--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Fri.

【不二家 衛生管理の不手際続々】

【前書き】
 最早、再建できる状態ではない。

・(北海道新聞)
【 旭川市内のスーパーで昨年十月に販売された大手菓子メーカー「不二家」のチョコレート製品にガの卵と幼虫が混入していたことが十八日、分かった。不二家は「工場の製造ラインで混入したと思われる」として同月中に購入者に謝罪したが、同一製品の回収は行わず、保健所にも届け出ていなかった。
 同市内の男性(53)が昨年十月十八日、不二家のチョコレート菓子「B(ビィ)」を購入。菓子箱の中から体長約一センチの生きている虫一匹と数十個の粒、綿毛のような白い糸が見つかり、スーパーに通報。翌日、同店が不二家に連絡し、一週間後に同社の社員が男性に調査報告書を持参した。

 報告書によると、菓子は昨年七月十日に神奈川県平塚市の平塚工場で製造された。虫はノシメマダラメイガの幼虫で「製造工程のうち台紙詰めから自動包装機までの間に成虫が箱の中に侵入し、製品に卵を産みつけ、ふ化したものと推測される」と説明している。

 同社は異物混入の事実経過を旭川市保健所や平塚保健所に報告せず、製品の自主回収も行わなかった。「健康への危害が確認されず、回収や公表をする必要がないと判断した」としている。

 購入した男性は「発表しないのかと問いただしたが何も答えてくれず、対応が不誠実だと感じた」と話している。】
 
【後書き】
 蛾?在り得ないでしょう^^; どんこんなりません。結局、ネームバリューだけで消費者人気を保っていただけで、裏での杜撰な管理が一気に噴出した形となりました。

 近所に不二家のショップがあったので、アイスを買ったりしてましたよ。別に腹痛になった記憶はありませんが、そもそも「見付からなければ良い」というのが不二家の悪しき体質なんでしょう。消費期限切れの牛乳を使用してシュークリームを作っていたことが発覚してからは、ボロボロ出てきますね。2006年11月以降に危機管理体制を強化したにも関わらず、今年1月5日に埼玉工場で期限切れの生クリームを使ったショートケーキが作られていた。もちろん「もったいないから」という理由で使ったんでしょうね。営業停止すると1日あたり1億円の売上が飛ぶらしいですが、金を稼ぐためなら何でもしていいって考え方自体がおかしいでしょう。

 不二家の不祥事で、ペコちゃんも災難ですね。しかし、ペコちゃんグッズは逆に人気を集めているようです。お菓子のおまけなど非売品のグッズを買い求める40~50代主婦が増えています。ペコちゃん世代でしょうか?しかし、このまま不二家が倒産でもしてしまえば、ペコちゃんグッズは製造されなくなるため、一時的な人気に終わる可能性もあるようです。

 ペコちゃんの由来は、子牛を方言で言った場合の「べこ」です。平成10年、カーネル・サンダース、大隈重信像などとともにペコちゃんは日本で初めて立体商標登録されている。実は、ペコちゃん(6歳)にはボーイフレンドのポコちゃん(7歳)がいます。…そうなんだ^^)


【参考資料】
北海道新聞 1月19日【不二家のチョコレート箱にガの幼虫、卵 昨年10月、旭川でも】
スポンサーサイト
19:52 | B級 | comments (7) | trackbacks (3) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
正論【ゆとりある教育 見直し方で改善も改悪もする】 | top | 【四元奈生美 ドレスで卓球!?】

Comments

#
私は全く考え方が違いますね。消費期限の考え方自体が間違っていると思う。

TBしときます。
by: フロレスタン | 2007/01/19 22:01 | URL [編集] | page top↑
#
不二家に限らず、世の中隠し事だらけのような気がします。
by: toshiki | 2007/01/19 22:10 | URL [編集] | page top↑
#
 フロレスタンさん☆コメントありがとうございます

 BSE問題で米国産牛肉の輸入が滞っていたときもメディアの過剰報道で国民は混乱しましたね。実際は、国内産の牛肉でも危険を孕んでいた。

 ただ、不二家の衛生管理は異常だと思います。お菓子の箱から蛾が出てきても「それを喰うわけではないから」と何事もなく済ませることができる人は少ないと思う。そういうなぁなぁな管理体制と「消費期限を切れたくらいで死ぬわけではない」という考えは別に考えたいです。

 不二家が消費期限切れを使いたいなら、公表してでも作ればいいのに、そううすると売れなくなる。あくまでルールを守っている振りをして、実際は手抜きしているわけです。ルールを守れないなら、まずルールを変えることからすべきだと思います。

 消費期限切れの牛乳で商品が作らおり、それを食べたからってお腹を壊すとは限らない。私も一人暮らしの頃は、よく賞味期限切れのものを使っていました。知らないで食べるのと、知っていて食べるのは違うと思いますけどね。
by: 無名 | 2007/01/19 22:19 | URL [編集] | page top↑
#
 toshikiさん☆コメントありがとうございます

 まぁ、それを言い出したら切りがありませんね^^) どこだって隠し事はあると思います。それが許されるか許されないか、バレるかバレないか…など見方も様々ですね。
by: 無名 | 2007/01/19 22:22 | URL [編集] | page top↑
#
おっしゃるとおりです。
私も別に不二家全面擁護ではない。
蛾が出てくることよりも、出てきたことに対する姿勢は問われるべきでしょう。

ただね、店頭から消えて下さい、というのは言い過ぎでしょう。特にチョコレート、飲料は事業そのものが(同じ会社とはいえ)別系統です。

あと、消費期限と賞味期限は定義が違いますね。私もいい加減に使って射るかもしれないので、以後気をつけます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%9E%E5%91%B3%E6%9C%9F%E9%99%90
by: フロレスタン | 2007/01/19 23:10 | URL [編集] | page top↑
#
ちょいと内容を訂正。↑

100%蛾が出てこないようにするのは不可能。まあ今一箱200円くらいのチョコレート菓子が1000円くらいしてもいい、という消費者ばかりならできるかもしれないけど。

ただし、健康に問題を引き起こすような毒虫が混入することの内容万全は期すべき。

旭川のおっさんは、後出しじゃんけん不快だが、不二家はその対応間違った。個別のトラブルとして誠実に対処すべきだった。この手の報告をいちいち発表していたのでは、それこそきりがない。それと、原因究明して、製造工程にどうフィードバックさせるかは、製造業として当然考えなくてはならない。
by: フロレスタン | 2007/01/19 23:30 | URL [編集] | page top↑
#
 フロレスタンさん☆コメントありがとうございます

 タイトルは、確かに度が過ぎました。訂正しておきます。
by: 無名 | 2007/01/19 23:32 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。