--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Wed.

特集【金桂寛に思いっきり喝を入れたい】

【前書き】
 今年のクリスマスは…友人の結婚式です。何でクリスマスに結婚式なんでしょうね。まぁ本人たちにすれば、1度で2度おいしいみたいな日になることでしょう。その友人には一つ隠し事があるんですよね。私の近所に住んでいた友人は、犬(メス)を飼っていた。その頃、私の家にも犬(オス)がいました。突然、友人の犬が妊娠したんですね。友人はいまだに「野良犬に孕まされた」と言っていますが、そのお相手はうちの犬だったわけです。何だか言うタイミングを失って早15年くらいでしょうか^^; いい機会!?なので結婚式を終えた宴会でカミングアウトしてみようと思います。では、東亜ネタをどうぞ。

【制裁の意味なし】
・(朝鮮日報)
【丹東の通りでは、故金日成(キム・イルソン)主席のバッジを胸に付けた北朝鮮高官をよく見掛ける、と同紙は伝えた。某百貨店の宝石売り場に勤める中国人女性は「北朝鮮の女性がほぼ毎日やって来て貴金属製品を買っていく」と話した。】

 北朝鮮新義州に隣接する中国丹東では、北朝鮮高官を相手にしたぜいたく品の販売が盛んに行われています。現在、対北制裁の一環として行われている「ぜいたく品禁輸」は、中国のお陰で水の泡になっている。中国外交部は「対北輸出を禁止するぜいたく品の品目について、一般の貿易取引に影響を与えるようではいけない」と生温いことを言っている。制裁をやる上で、肝心なのは足並みを揃えることですよ。世界中が対北制裁を行っても中国だけが「これぐらいいいでしょ」と手加減したら、制裁の意味がないんですよ。当然、それも分かった上で、中共はぜいたく品販売を取り締まらないのでしょう。そもそも制裁に「ぜいたく品」なんて名前を付けたからいけない。「全ての対北輸出を停止し、全ての商品販売を禁じる」と厳しいものにするべきでした。中国と北朝鮮を引き離さない限り、これからどんな制裁を行っても焼け石に水です。金正日の強硬姿勢もフルスロットルでしょうね。
 
【バカに付ける薬なし】
・(中日新聞)
【北京・釣魚台迎賓館で始まった6カ国協議の全体会合。「他国がわが国を核保有国と認めようと認めまいと、わが国は核を持っていることに満足している」。6カ国協議筋によると、日本、米国に挟まれて座る北朝鮮の首席代表、金桂冠(キム・ゲグァン)外務次官は、このように言い放った。】

 そうなんですよね。北朝鮮代表の金桂寛は、日本代表の佐々江部長と米国代表のヒル国務次官補に挟まれて協議を行っている。この座席を見る限りは北朝鮮を追い込んでいるわけですが、北朝鮮には中韓露の逃げ道が幾らでも残っている。特に中国は、6か国協議の議長国でありながら、北朝鮮を支援している国の一つという矛盾がある。金桂寛発言に対して何の反論もないのは、北朝鮮を消極的に支援しているようなものです。6か国協議で日米タッグを組んだところで、中韓露が同調しないのならば、ただ足踏みをしているだけに留まります。それにしても北朝鮮は「核を保有していることに満足している」そうです。では、核保有に踏み切ったまでに銃口を突きつけられたとしても文句は言えないわけですが、核保有という達成感に浸っているのなら別に政権が崩壊するくらい構わないですよね。踏ん反り返った金正日の足元が崩れていく日が待ち遠しいです。ただ、金正日が倒れても、側近の呉克烈(オ・グンニョル)を筆頭にした軍部が政権を掌握するという予測もたっている。先々、軍事制裁を行うにしても、冷静な判断が必要になります。

【黙ってはいられない】
・(朝日新聞)
【北朝鮮は協議が再開される前に再三、「日本に参加する資格はない」と主張。初日の18日の全体会合の基調演説でも金桂寛(キム・ゲグァン)・外務次官は対日関係に一言も触れなかった。この日は議長国・中国とだけ個別協議を持つ静かなスタートだったが、翌19日になって活発に他国と協議。それでも、やはり日本に接触する気配はなかった。】

