--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Wed.

特集【盧武鉉と金正日が握手する日は来る!?】

【前書き】
 久しぶりにポテトチップスのコンソメ味を食べました。よくできた味ですね。子どもウケしそうだし、もう一度食べたくなるのは不思議。でも、私は、焼酎を飲みながらドンタコスのチリタコス味を食べるのが好きですね。お酒に辛いものが合うのは何故なんでしょう。大人になると、子どもが苦手なモノが好きになりますよね。苦いみが良い感じの春菊をてんぷらにしたら…最高^^) 最近、キムチにはまっていますね。ご飯何杯でも食べれる感じです。では、東亜ネタをどうぞ。
 
【鈍感な韓国人】
【NBO 昨年末に韓国に行かれて、北朝鮮に「太陽政策」を取ってきた盧武鉉政権への批判の高まりを実感されたそうですが。

武貞 そうです。今まで南北融和を積極的に支持してきた人々の間で、どうも話がおかしいという見方が広がっている。盧武鉉大統領への支持率低下と符合していますね。

NBO 昨年の夏、日本が北朝鮮問題で大揺れだった頃は、韓国の雰囲気は総じて「米国や日本が経済制裁で北を追い込むから、北は核を手放さないし、実験に踏み切ったじゃないか」といったものだったそうですね。それが相当変わったと。

武貞 金大中と盧武鉉、この2つの政権は北を見誤っていたという声が大きくなっています。陸軍士官学校、在郷軍人会、ニューライト(全斗煥時代の左翼運動の活動家たちが中心。現在は保守的な勢力に)などが主催したいくつかの会議に出席したんですが、NGO(非政府組織)活動をしている人たちなど、盧武鉉政権の政策を支持した若者たちにも変化が起きている。「同族だから許そうという考え方(太陽政策)自体が間違っている。人権問題を考えても、ひどい国だ。それを我々は制止しなきゃいけない」という声が、増えてきています。人権を無視して体制の維持を図っている体制は許せないと。これは、ずいぶん流れが変わってきたなと思いました。】

 必ずしも盧武鉉政権の支持率低下は、太陽政策による対北支援の誤りが原因とは言い切れませんが、国民意識として太陽政策に違和感を持ち出したのは事実のようです。もっと早く気付けよ!!って話ですが、中々鈍感なのも左派特有でしょうか。韓国は日本以上に左側のようです(地図上で左側にあるってことではないですよ^^)。故に「同族」であることに大きな意味合いを持つのか…。

【あくまで前進するんだ】
【NBO 北に融和的だった盧武鉉政権がレームダック化し、国民感情が冷ややかになってきた。武貞さんは北のシナリオを「韓国に対して同族意識に訴えて融和ムードを促進し、韓国の北に対する戦意を喪失させ、北が南侵した時にトラップワイアになる在韓米軍を撤退に持ち込んだうえで、核弾頭付きの大陸間弾道ミサイルで脅かすことで米国の朝鮮半島に対する軍事介入を阻止、一挙に統一に持ってゆく」と見ていますが、それからすると韓国社会の最近の状況はかなり厳しいですね。その見方からシミュレーションすると、次の一手はどうなりますか。

武貞 南北首脳会談でしょうね。

 北朝鮮は、韓国社会の北に対する融和ムードを回復させ、かつ、米国の韓国における軍事力を低下させる手段を講じたいと考えているでしょう。そのためには、盧武鉉政権に現状を打開させる起死回生の一打を打たせねばならない。そこで、現政権が南北首脳会談を開催することに協力するわけです。韓国の識者からも異口同音に「今年の夏までに盧武鉉大統領と金正日総書記の首脳会談が実現する可能性はかなり高い」と聞いています。】

 性懲りも無く、盧武鉉は対北支援を弱めるどころか、更に強化しようと大きな一歩を踏み出そうとしている。確かに現段階では、在韓米軍が南北統一を阻む形になっている。しかし、そう簡単に韓国から米軍を排除できるとは思えない。米国と手を切って、北朝鮮と組むことに何か利点があるのでしょうか。「同族が共に暮らせることが全て」とでも言いたいのでしょうか。ただ、南北統一しても、金正日が核保有に固執している限り何の解決にもならないでしょう。

【癒着ですかぁ】
【NBO 連邦制への歩みを宣言するだけでは、韓国側にメリットは薄そうです。

武貞 北が、韓国大統領を平壌に呼んであげる。その時に米国、中国が北に対して約束をさせることができなかったあれこれを北が韓国に提案して、盧武鉉政権の業績にする。これが、招待に応じる盧武鉉側のメリットです。

 北は(融和的な)盧武鉉さんの後継者と目される人を次の大統領として当選させることが至上命題です。いいものをあげて、彼の後継者に大統領選挙を優位に戦わせることを考える。その代わりに、韓国からも得られるものは得る。】

 そうやって体制維持を行うしかないのでしょうかね。確か国名に「民主主義」って入ってますよね。北朝鮮(民主主義人民共和国)にとって、お飾りでしかない。というより、裏で操作しようとしてるんでしょうね。北朝鮮の核放棄を優先するとは言え、南北統一こそ、避けなければならない手段なのかもしれませんね。


【後書き】
 この日経BP社の記事は続きがあるのですが、会員登録(無料)するのが面倒なので、興味のある方はご覧下さい。>>>NBonline

 私の中で、南北統一こそ北朝鮮の核放棄への道に思えたのですが、相当甘い考えでしたね。韓国も与野党で大きな隔たりがある。左派である与党がどこまで金正日に弄ばれるか…という見方をしてしまいますが、南北統一を阻止しようとする野党(右派)の動きにも注目したいです。金正日としても、核放棄の条件として「金融制裁解除」以外に「南北戦争の終結」を挙げていました。今年の年末には韓国で大統領選がある。金正日としても、意見が通り易い盧武鉉の内に韓国とのパイプを強くしておきたいのではないか。当然、盧武鉉の動向を警戒する世論の反発は避けられないでしょう。目が離せません。
 

【参考資料】
日経BP社 1月16日【2007年を斬る:北朝鮮に起死回生策アリ(前編)】
スポンサーサイト
08:50 | 東亜 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【風見しんごさんの娘 交通事故死】 | top | 【松茸に釣られた山崎拓】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/427-d6d18eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。