--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Tue.

社説【タミフル 日本の薬漬け体質こそ異常行動!?】

【前書き】
 異常行動の裏に潜んでいる日本と薬の関係。今回は、タミフルについて「これだけは言わせて!!」。
 
(産経新聞)
【 10代の患者については原則として中止する-。厚生労働省は21日未明、緊急の記者会見で、インフルエンザ治療薬「タミフル」の服用についてこんな方針を発表した。「安全性に問題はない」という姿勢からの事実上の方針転換である。否定的だった服用と異常行動の因果関係にも、「今後変わる可能性がある」との認識を示した。】

【 効き目の高い薬ほど副作用が強くなる傾向もある。効き目をとるか、それとも副作用を重視するのか。薬は状況に応じて使い分ける必要がある。“悪魔の薬”とまで呼ばれた睡眠薬の「サリドマイド」は、その使い方を改めた結果、特定のがんに対する特効薬となっている。薬の服用には、正確な情報が求められる。】

【 問題は、世界で最大7400万人、国内で最悪64万人が感染死するといわれる新型インフルエンザが出現したときである。タミフルは「新型」対策の重要な柱だ。そのときこそ、タミフルを有効に活用したい。通常のインフルエンザは、タミフルを使わなくとも十分な栄養と睡眠をとって1週間も安静にしていれば治る。】

【 異常行動との因果関係が問題になっているインフルエンザ治療薬「タミフル」は、日本が世界の8割近くを消費している。「8割」という消費量は、薬漬けといわれる日本の医療の象徴でもある。】

【 インフルエンザは健康な人であれば、十分な水分と栄養を摂取し、休養をとれば快方に向かう。欧米ではこの考え方が浸透している。そのうえ、一般的に医療費が高額である。だから、たとえタミフルのようなウイルスの増殖を食い止める画期的な抗ウイルス薬であっても、その値段が高ければ手をつけない。しかし、日本は違う。高熱や全身の倦怠(けんたい)感、のどの痛みなどインフルエンザの不快な症状を少しでも和らげ、早く職場や学校に復帰しようと、どうしても効き目のある薬に頼ろうとする傾向がある。】

【 日本のタミフルの需要と供給は増え、約5年間で推定3500万人が使用したという。ところで、薬の使い過ぎの先には、伏兵が待ちかまえている。抗生物質や抗ウイルス剤が効かなくなる耐性菌や耐性ウイルスである。細菌やウイルスには、周りの環境が変化すると、それに応じて自己を変異させて生き延びようとする性質がある。乱用がこの性質を促す。】

【 健康体には無害な緑膿(りょくのう)菌やセラチア菌でさえ、耐性化して薬が効かなくなると、抵抗力の弱い病人や高齢者が感染して命を落とすケースがある。これが医療機関で起こり、院内感染として問題になっている。耐性が生まれにくいといわれるタミフルでも、遺伝子が変異してタミフルの効きにくくなったインフルエンザウイルスが見つかっている。】



【後書き】
 タミフルによる異常行動の実例が浮き彫りになっています。それにより、10代の使用中止という措置が取られた。

 良薬口に苦し。タミフルにはリスクが伴います。因果関係が証明されていないにしても、現にマンションから飛び降りている事件が多発している。その結果、使用中止したという後手の対応をすることになる。そもそも、医師が処方する際に説明しているにも関わらず、「大丈夫だろう」と子どもから目を離した隙に異常行動から飛び降りたケースもあるのではないか。政府見解、医師、保護者それぞれに危機意識の温度差があるのは確かでしょうね。

 産経新聞が取りあげているのは、ある意味、別の異常行動かもしれない。薬漬けの日本ですが、何かと忙しい。「少しでも早く、体調を戻してあげたい」という母親が、我が子にタミフルを服用させる姿をテレビで観たことがある。日本人は、「ゆっくり療養する」ってことができないのでしょうか。時と場合によれば、絶対に休養がとれないということもある。何かと「人生にやり直しが利かない」という緊迫感が付き物なのか…私も日本に住んでいるので、その様な状況に立たされることも確かにありますね。

 そして、効き目がある現状は良くても、耐性菌や耐性ウイルスが出てくれば、パンデミックの引き金にもなりかねない。私も、できる限り薬は飲まないようにしていますが、やはり「どうしても」という時には薬の世話になっています。無理は禁物ですが、何故だろうか、何に対しても頑張り過ぎるんですよね。先週まで夜更かし生活で体調が思わしくなかったので、早寝早起き生活を理想として改善中です。「自分のことは自分が分かっている」とはよく言いますが、分かっていたとしても自分に対しても思い遣りがなければ自滅するだけですね。みなさんも健康管理には気をつけましょう。 


【参考資料】
産経新聞 3月23日主張【タミフル 改めて冷静な対応求める 】
産経新聞 4月7日主張【タミフル問題 薬の使用を考える契機にタミフル問題】
スポンサーサイト
22:40 | 社会 | comments (2) | trackbacks (1) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【あの人は今・・・ディエゴ・マラドーナ】 | top | 社説【メタボリックシンドローム 医学界の注目の的】

Comments

# こんにちは
関連記事を書きましたので、TBさせて戴きます。参考になれば、幸甚。
by: renqing | 2007/04/15 13:06 | URL [編集] | page top↑
#
 renqingさんTBありがとうございました。
by: 無名 | 2007/04/25 21:53 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。