--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
Mon.

【イラク情勢 混沌とした世の中にふと思う】

イラク


【イラクは元日から車爆弾と暴動=40人以上死亡】(時事通信 1月2日)

 1日、イラクの首都バグダッド市内、同郊外および北方の石油都市キルクークで12件以上の自動車爆弾事件が発生し、イラク治安当局によれば、少なくとも40人以上が死亡した。キルクークでは慢性的な燃料不足が原因で暴動も起き、1人が死亡、4人が負傷した。

 フランス通信(AFP)が国防総省の発表に基づいて集計したところでは、03年のイラク侵攻以来の米軍の死者総数は少なくとも2175人に達した。「多国籍軍死傷者カウント」によれば、同じ期間のイラク民間人死者は推定3万人に上った。



 昨年12月15日にイラクで行われた国民議会選挙後も武装勢力による攻撃、爆発などが止むことはない。米英の非政府組織「イラク・ボディーカウント」による集計では、イラクの民間人死者数は3万892人としている。しかし、報道されていない死者数も含めば、それ以上は犠牲になっていると考えられる。

 ブッシュ氏の発言は以下のようなものがあります。
「大多数のイラク人はイランのような神権国家のもとで暮らしたくないし、シリアに殺人者たちの通過を認めてほしくないと思っている」(産経新聞 12月13日)
「イラクが平和で安定的な民主主義を構築するのを支援することで、米国はテロとの戦いで同盟国を得、中東の民主主義推進派を勢いづけ、それにより米国民の安全性も高まる」(ロイター 1月1日)

 イラク民間人の犠牲者は、何もイラク戦争によるものではありません。問題は、武装勢力(の扱い)にある。ブッシュ氏は、イラク人の気持ちを代弁して民主主義の確立を強調してます。そして、あくまでテロリストを敵と見立てて同盟国強化、米国民の安全を確保しようとしている。

 ブッシュ氏の見解を批判したところで、私は所詮平和ボケした日本人の1人ですから、簡単に正誤の判断をつけることはできない(のですがやっぱり言わずにはいられない^^)。武装勢力にとって命の価値は軽いものなんだろうし、一方で大義を見つけてはブッシュ氏が強権を振りかざしている。お互いの目的(接点)が不一致な状態では延々戦い続け、誰かが犠牲になるんでしょう。

 日本では、罪が死に直結することは少ない。刑を受ければ更生する猶予が与えられる。そもそもの原因は、銃社会でしょうか。感情を率直に表現できるのが武器であって、(勘違いでも)憎い相手を消す手段を持ってしまうと、後は実行するかどうかです。いつかは、核や生物兵器も抑止効果を失って平気で売買されるモノに成り下がるのかもしれない。平和という錯覚から覚める日もいずれは来るでしょうね。だから日本が平和を謳うのも今だから価値があるだけで、今は些細なテロ活動も拡大していけば他人事ではなくなる。これは右だとか左で解決できることでもなく、特に左派の依存的な価値観が現実を見失わせるきっかけになるのが怖いと思う。

 ブッシュ氏はイランを「神権国家」だと言っているけど、少なからず「自由」はキリスト教を背景とした価値観なんだろうから、誰だって信仰心を片手に自分の意志を固めていることに変わりないと思う。相手がどうであれ、人の殺し方に正義を求めるのは都合がいい。生殺与奪なんて権限を人間が持てるのならば、まず辞書から平和(peace)という文字を消すべきだ。そして、この世は残酷だ!!みんなで悪と戦いましょう!!ってハリウッド映画仕立ての現実が展開される。

 切りがない話なので最後に一言。「自分の価値観に正当性を求めるために、誰かを犠牲にすることはやめましょう」相手の言動から何か小さなことでも学ぶ意思がないのならば、ただのバカです。戦後半世紀以上を経て、いつしか戦争から「大義の戦い」は区別されるようになった。それはバカげた戦いではないでしょ!!という思いが少なからずあるかなのでしょうか。少しづつ平和に近付いているような、一向に治安は回復しないような・・・複雑ですね。 

 イランは問題発言が飛び交っているようなので、とりあえず記事を貼り付けておきます。

イスラエルは本質的に反イスラム=イラン大統領が再び刺激的発言(時事通信 1月2日)

 イランの強硬派アハマディネジャド大統領は1日、「イスラエルは本質的に反イスラムだ」と批判する発言を行った。国営IRNA通信によると、同大統領は「実際のところ、欧州諸国はユダヤ人を全欧州から追放するという民族洗浄を実施した」と述べた。

 同大統領は、欧州諸国はイスラム諸国の間にユダヤ人収容所をつくり、全欧州からユダヤ人を排除するという一石二鳥の手を打ったと述べ、欧州の一部だったシオニズム体制が欧州から切り離されたのだから、イスラエルは本質的に反イスラムだと断定した。

 同大統領は、「ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)は作り話だ。イスラエルは地図から抹殺されなければならない」といった自分の昨年の発言が国際的な反発を受けたのは痛いところをついたからだと述べた。また、「第2次大戦でユダヤ人虐殺に関与しなかったパレスチナ人たちがなぜユダヤ人国家に土地を明け渡さなければならないのか。虐殺の罪を犯した欧州諸国はなぜ自分で代償を払わないのか」と述べた。


 イランに関しては、また勉強したいです。
スポンサーサイト
15:42 | B級 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑

  あなたの一票が救いです,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
【箱根駅伝 亜細亜大学総合初優勝】 | top | 社説【フランス暴動 車を燃やすナショナリズム】

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。