 18日に再開された6か国協議。19日から渦中の北朝鮮は各国と2国間協議を行っています。しかし、意図的としか思えないほど、北朝鮮は日本と2国間で協議する姿勢を示さない。当然、北朝鮮からすれば拉致問題を蒸し返されることを避けたいのでしょう。日本と国交正常化を行ったとしても、どれくらい北朝鮮に利点があるのか…そう考えていくと、日本と協議することはハイリスク・ローリターンだと捉えているのかもしれません。そういう金桂寛の動きは想定内です。ただ、佐々江部長は「時がくればおのずと水は流れていく方に流れていく。我々は自然体」と述べ、積極的に働きかける姿勢は見せていない。控えめなのは日本人の悪いところですよ。ここは、日本人らしさなんて置いといて「そんなに拉致問題を協議するのが嫌なのでしょうか。そうですよね。テロ国家と言われる北朝鮮は、拉致加害者を英雄視しているんだからどうしようもない。口を開けば、詭弁ばかりで聞くに堪えないですよ。」くらい強気に発言してもらいたいものです。

【もう止めるの?】
・(共同通信)
【韓国首席代表の千英宇外交通商省平和交渉本部長は20日夜、6カ国協議を22日まで行うことになったと述べた】

 そうなると、5日間しか協議を行わないのでしょうか。3日目までに各作業部会での協議も行われているようですが、根本的な「核放棄と禁輸制裁解除のどっちが先なのか?」という答えが出ていない。これでは、いつまでたっても「難航」という見出しが続くだけでしょうね。日本は、せっかく目の前に敵(かたき)がいるんだから、しっかり「拉致被害者の気持ちが分かっているのか?」と問い詰めなければならない。「自然体」なんて言って暢気に構えていても、何の解決にもなりません。米国としても、このまま行けば大した成果も得られずに閉幕することになる。しかし、本当に5日間の協議で大丈夫なのでしょうか。年末が近いこともありますが、「北朝鮮の核廃棄」というメインテーマが一向に進んでいないのに簡単に閉幕するのはおかしいでしょう。金桂寛の戯言を聞くために協議しているわけではありません。その辺の自覚させて「核を放棄しないと政権崩壊は免れられません」って金正日に報告しなければならないほど緊張を走らせなければならない。「核を廃棄させること」より「北朝鮮を刺激しないこと」が優先されていたのでは、ただ指をくわえて北朝鮮が軍拡を進めるのを見ているようなものです。これからも金正日の強硬姿勢は留まるところを知らないでしょう。何か手を打たなければならない時がきている。


【後書き】
 数年前、知人から言われた一言が忘れられませんね。「正直者がバカを見る時代になった」。北朝鮮のように卑怯な生き方をした方が得をすることもある。もちろん、限度を超えたら逆鱗に触れるわけですが、悪賢くて得して、真面目で損をする現実はありますね。美徳としてきたものが見失われているんでしょう。金正日政権のやり方も一つの生き方だとは思いますが、日本が許容を見せる必要はないと思う。日本は、金正日の誤った幸福論を否定する立場にいるんですよ。


【参考資料】
朝鮮日報 12月19日【中国で対北ぜいたく品販売が横行…国連制裁も水の泡】
中日新聞 12月19日【「核保有」強気の北朝鮮 さらに孤立の恐れ】
朝日新聞 12月20日【北朝鮮「日本外し」? 米中韓ロと個別協議】
共同通信 12月20日【核放棄めぐる議論難航 6カ国協議3日目】
スポンサーサイト
22:24 | 東亜 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【福知山線脱線事故報告 自分の命を誰かに預けることができますか?】 | top | 特集【米朝の口喧嘩が終わる頃、ミサイルが飛び交うなんて…ないですよね】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/379-d9ae7ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。