--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Wed.

【加藤氏実家放火事件 右翼団体の悪しきイメージ】

【前書き】
 右翼らしさとは…。

・(朝日新聞)
【 昨夏の終戦記念日に、山形県鶴岡市の加藤紘一・元自民党幹事長の実家兼事務所を全焼させたとして、現住建造物等放火罪などに問われた右翼団体幹部堀米正広被告(66)=東京都文京区湯島4丁目=の論告求刑公判が18日、山形地裁(金子武志裁判長)であった。検察側は懲役12年を求刑した。

 論告によると、借金や持病に苦しんでいた堀米被告は昨年8月15日夕、最後に右翼らしい行動を取ろうと加藤氏宅に侵入し、ガソリンをまいて放火。木造一部2階建て380平方メートルを全焼させたとされる。被告は、起訴事実を認めた上で、右翼思想に裏付けられた政治テロだと主張している。】
 
【後書き】
 昨日、長崎市で起きた市長銃殺事件は暴力団が背景にありました。実際は、城尾容疑者の「個人的恨み」というのが正しいようですが、拳銃を所持している時点で暴力団が無関係とは言い切れない。

 そして、加藤鉱一氏の自宅兼事務所放火事件も右翼団体幹部の存在があった。

 今日の社説では、各紙が長崎市長銃撃事件について述べています。読売新聞社説の文末を引用します。

・(読売新聞)
【 昨年8月には、加藤紘一・元自民党幹事長の山形県鶴岡市内の実家が、右翼団体構成員によって放火された。警察は、加藤氏の靖国問題などに関する発言に反発して、犯行に及んだとみている。この事件後、国会議員からは、言論を封じようとするような不穏な空気を憂慮する声も出ていた。政治活動の自由が封じられるような、重苦しい社会にしてはならない。】
 

 小泉さんが靖国参拝に固執している際に、加藤さんは参拝自粛を促していた。それが一つの原因だと思われます。

 かつて国家神道(神道的な実践を国民統合の支柱とするもの)の象徴であった靖国神社へ参拝することが悪いことだとは思いません。ただ、政治的、外交的な影響は大きいため、首相の参拝には是非が問われた。安部さんも、官房長官時代なら参拝する強い意思を持っていたかもしれませんが、さすがに首相の立場になれば参拝するのは難しいでしょう。私は、靖国神社へ参拝する人が右派だとは思わない。A級戦犯と呼称される戦争責任者が合祀されているにしろ、戦没者に手を合わせる行為を否定する気はありません。

 さて、右翼とはなんでしょうね。メディアで例えることもあります。朝日新聞が極左(左派)、読売新聞が中道、産経新聞が保守派(右派)だと私は思っている。右寄りだからと言って、産経新聞が嫌いなわけではありません。むしろ、左派の朝日新聞のいい加減さに呆れ、はっきりとした物言いの産経新聞は読み易いです。かつて右寄りだった日本は、戦後一気に左派へ転換することになる。その名残で、未だに平和ボケしている日本人は多いでしょう。

 だからと言って、右翼団体を正当化するつもりもない。日本の象徴が日の丸と君が代だという事実を否定するつもりもなくて、左派特有の妄想を膨らませて国旗掲揚・国家斉唱しない教師には違和感がある。右だからとか左だからで良し悪しが決まるわけではなくて、常識から溢れた人間の異常行動をどう取り締まるべきかという話です。背景には、宗教なり思想があるわけで、現在、教育分野では「道徳も採点しよう」という動きがある。人間の道徳を問わなければならないほど、日本人は間抜けになっているということでしょうか。

 何にせよ、自分の言動の是非が分からないのは不味い。似たもの同士で語り合うのではなく、時には価値観の違う人とも接してみたり、多くの人の文献に目を通すことが、少しでも視野を広める術ではないかと思います。


【参考資料】
朝日新聞 4月18日【右翼団体幹部に懲役12年求刑 加藤紘一氏実家放火事件】
スポンサーサイト
21:53 | B級 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
社説【米大学銃乱射事件 チョ容疑者の異常性】 | top | 【伊藤市長銃撃 その意志を継ぐ横尾氏】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/465-5805662e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。