--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Thu.

特集【手を取り合って悪事をはたらこう】

【前書き】
 これから忘年会シーズンです。今のところ、17日と23日は埋りましたね。父がビール会社に勤めており、肝臓を壊して障害者になった経緯を知っているので、飲酒には少し抵抗があります。飲めないわけではないけど、飲まれないように気をつけていますね。宴会が終わって、タクシー(代行)代を浮かそうと飲酒運転をする人もいるかもしれない。絶対にダメですよ。誰かの人生を狂わせてからでは遅いですからね。もちろん、自分の人生も狂うでしょう。では、東亜ネタをどうぞ。

【癒しでしょうか】
・(christiantoday)
【北朝鮮では政府による宗教弾圧にもかかわらず、政府非公認の教会、いわゆる地下教会が急速に増えていることがわかった。 米国オクラホマ州に本拠を置く迫害監視団体「殉教者の声(Voice of Martyrs)」の報告によると、同団体のネトルトン広報室長が、米連邦政府運営のアジア向けラジオ番組「自由アジア放送」で明かした。】
 脱北者が中国でキリスト教と出会い、北朝鮮に残された家族・友人に信仰を伝えるために戻って広めているようです。変な光景ですね。キリスト教と米国は密接に繋がっている印象が強いのですが、キリストに米国も北朝鮮もないということでしょうか。信仰心が強いムスリムを見ているだけに、余り信仰に心を奪われることには賛成できません。私に仏教を語る資格はありませんが、私の印象では仏は讃える存在ではないんですよね。般若心経を独学した時期がありましたが、明確な神が存在するわけではない。むしろ、「有とは?無とは?」という根底の価値観を揺さぶる問いかけだった気がする。お陰で私は、柔軟になりましたけどね。
 
【危機感が無さ過ぎる】
・(読売新聞)
【大量破壊兵器の運搬などに使われる恐れのあるトラックを北朝鮮に輸出するため、虚偽の申請書類を作成するなどしたとして、鳥取県警境港署と神戸税関境税関支署などは4日、同県境港市湊町、貿易会社「青松商事」代表取締役松本進(45)、同県米子市大篠津、無職南彰宏(46)、同所、無職三輪和博(55)の3容疑者を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の容疑で逮捕した。】
 バカたれ。それ以外にかける言葉はないでしょう。万一、北朝鮮からミサイルが飛んできたら真っ先に盾になってもらいましょう。私は、こんな日本人まで命を救ってあげる必要はないと思う。これからも日本に住み続けるつもりでしょうか?少なからず「良くやった」と言うのは朝鮮総連の関係者くらいで、北朝鮮の大量破壊兵器に危機感を持っている日本人を敵に回したことに変わりないでしょう。

【米朝対話】
・(朝鮮日報)
【多国間レベルでの安全保障や、北朝鮮に対する不可侵意思の伝達、経済制裁の解除についても言及されたという。これと関連し、ウィリアム・ペリー元米国防相は1日、鄭東泳(チョン・ドンヨン)元ヨルリン・ウリ党議長(代表にあたる)に「北朝鮮が核移転に乗り出せば、米国は破滅的報復を加える」と語ったと伝えられている。】
 対話しなければ分からないこともある。表情とかね。これまで「6か国協議再開」を一つの目的として捉えてきましたが、再開が来年に先送りされる可能性が高まったことで、少し視点を変える必要があると思う。そもそも、再開日程を二国間で協議している時点で多いに交渉の場となっているでしょう。つまり、米朝の問題であって、行司役の中国まで加えたとして、残りの日韓露はお飾りでしかないわけだ。米朝が協議を通してお互いの主張を述べたが決裂したと見ていいでしょう。当然、両者「想定内」のことでしょうね。さて、次はどうでるでしょう。

 ヒル国務次官補は、「ボールは北朝鮮側にある」と述べています。北朝鮮の出方次第ということですね。そこでウィリアム・ペリー元米国防相のコメントです。核を持ち出す、いわゆる核売買が行われれば「米国は北朝鮮に侵攻する」ということでしょう。ブッシュとしては、北朝鮮に侵攻する理由が欲しいのではないか。金正日が核の闇売買に踏み切れば、最早「平和的解決」なんて生温いことを言っていられないでしょう。ただ、どこまで北朝鮮の動きを把握できるかです。衛星写真に加え、軍部にもスパイがいるのでしょう。金正日の言動で、北朝鮮の空が黒くもなるし明るくもなるということですね。

【強気なだけが取り柄ですから】
・(朝鮮日報)
【北朝鮮の労動新聞は1日付け6面に四つの論説を掲載し、核武装を放棄したリビア、査察を受け入れたイラク、社会主義を捨てた東欧などを例に挙げながら、「帝国主義者らが振りまく甘言、すなわち“援助”のエサに惑わされるのは破滅の道」との主張を展開した】
 米国の甘い罠であるのは確かかもしれない。ただ、どう転んでも破滅する運命にあるのが金正日政権です。それに「援助のエサ」なんて言える立場ではないでしょう。 そんなんだったら、中韓露からの一切の援助を断って、勝手に核開発を進めればいいでしょう。中国の存在がなければ、とっくに金正日政権は崩壊していたかもしれない。協調したいのは帝国主義者の部分なんでしょうけど、北朝鮮には言われたくない表現です。

