--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Wed.

【ブッシュ演説で好転? 大統領支持率回復】

ブッシュ


【ブッシュ支持率が急上昇】(時事通信 12月21日)

 米ワシントン・ポスト紙電子版に20日掲載された世論調査結果によると、長期低落を続けていたブッシュ大統領の支持率は急上昇に転じた。ABCテレビと共同で実施された同調査によると、支持率は47%で、11月初めの39%を大きく上回った。ただし、不支持は52%で、相変わらず過半数。

 支持率の反転は15日のイラク総選挙が無事実施されたことや、大統領が自らの安全保障政策を強力に弁護する一連の発言を行ったのを受けたもの。ブッシュ大統領のイラク政策支持率は46%で、11月を10ポイント上回った。対テロ政策の支持率は56%で、11月の48%に比べ大きく伸びた。



 早くも支持率回復ですか?依然として大統領不支持率が過半数であることには変わりないという点で、イラク総選挙後のブッシュ氏の演説で無党派層が支持したということでしょうか…ん?支持、不支持を足すとほぼ100%ですね^^) 日本には無党派層なんて言葉で「興味なし」みたいな人を表しますが、米国では「YES or NO」なのでしょうか?それとも、米国文化という、国民が母国に対する主張を当たり前に持っているということでしょうか?ちなみに、今回の調査は約千名を対象にしてるようです。

 ブッシュ氏に関する前エントリーで「正直者がバカを見なければいいが…」というタイトルをつけましたが、イラク開戦のきっかけが情報操作によるものだったこと、テロ組織関係者に対して無断で盗聴していたことなどを認めたことが好転のきっかけとなったのでしょうか。イラク政策でも大統領支持率同様に10%近く上昇しているようですが、ブッシュ演説の利点はあくまで米国内だけのように感じます。当然、イラク国民、或いはイラク戦争で亡くなったイラク人や米兵の遺族から反米思想が消えるわけではない。寧ろ、イラク戦争の正当性を貫いていることが逆に反感となっているかもしれない。

 現在の世界情勢を考えれば、世界の中の米国、その大統領としてブッシュ氏は相応しいかもしれない。ただ、これから「世界平和」が奇麗事にならないためにも、自由を履き違えて力でねじ伏せるようなやり方では、相手の立場を考えない「傲慢さ」としか思われないでしょう。貧困国、テロリストの憎しみが自然発生しているのではなく、ブッシュ氏などが知らぬ間に生み出していることにも気付いてほしいです。聞く耳を持つような人ではないと思いますが…^^;
スポンサーサイト
12:48 | B級 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【古畑さん・・・ヒソヒソ イチローの一人芝居】 | top | 社説【診療報酬 医師の信用にも通じる】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://switch101.blog38.fc2.com/tb.php/61-c8098b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。