--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Tue.

社説【日朝作業部会 拉致問題解決に打開策見えず】

【前書き】
 一時社説を読んでいない間に6か国協議も少しは進展したようです。少しは…ね。ただ、6か国協議は「北朝鮮に核放棄をさせる」ためのものではなく「北朝鮮の核の脅威を抑えることができるか」へと目的が変わってきている気がする。全ては金正日の思惑通りにことは進んでいるわけで…拉致問題も然り。今回は、日朝作業部会について「これだけは言わせて!!」。
 
【今回のテーマ】
・(読売新聞)
【先の6か国協議の合意に基づいて設置された日朝国交正常化に関する作業部会の初会合が終わった】


【日本側の要求】
・(産経新聞)
【最初の議題となった拉致問題で、日本側は「拉致問題の解決なくして国交正常化も経済支援もなし」の原則を示したうえで、具体的には(1)生存している拉致被害者全員の帰国(2)真相の究明(3)拉致犯の引き渡し(4)特定失踪(しっそう)者の調査と帰国-を求めた。】


【北朝鮮側の要求】
(朝日新聞)
【北朝鮮の代表は「日本の言うことは、死んだ人間を生き返らせて帰せということだ」とも述べた。また、過去の植民地支配の清算と経済制裁の撤回、朝鮮総連に関連する捜査の中止を要求した。ただ、日本側の対応しだいで、拉致問題の再調査に応じる可能性もある。協議後の記者会見で、北朝鮮代表はそうにおわせる発言をした。】


【北朝鮮の思惑】
・(読売新聞)
【北朝鮮は、「拉致問題は解決済み」と繰り返すだけだった。しかも、「日朝の立場の違いは大きく、これ以上の議論は意味がない」とし、初日の7日午後の協議には応じず、2日目の8日も、午前中の45分間で協議を打ち切った。極めて不誠実な態度である。北朝鮮の狙いは、北朝鮮を除く5か国の中でも、独自の制裁措置を発動するなど、北朝鮮に最も厳しい姿勢を取る日本の孤立化にあるのだろう。米国は従来の強硬姿勢から、米朝“対話”に転じている。】
 ↓
・(産経新聞)
【北朝鮮の宋日昊(ソンイルホ)代表は「生存者はすべて帰国した。拉致問題は解決済みだ」との従来の立場を強硬に主張、「誠意ある対応を示さなかった」(原口幸市日本代表)。直前にニューヨークで行われた米朝作業部会が、「非常に包括的な協議」(ヒル米国代表)、「非常に良い雰囲気で建設的かつ真剣」(金桂寛・北朝鮮代表)だったのとは対照的だ。】
 ↓
・(読売新聞)
【韓国は、重油や食料、肥料の支援などに積極的だ。昨年の核実験直後、一時、ぎくしゃくした北朝鮮と中国やロシアとの関係も旧に復しつつある。包囲網が緩む中で、北朝鮮は、日本の姿勢を転換させたいと考えているのだろう。そのために、北朝鮮が「建設的」と評価する米朝部会と対比させ、日本の姿勢が6か国協議の進展の障害になっている、と印象づけたいのではないか。】


【米朝作業部会】
・(読売新聞)
【6か国合意の共同文書では、米国が、北朝鮮をテロ支援国指定から解除する作業を「開始する」と明記した。米朝作業部会の重要なテーマの一つだ。この問題は拉致問題と密接に関連する。北朝鮮は、日本人を装った工作員2人による1987年11月の大韓航空機爆破事件でテロ支援国に指定された。指定が解除されれば、米国による経済制裁は緩和され、北朝鮮は国際金融機関からの融資を受けられるようになる。北朝鮮が長年求めていた指定解除問題に米国が取り組む姿勢を表明したのは、それが、核廃棄への行動を促す重要なテコになる、との判断があってのことだろう。】


【各紙の見解】
・(朝日新聞)
【北朝鮮の言動は私たちにとって腹立たしいことばかりだが、ここは落ち着いて大局を見据え、ねばり強く当たっていくべきだ。くせ玉であってもその真意を探ってみることは必要だ。6者合意のもとでの日朝交渉は始まったばかりだ。押したり引いたりの駆け引きはこれからである。】
・(読売新聞)
【日本国内には、政界の一部などに、日本が孤立するとか、置き去りになる、という声がある。こうした言動は、北朝鮮の思うツボではないか。無論、孤立は避けねばならない。そのために、日本としては、同盟を基礎とした日米提携を強化するとともに、中露韓の各国とも意思疎通を図り、核・ミサイル、拉致の包括解決へ、緻密(ちみつ)な戦略を練らねばならない。】
・(産経新聞)
【安倍晋三首相は、北朝鮮の協議打ち切りの通告に「慌てることはない」と動じない姿勢を示した。指導者のこうした姿勢は大切だ。同時に米国にも安易な妥協は禁物と伝えてほしい。】



