--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

特集【北朝鮮を刺激しない言動も対北支援に等しい】

【前書き】
 最近、皸(あかぎれ)が酷いです。右手は全ての指が切れているから、何かに触れる度に激痛が走ります。字を書くにも、ドアを開けるにも、ポケットから何か取り出すにも痛い。薬局に行って塗り薬を探してみたら、勧められたのが2千円もする高価なものだった。試しに塗らせてもらったが、言われたほどの効果は見られず…何か良い対策はないものですかねぇ。では、東亜ネタをどうぞ。
 
【消極的制裁】
・(日テレNEWS24)
【 去年、国連安全保障理事会で採択された北朝鮮への制裁決議で、これまでに制裁の履行を報告したのは加盟国の4分の1にとどまっていることが明らかになった。
 これは、国連安保理制裁委員会で11日、ブリアン委員長が明らかにしたもの。加盟国からの制裁履行の通知はこれまでに46か国が行ったのみで全体の4分の1にとどまり、制裁の履行をめぐって各国の足並みが乱れている。】

 各国やる気があるのかなぁ。こんな消極的制裁では、北朝鮮に「どうぞ核開発を進めてください」って言っていることに等しい。制裁を履行して勧告してないのか、本当に履行してないのかで話は違いますが、やはり「北朝鮮ごとき」の話題には関心が薄いというのが現実でしょうか。

【積極的支援】
・(聯合ニュース)
【 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が12日に明らかにしたところによると、中国の対北朝鮮原油輸出は昨年9月には皆無だったが、北朝鮮が核実験を行った10月には前年同月比87.5%、翌11月には17.7%の増加率をみせている。

 この2カ月間、北朝鮮に対する燃料・肥料輸出も前年同期比で20.0%増え6200万ドルに及んだほか、食糧輸出も同18.7%増の890万ドルに達した。このうち穀物類の輸出が390万ドルで78.1%、製粉製品が490万ドルで7.5%、それぞれ増加した。また、日本の輸出禁止品目リストを基準としたぜいたく品輸出額も、同期間に前年同期比22.7%増加した。このうち増加幅が大きかったのは牛肉、毛皮類、自動車で、それぞれ734.3%、234.0%、94.4%の増加率を記録した。

 昨年1月から11月までの中朝貿易額は15億3600万ドルで、前年同期より5.4%増えている。中国の対北朝鮮輸出総額は11億1700万ドルで12.2%増えた一方、輸入総額は4億1800万ドルで9.3%減少した。】

 対北制裁が消極的なのに対して、中国の対北支援は積極的のようです。困りましたね。この動きは、太陽政策に似ていると思います。韓国が行う太陽政策は、金正日政権に対して宥和(相手の態度を大目に見て仲良くすること)路線を進めることで「いつか要求(核放棄)をのんでくれる」と考えている自己満足政策です。北朝鮮に崩壊されて困るのは、中韓露、そして日本でしょう。招かざる客(脱北者、北朝鮮住民の難民化)が流入することになる。特に中国は、北朝鮮崩壊により中朝国境に米軍基地を置かれると軍事的な緊張を生んでしまうので避けたい。他の国も金正日体制が暴発する危険性を考えて、協議で北朝鮮の核問題に触れても議長声明の一言にまで気を遣う始末。この調子だと、北朝鮮が再核実験を行わなくても、十分支援の力で生き延びれるのかもしれない。当然、核開発は進められ、猛省しなければならない日が来ると思う。

【あり得ないと思います】
・(usfl.com)
【 情報機関を統括するネグロポンテ国家情報長官は11日、上院情報特別委員会に提出した「脅威」に関する年次報告書で、北朝鮮が今後も核開発を進め、脅威が増大した場合、「他の北東アジアの国」が核開発に踏み切る可能性があるとの認識を示した。国名は明記していないが、直接的な脅威にさらされる日本を念頭に置いているとみられる。

