--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Sun.

【そのまんま東当確 宮崎県の将来は託された】

【前書き】
 勤勉なのはいいけど…。

・(朝日新聞)
【 宮崎県知事選は21日投開票され、無所属新顔のタレント、そのまんま東氏(49)=本名・東国原英夫(ひがしこくばる・ひでお)=が新顔4氏を破り、初当選を確実にした。福島、和歌山に次ぐ官製談合事件に絡む前知事の辞職に伴う出直し選挙。県政の信頼回復が争点になり、東氏は特定の政党や団体の支援を受けず、「しがらみのなさ」や「清新さ」を強調。無党派層や若年層を中心に幅広い層から支持を集めた。任期は同日から4年。投票率は64.85%で、前回03年7月の59.34%を上回った。当日有権者数は93万2127人。

 東氏は行政、選挙の経験がないが、抜本的な県政刷新を求める有権者の幅広い支持を集めた。同県都城市出身。選挙運動は高校の同級生や知人らが中心となり、「草の根型選挙」を展開。芸能人の応援など派手なパフォーマンスも封印し、「脱タレント」をアピールする戦術で臨んだ。

 マニフェストを前面に、談合を防ぐための入札制度改革や年350億円の予算を削減する県財政の再建策を主張。「全くの新人だけが政治を変えられる」と訴えた。

 県選出の国会議員5人のうち4人、県議42人のうち32人を占める自民は、県庁OB同士が競り合った前回に続いて分裂。東氏は、そのすき間に無党派層を足がかりに浸透した。終盤にマスコミ各社の情勢調査で「健闘」が報じられ、投票率が上がったのも有利に働いた。】
 
【後書き】
 まずは、当選おめでとうございます。

 当確後のコメントを少し聞きました。「満面の笑みがまだ見られませんが、いつになったら見れそうですか?」という問いに対して「ないです。明日から政策を練らないといけないので、緊張感で一杯です」と冷静に回答していました。確かに演説を聞いても、人を引きつける熱意は満ちている気がした。政治とカネは切っても切り離せないもの。その熱意が利己主義的に走らないことを期待したいですね。

 しかし、芸能活動をきっぱり止めたのに「そのまんま東」を名乗る意味はなんでしょうか。名が売れているだけに、浮動票の獲得にも影響したかもしれませんね。ただ、公約するのは簡単です。「公約を破ったくらい大したことではない」と言ったバカヤロウもいましたね。小泉さんですけど^^;

 ついでなので、これまでの芸能活動にも触れておきましょう。ビートたけし率いるたけし軍団の一員であり、ビートたけしの最初の弟子にあたる。たけし軍団の宴会の席で団員の芸名を決めることになったが、東国原英夫(本名)には与えられず、たけしさんに「師匠、私の名前はどうなるのでしょうか?」と問うと…「お前はそのまんま"東"だよ」と言われた。そこはたけしさん…話の途中から「だから"そのまんま東"だよ」となり、東国原の芸名となる。その後、2度の離婚の末、早稲田大学第二文学部へ入学。卒論のテーマは「選挙活動について」だった。卒業後、同学政治経済学部へ再入学し、中途退学している。たけしさんは東さんに対して「バカヤロウ」って言ってましたが、TVタックルで共演するなんてこともあるかもしれない。

 マニフェストは「談合を防ぐための入札制度改革や年350億円の予算を削減する県財政の再建策」だそうです。確か「談合は必要悪」と述べたのは東さんだったでしょう。その後、撤回したようですが^^; 税金の無駄遣いは許されない。これからの政治はカネにもシビアでなければ、有権者の信頼は得られないでしょう。(宮崎哲弥さんの受け売りですが)政治資金団体の問題にしても、25日からの通常国会で「政治資金規正法の改正」の方向へ進まなければならないと思います。

 そのまんま東さんのオフィシャルサイトは上手く開けませんが、おいおい見ていくようにしましょう。スキャンダルには要注意ですが、ご活躍を期待しております。


【参考資料】
朝日新聞 1月21日【宮崎知事選、そのまんま東氏が当選確実】
スポンサーサイト
23:44 | B級 | comments (2) | trackbacks (4) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
特集【日本の周辺国って…危険な国ばかりです】 | top | 【千葉ハーフマラソン 世界記録続出の怪】

Comments

#
東国原知事のがんばっている姿に感銘すら受けまし。
これからの県政にもがんばってほしいですね。
by: のの | 2007/01/24 12:01 | URL [編集] | page top↑
#
 ののさん☆コメントありがとうございます

 選挙でいかに無党派層を取り込むかが勝敗を決めることを教えてくれました。そして、世論は明らかに政治不信を示しました。宮崎県知事選に出馬した自民党候補は最終的に3番目だったでしょうか。政党が支持するから票が稼げるのは昔の話ですね。折りしも、昨年末は造反議員が自民党に復帰したばかり。自民党という看板が逆に世論を敬遠するものになったとしたら、もはや解体しかないようにも思う。東国原さんには、余計な癒着なしに知事職を全うしてもらいたいですね。
by: 無名 | 2007/01/24 18:47 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。