【後書き】
 前書きにも書いた通り、6か国協議の目的は変わってきている。協議を重ねる度に北朝鮮に優位な立場を与えているように見える。「北朝鮮が核放棄すれば、経済的支援を行う」とは言っても、NPT(核拡散防止条約)のもとで核保有禁止が世界の常識と考えられた中で核保有に踏み切った北朝鮮に「経済支援するから核を捨てなさい」というのは道理に合わない。まぁ、NPT体制なんて、とっくに形骸化してますけどね。北朝鮮が「平和的利用」を謳うのも、同じ言い訳をして核保有国になった国があるからとも言える。何にせよ、どこまで行っても解決しない問題だと思っている。19日から6か国協議が再開される話もあるようですが…私の思惑を裏切ってくれるでしょうか。

 拉致問題に関しても「解決しない問題」だと私は思う。ただ、「諦める」と言いたいわけではないです。北朝鮮の数ある非の中で日本に一番関係が深いのが拉致問題であり、日本は「拉致問題解決なしに、経済支援はない」と言い続けなければならない。言い替えれば「北朝鮮を経済支援することはありません」なんですよ。だって、北朝鮮の態度は「拉致問題は解決した」なんだから、被害国である日本から譲歩する手段はありえないと思う。協議と銘打ってますが、意地の張り合いであり、拉致の是非が正せる状況ではない。ただ、問題なのは6か国協議で設置された作業部会により日朝協議が行われているということでしょう。

 つまりは、リンクしてるんですよ。北朝鮮が強気な姿勢をとるのも、「核保有国北朝鮮」であることを協調したいから。核保有国である北朝鮮に中韓露は歩み寄っている。更には、米国も協議に応じて歩み寄っている。それが「建設的」な協議だったから日本の孤立化は必至でしょう。6か国協議で日本のポジションは常に悪いんですよ。核弾頭の射程圏にいながら、大して協議に参加していないのに北朝鮮への経済支援を担う立場でもある。しかし、日本としては明確に被害を受けた拉致問題に執着する面がある。安部さんが首相まで上り詰めたのも、一つに拉致問題解決への強い姿勢を持っていたため支持された部分もあると思う。日本としては、苦渋の選択を強いられるかもしれない。

 各紙を見ると、いたって明確です。朝日新聞は相変わらず「ただ、日本側の対応しだいで、拉致問題の再調査に応じる可能性もある。協議後の記者会見で、北朝鮮代表はそうにおわせる発言をした。」と間の抜けたことを言っている。そもそも拉致問題は、完全に北朝鮮に非がある問題であって、ここまで加害者と被害者が明確なのに「日本が歩み寄れば」なんて考える気が知れない。読売新聞は、日本の孤立化を避けるために同盟強化、包囲網強化を強調していますが、どことなく重苦しい。産経新聞は、「非は全面的に北朝鮮の側にある」とキッパリ言い切っている。

 3紙とも「北朝鮮は、日本の孤立化を狙っている」と述べている。読売新聞が重苦しく感じるのは、北朝鮮を除く5か国の連携を日本が図れるのかということです。日本は、ほとんどおまけ同然ですからね。北朝鮮からは、その程度の扱いしか受けていない。日本には強みがないから、適当にあしらわれることに終始してしまう。最早、意地になって「拉致問題解決なしに経済支援はない」と主張し続けるしかないのでしょうか。強硬姿勢だった米国でさえ、対北朝鮮に限らず「対話重視」の外交を進めている。よほどイラク侵攻の失敗が痛かったのでしょうか。

 拉致問題未解決で北朝鮮が美味しい思いをすることはないにせよ、追い込まれるはずの北朝鮮より、追い込む日本の方が劣勢に立たされているようにも見える。私は、これまで通り強気な姿勢を保つべきだと思います。以前から言っているように、北朝鮮を支援している中韓露を批判しなければ、日本の立場は一向に好転しないでしょう。何が善くて、何が悪いのか、そのルールブックが金正日では無意味ですよ。北朝鮮は裁かれる立場であることを認識させなければならない。まずは、金桂寛の口にガムテープを貼って、御託を言わせないことが肝心でしょう。基本的に北朝鮮要人の発言は呆れるほどウザいです。


【参考資料】
読売新聞 3月8日社説【米朝作業部会 テロ支援国の解除は『北』次第だ】
読売新聞 3月9日社説【日朝作業部会 『北』の露骨な揺さぶりを許すな】
朝日新聞 3月9日社説【日朝協議 焦らず、ねばり強く】
産経新聞 3月9日主張【日朝協議 政府の交渉姿勢支持する】
スポンサーサイト
21:08 | 国際 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【松岡氏の疑惑 安部首相は何故かばう!?】 | top | 社説【西武裏金問題 ドラフト制度改革へ弾み!?】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/448-a09118a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。