 報告書は北朝鮮を「最も懸念のある国」と指摘。米情報機関が昨年の北朝鮮の核実験やミサイル発射について、まとまった評価分析報告を公表したのは初めて。

 麻生太郎外相や自民党の中川昭一政調会長らが日本の核保有論議の必要性を指摘した経緯も踏まえた可能性があり、米政府内に日本の独自核武装論への懸念が台頭していることを示唆している。】

 核保有議論の必要性を問うたのは、もちろん北朝鮮の核保有に対抗する意義を追究したするためのものでしょう。ただ、日本の核保有はあり得ませんよ。唯一の被爆国である日本は、これまで被害者の立場から核軍縮を訴えてきた。その当事国が核武装することほど本末転倒な話はないでしょう。それ以外にも、日本は朝日新聞を台頭とする左派メディアの頑張りで十分左翼思想が植え付けられている。「議論することさえ許されない」という度が過ぎた見解を披露していられるのも、それに同調する購買者(朝日新聞購読者は800万世帯だったかな?)がいるわけで、核保有の議論を行うことさえ難しいというのが現状だと思います。それに、防衛省として大臣を務める久間さんですが、中々良い味出してます^^; 歴史認識を含め、日本の将来は左派の度合いによってどうにでも変わるでしょうね。関連エントリーは以下。
 正論【日本の平和ボケは、いつまで続くのか】

【経済協力の一環?】
・(日経ネット)
【 福岡県は12日、県産イチゴ「あまおう」の品種登録の出願が中国で受理されたと発表した。受理から2―3年で品種登録される見通しで、登録後は中国国内でのあまおう栽培に福岡県の許可が必要になる。県によると、日本で育成されたイチゴとしては中国で初めての登録品種になる。

 県は、県産農産物のブランド戦略の一環として昨年3月に中国政府に出願していた。品種登録で県産農産物の知的財産権を保護する狙いだ。

 あまおうは県農業総合試験場が約5年かけて開発。粒が大きく赤みが強いのが特長で、県外の農家には栽培の許可を出していない。今後、中国で品種登録されれば、同国内で無断栽培した生産者への損害賠償請求が可能になる。保護期間は15年。】

 中国と言えば、偽装ブランドが盛んな国という印象が強い。「made in Chine」って入ってる時点で、何か価値が低い印象があります。もちろん中国側もそれを承知でネームバリューの向上を図る動きがあるようです。何故にイチゴなのかは分かりませんが、とりあえず「勝手にあまおうを栽培しないで下さい」と言っておきましょうか^^) 胡錦濤政権では、日中関係を改善する動きが強まっている。日本としても中国を利用する価値はあると思います。

【無駄な足掻きでは?】
・(朝鮮日報)
【 ドイツ産「ジャイアント・ウサギ」12羽が北朝鮮の食料問題解決のため、特別に低価格で北朝鮮に輸出されたとドイツ・マスコミが報じた。

 報道によるとウサギ飼育47年の経験を持つ農民、スモリンスキーさんが、「ドイツの灰色の巨人」と呼ばれる品種12羽を最近北朝鮮に販売したと明らかにした。北朝鮮政府関係者から北朝鮮でウサギが飼育できるか問い合せがあり、飢餓問題を解決したかったスモリンスキーさんはこれに快く同意したという。

 スモリンスキーさんは1羽80ユーロ(約1万2400円)を受け取り、ウサギを手渡した。1羽250ユーロ(約3万8800円)ほどの市場価格に比べると非常に割安だ。スモリンスキーさんによると、北朝鮮に渡ったウサギは現在動物園で飼育されており、スモリンスキーさんが4月中に直接北朝鮮を訪問しウサギの繁殖や農場設立のアドバイスを行うという。

 スモリンスキーさんによると、このウサギ12羽は、穀物やニンジンなどの野菜を十分に与えれば1年に60羽は産むことができ、1羽で7キロの肉がとれるので、8人が食べられるという。】

 どうやら食用ウサギは禁輸リストに載っていなかったようです。単に金正日が「ウサギの肉って美味しいのかな?」って言ったもんだから、急きょ探し回ってドイツ産の食用ウサギに辿りついたって話ではないのでしょうか。それにしても、12羽から飼育して1年間待つ余裕が北朝鮮にあるとは思えない。随分地道な作業ではある。

