く元凶でもある】

【安倍首相の見解】
・(朝日新聞)
【首相が先月末、「必要のない道路を二度と造らないよう、国民のための改革を行わなければならない」と、改めて一般財源化への決意を語ったのは当然のことだ】

【一般財源化への反対意見】
・(朝日新聞)
【来年の統一地方選、参院選を考えれば「道路を造ってほしいという地方の声は無視できない」と、真っ向から反対する主張が根強い】

【各紙の見解】
・(朝日新聞)
【ここで首相が再び党内の抵抗勢力に押し切られ、あいまいな妥協を受け入れれば、世論の視線はより冷たさを増すに違いない】
・(読売新聞)
【もちろん、大都市の幹線道路や地方の生活道路で、整備が待たれるケースも少なくない。地方では、一本の道路整備が経済活性化や福祉の向上に直結することがある。】


【後書き】
 道路特定財源に関しては、先月もエントリーしています。具体的な数字を挙げているので、道路特定財源の内訳などについては下記リンクを参考にして下さい。

社説【道路特定財源 道路建設より大切なことがある】

 小泉政権の5年間でも成しえなかった「道路特定財源の一般財源化」に安倍さんは「聖域ではない」と言い切った。昭和20年代後半、高度経済成長の足掛かりを模索していた田中角栄氏が発案した道路特定財源は、そもそも道路整備の財源をお金持ちから巻き上げるはずでした。今でこそ一人一台の車を持っていてもおかしくない時代となりましたが、以前は自家用車を持てるのはお金持ちに限定されていた。当然、経済成長を遂げる日本において、道路特定財源の税収は上昇していきます。

 そもそも、特定財源とは何か?去年ですが、特別会計に少し触れたので貼り付けておきます。

社説【特別会計改革 族議員の頭の中から構造改革を】

 約80兆の国家予算を各省庁に振り分ける一般会計は厳密に行われるのに対して、特別会計は国会審議を通すことなく各省庁が独自に管理しています。つまり、裏の財布ですね。特定財源とは、特別会計における税収の出所とでも言うべきでしょうか。今回の道路特定財源は、道路整備特定会計に関わるものですね。借金大国の印象が強い日本ですが、裏では特別会計で税収をがっぽり集めているのに一切一般会計に回すことなく、既得権確保のためだけに利用しているのが現状だと言えます。道路特定財源を一般財源へ見直す動きは、その一環でしょう。

 道路特定財源の全額一般財源化は2008年度以降に先送りされるようです。車に乗っていれば必然的にガソリンを使わなければならないので、今後もガソリン税(揮発油税)は継続的に確保できると思います。道路特定財源を一般財源化せずに、ガソリン税自体を見直してガソリン代を安くするのも一つの案です。ただ、世界基準から見て、日本のガソリン代は高いわけではありません。ガソリン代として税収を確保しつつ、一般財源として使途を考える方がいいような気もする。私が揮発油税のことを知ったのは、車に乗り出して数年後ですからね。知らず知らずに税金を納めていることに気付いていない人は結構いるんじゃないのかなぁ。

 考えようには、道路整備目的のために確保した道路特定財源をなぜ一般財源化する必要があるのか?という疑問もある。それを言うなら、サラリーマン増税だったり、民主党案の目的税として消費税を上げることも取りやすいところからという印象は拭えない。国民が納税の義務を果たせば何の問題もないんですよ。私の尊敬する三宅久之さんの座右の銘は「愛妻、納税、墓参り」だそうです。自分の好きな道を歩める世の中になりましたが、自己中心的なだけでは社会が成り立たなくなる。今はタブーとされている消費税増税問題ですが、必ず上がるのは分かっています。その時に単に反対するのではなく、内容が伴っているのか理解しておかなければならない。

 障害者自立支援法、介護保険法など改正が進められていますが、高齢者の負担増は止むを得ないと思います。それでも足りない分は、別の形で財源を確保するしかない。私としては「増税に反対する」というより、「無意味な増税に反対する」と言うべきでしょうか。地方分権が進められる一方で地方の不祥事は絶えません。公共工事で無駄に税金が使われている現状を見過ごして増税することなど考えられない。安倍さんとしても、消費が滞る消費税増税は出来る限り避けたいでしょう。そのために、まず歳出削減を掲げていると思います。ある部分はカツカツなのに、ある部分はジャブジャブなんですよね。国民も税金の使い道に敏感でいないと、増税の是非を問うこともできないと思いますよ。

 少し話題を変えて、安倍政権の支持率低下について少し触れたいです。発足直後(9月末)の64%の支持率は、48%まで落ちました。当然、造反議員の復党問題が一つの原因でしょう。復党問題に関するエントリーを貼り付けておきます。

社説【造反組復党 政治家の声に耳を傾けよう】

 復党した造反議員の一人、野田聖子に離婚問題が浮上しているようです。芸能人の離婚には興味ないのですが、政治家の離婚には敏感に食いついてしまいまいた。それが大嫌いな野田聖子というから、話題に加えずにはいられない。昨年の衆院選直前、後援会を前に涙ながらに感謝の気持ちを語っていた野田聖子に対して、後援会の一人が「聖子ちゃん頑張って」と声をかけていたのを覚えている。しかし、頑張るにも金欠に陥った挙げ句、選んだ道は「自分の発言を全て翻して、古巣自民党へ戻ること」だった。本当に惨めだと思う。「郵政反対」を掲げたまではよしとして、なぜ信念を貫けなかったのか?こうも簡単に手の平返すようでは、今後「野田聖子の発言は信用できない」という話になってしまう。

 果たして、それらの失態が鶴保議員との結婚解消の原因だったかは定かではありません。2001年に出会った2人は婚姻届を出さず、事実婚という形をとりました。しかし、そのアツアツ振りは今年4月の「ナイス・カップル大賞」受賞でも証明されているように、中睦まじい夫婦だった。ただ、子どもを欲しがっていた野田聖子は「45歳までには」という気持ちを持ちながら、現在46歳。鶴保さんとしては、子作りに励むことに積極的ではなかったようです。「自然に」という考えだったようです。そう言う点でも、少しずつ溝が広がっていたのかもしれませんね。そして、野田聖子の「私たちは、緊迫した状況だからこそ助け合って来れた」という言葉からも「普通の円満な家庭を望んでいるわけではない」という気持ちが読み取れます。

 真相がどうであれ、今後明らかになっていくことでしょう。もう一つ気になるのが、野田聖子vs佐藤ゆかりですよ。昨年の衆院選では、自民党造反組と自民党公認候補の対決として注目されました。結果、小選挙区で野田聖子が当選し、比例区で佐藤ゆかりは復活当選している。野田聖子が自民党に戻ったことで、岐阜1区の公認をどちらがとるのか問題になっています。議員バッチを付けただけの輩が利権を狙う歪んだ政界へ回帰するのは困るんですが…安倍さんは、どこまで「言いなり」になるつもりなんでしょうか。どうしても、誰かに気を遣っている観がある。下手なことはできないのも分かりますが、タカがこうも大人しいとねぇ。傍観している私としてもアクションを期待してしまします。やはり、総理大臣には若過ぎたのか!?安倍カラーが鮮明さを欠いて見えるのは私だけではないと思います。


【参考資料】
読売新聞 12月3日社説【道路財源改革 首相が挑む一般財源化の難路】
朝日新聞 12月6日社説【道路財源 安倍改革が試される】
スポンサーサイト
22:51 | 政治 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
特集【手を取り合って悪事をはたらこう】 | top | 社説【院内感染 「病は気から」と言いますが…予防も大切です】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/359-b43a6d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。