【だから?】
・(朝鮮日報)
【労動新聞は「死と亡国、隷属の道」という論説で、「西側諸国は、東欧の社会主義国家が資本主義の道を選択すれば、大規模な“援助”を与えるかのように騷いだが、資本主義を選択した後、東欧諸国が受け取った援助はわずかなものだった。また以前、あるアフリカの国家元首が、大量破壊兵器を放棄する代価として、米国など西側諸国から補償を受け取ることにしたが、約束した補償がまったく行われていないと不満をこぼしている」と主張した。】
 つまり、北朝鮮はどうしたいのでしょう。核保有国と認められ、米国とも対等に経済交流があれば満足なのか。どう考えても無理でしょう。勝手に核開発を進めて「これも生きるためだから」と主張しながら核放棄の代償として「補償」をせがんでいることに何の違和感もないのでしょうか。まぁ、違和感があったらこんなバカなことはしない。アフリカの例は知りませんが、そもそも筋が通っていないのだから「補償に不満を感じる」という見解もおかしいでしょう。自らの行いを振り返って「制裁を受けても何も文句は言えない」と自覚してから、出直してもらいたいですね。

【是非、応援します】
・(朝鮮日報)
【また、「一歩の譲歩は百歩の譲歩」という論説では「イラク戦争は兵器査察を名目とした武装解除から始まり、実際の戦争につながった。現在イラクで起きている事態は、帝国主義者らに対する一歩の譲歩が、後日、いかなる災い(結果)をもたらかについて、意味深長な教訓を与えてくれている。米帝との深刻な対決において、譲歩はすなわち投降と破滅を意味するため、米帝に対してはわずかな譲歩もしてはならない。また、米帝に対してかすかな幻想や期待も持ってはならず、決然として戦わなければならない」と主張している。】
 よく言った。そのまま突き進んで、とっとと政権崩壊してくださいな。いわゆる、北朝鮮が一切他国との関わりをシャットアウトするのは、絶対に妥協を許さない証だと。「北朝鮮は、最後の楽園だ」という妄想を抱かせることで世論の統制を行っているだけでしょう。故に「譲歩しない」のではなく「譲歩できない」と考える方が落ち着く。北朝鮮は、口ほどに余裕はない。過大広告みたいな報道しかできないのも、気の弱さを象徴しているでしょう。「米帝」と言っている時点で幻想のように思うのですが、北朝鮮の言いたいことはよく分かりません。

【少しは裏が読めるようになりました】
・(朝鮮日報)
【こうした労動新聞の論説は、ただちに米国の提案に対する北朝鮮の回答を意味するものと断定することはできない。▲交渉拒否の示唆、▲本格的な交渉を控え、核廃棄の代価のつり上げを狙ったもの、▲住民統制用などの分析が出されている。しかし、「核放棄をすれば経済支援」という6カ国協議の基本的枠組みについて、北朝鮮側がどのように受け止めているかをよく示しているのは明らかだ。】
 ですよね。思わず相槌を打ちたくなりました。北朝鮮が素直に回答するとは思えませんよ。当然、米国もそれを知ってて協議を進めるつもりでしょう。

【手と手を取り合って】
・(Innolife)
【ロシアは北朝鮮の核問題解決のための6か国協議で北朝鮮側の立場を支持する代わりに北朝鮮ウランに対する独占輸入権を秘密裏に要求していると東京新聞が報道した。同新聞はロシアが北朝鮮側にこのような提案をしたのは2002年からとし、北朝鮮のウランを輸入して濃縮処理過程を経て中国とベトナムへ輸出しようとする目的だと分析した。東京新聞は北朝鮮側がこのような提案に対して最近、肯定的な反応を見せたとし、ウラン輸入権交渉に先立ってロシアが先に北朝鮮に支持する立場を表明することを要求したと伝えた。】
 この東京新聞の記事は読みました。ロシアの異常性が顔を出してきましたね。元スパイの怪死にも絡んでいますが、FSBの前身であるKGBで長官を務めたことがあるプーチンは「我々の敵はテロリストではなく、ジャーナリストだ」と述べたことがある。チャチェンに限らず、暴かれては困ることがたくさんあるんでしょうね。そんなロシアと北朝鮮が裏で密約を交わしているようです。ここでも、北朝鮮は手を握る相手を見つけてしまった。日米だけでは対応できないほど、やっかいなことになってきている。


【後書き】
 中国が経済成長をとげているように、ロシアには資源がある。相当儲かっているみたいですね。その余裕が北朝鮮支援ということでしょうか。どうも、米朝の対立が反米vs親米という対立に広がっている気がする。日本は、北朝鮮に「拉致問題」、中国に「尖閣諸島、東シナ海ガス田」、韓国に「竹島、歴史認識」、ロシアに「北方領土」と問題が溢れています。ただ、今回目指している北朝鮮の核廃棄が全く関係ないわけではない。これまでの外務省を見ても分かるように、「抗議はしたけど改善されない」のでは意味がない。柔軟姿勢を貫いてきた日本が変わったというところを見せなければならない。それが中韓露に対する姿勢にも繋がると思います。


【参考資料】
christiantoday 12月5日【北朝鮮で地下教会急増 米宣教団体が報告】
読売新聞 12月4日【北朝鮮にトラック無許可で輸出図る、貿易業者を逮捕】
朝鮮日報 12月4日【米朝対話:北朝鮮「援助に惑わされれば破滅」(上)】
朝鮮日報 12月4日【米朝対話:北朝鮮「援助に惑わされれば破滅」(下)】
Innolife 12月4日【ロシア、北朝鮮に6か国協議関連に秘密の提案】
スポンサーサイト
11:50 | 東亜 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【変態教師 こんな教育現場は解体した方が良い】 | top | 社説【道路特定財源 政界が安倍カラーに染まるのは程遠い】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/360-10c03ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。