【有限実行でお願いします】
・(朝鮮日報)
【 中国の李肇星外相は11日、北朝鮮が2回目の核実験を計画しているとの一部報道について、まったく分からないと答えた、とAFP通信が報じた。

 同通信によれば、アセアン関連の一連の会議に出席するため、フィリピン・セブを訪問している李肇星外相はこの日、記者らと会った席でこのように述べた。

 しかし、李肇星外相は「核拡散防止条約(NPT)の順守という点で、中国の態度は確固たるものがある。あらゆる国が国連憲章の精神に従い、行動することを希望する」と強調し、北朝鮮の核実験に反対するとの立場を明確に示した。

 中国は北朝鮮を経済的に支援しているが、昨年10月の核実験に反発し、国連安全保障理事会の対北制裁決議案に賛成したことがある。】
 
 「分からない」のは、調べているが分からないということでしょうか。それとも、実は北朝鮮の核開発を黙認しているということでしょうか。言動が伴っていれば、北朝鮮を支援することなどあり得ないと思うのですが…ガッツリ対北支援を強化しているのは矛盾している。最後の文章も「現在対北支援を行っているが、対北制裁決議案に賛成したことがる」という表現はおかしいでしょう。「対北制裁決議案に賛成していながら、現在支援している。どうみても中共のやり方はおかしい!!」と書くのが正しいと思います。

【恥さらしです】
・(読売新聞)
【 北朝鮮を訪問していた自民党の山崎拓・前副総裁は13日午後、平壌から北京経由で帰国した。
 同日午前、北京で記者会見し、平壌で会談した宋日昊(ソン・イルホ)日朝交渉担当大使が拉致問題について「解決済み」と強調し、進展がなかったことを明らかにした。

 山崎氏によると、日本人生存者の早期帰国を求めたが、宋大使は、拉致被害者の横田めぐみさんとは別人のものと判明した「遺骨」の返還を要求。日朝平壌宣言については、現在も有効だと確認した。

 1月下旬に予定される米国の金融制裁を巡る米朝協議の直後に6か国協議を再開することが望ましいとの考えで一致した。核問題に関しては、山崎氏は2回目の核実験中止を要請したが、宋大使は「今後の米国の出方次第だ」と答えるにとどめた。】

 山崎さんは日本の恥さらし以外の何物でもないですね。対話でどうにかなると思って訪朝したのならば、あまりにも読みが低次元過ぎる。肩書きは「前副総裁」らしいですが、こんな人が副総裁になれる日本政府は大丈夫でしょうか。安倍内閣からは、次々に金に汚い話が出てきている。借金に喘ぐ日本の最前線に立っているはずの政治家が、その程度の認識ですよ。利己主義、事勿れ主義…日本政府は、将来を任せられる人材を欠いていますね。


【後書き】
 安部さんは、欧州を回って対北制裁の協力を要請しているようです。少なからず、首を横に振る首脳はいないでしょう。建前でなければいいんですが…日本としては、自ら北朝鮮に大打撃を与える術を持っていません。地道に世界各国の理解を深めるしかない。安部さんも得意の外交でポイントを稼ぐしかないですね。頑張って下さい。


【参考資料】
日テレNEWS24 1月12日【北朝鮮制裁 履行は国連加盟国の4分の1】
聯合ニュース 1月12日【中国の対北朝鮮原油輸出が増加、核実験実施後に】
usfl.com 1月12日【日本核武装の可能性示唆 北朝鮮の核開発進展で】
日経ネット 1月12日【福岡産イチゴ「あまおう」、中国が品種登録受理】
朝鮮日報 1月12日【北朝鮮、ドイツから大型の食用ウサギ12羽を輸入】
朝鮮日報 1月12日【中国外相「北朝鮮の核実験計画、全く分からない」】
読売新聞 1月13日【山崎氏が帰国、拉致進展なく政府内冷ややか】
スポンサーサイト
08:50 | 東亜 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【殺して済む問題なんて無いでしょ!!】 | top | 【「妻からの間違いメール」…確かに萌える】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/419-6ae5cbc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。